車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

コペン GR SPORT 緊急試乗!MTとCVT 乗り比べ!普通のコペンとの違いとは?

コペン GR SPORT


コペン GR SPORT

2019年10月15日、ダイハツの2シーターでオープンカーのコペンにトヨタのスポーツブランド「GR」がカスタムを加えた『コペン GR SPORT』が全国のトヨタ車両販売店とダイハツ販売店で発売開始されました。

トヨタモビリティ東京さんから「コペン GR SPORTの試乗車がディーラーに届いたので、試乗してほしい」とオファーを受けて緊急試乗!筆者が「どうせなら、MTとCVTの両方を乗り比べたい」とワガママを言うと、日程調整が難しいところセッティングしていただきました。

ということで、コペン GR SPORTの試乗インプレッションと普通のコペンとの違いから、一風変わったボンネット開け方までまとめてお届けします。

普通のコペンとの違い

外装デザイン

↓下の画像はダイハツ コペン ROBE。


ダイハツ コペン ROBE S


コペン GR SPORT

ダイハツ コペンには「Cero」という丸形ヘッドライトのタイプもラインナップされていますが、コペン GR SPORTのベースとしたのは「ROBE」。フロントバンパー、グリルのデザインが変更されています。リアバンパーもデザインを一部変更。このデザイン変更は後述する空力性能の向上のためのものです。

ボディ補強


コペン GR SPORTに追加された専用ブレース。画像のブレースは着色。トヨタ自動車広報画像。


ワガママを言ってジャッキアップしてもらいました。コペン GR SPORTはボディ剛性を高めるために、アンダーボディに補強材を追加。また、空力特性を高めるために、整流効果のある床下スパッツを採用している。

空力特性を最適化。揚力10%抑制し改善。


車両側面の空力特性を高めるフロントバンパー。エアアウトレットも設けている。


リアバンパーも整流効果を高める形状に。後述のアンダーボディも整流効果を高めるようにしている。

足回りを強化


カヤバのショックアブソーバとスピリングに換装

シートはレカロ


RECAROのセミバケットシート

アルミホイールはBBS


コペン GR SPORT専用の16インチ鍛造アルミホイールを装着


MOMO製革巻きステアリングはコペン ROBE Sにも標準装備。

MTとCVTのコペン GR SPORTを乗り比べ


コペン GR SPORT 5速MT ジョーヌイエロー


コペン GR SPORT CVT ブライトシルバーメタリック


トランクにモノが入ったままルーフを開けようとするなど、開閉に異常をきたす要因があると電動ルーフは作動せず、センターコンソールにある警告灯が点灯する。

5速マニュアルのコペン GR SPORTは、GR Garage 東京蒲田からベイブリッジまで、CVTはGR Garage 東京深川からゲートブリッジまでを試乗。最初に乗ったのは5速MT。店先の歩道から国道までの段差を降りた瞬間に、固められた足回りとボディ剛性の高さを実感。少し走るだけで「これってほんとに軽自動車?」と思うほど。全体的に非常に高いバランスを感じるクルマで、加速は良く(エンジン、トランスミッションは普通のコペンと同じ)、よく曲がります。高速道路の車線変更、きついカーブは得意分野。峠に持ち込んで走り込んでみたくなりました。

乗り心地の良さが損なわれていないことも特筆すべきポイント。高速道路の継ぎ目を超えると、その良さが良くわかります。また、路面が荒れた道での乗り心地は、固められた足回りを感じながらも不快な衝撃がきちんと処理された良いものでした。このセッティングはさすが「GR」。


2本出しマフラーは普通のコペンと同じだが良い音。オプションでHKS製に換装可。GR Garageなら今後社外品を店頭で購入、装着できるようになるだろう。

マフラーは普通のコペンと同じですが、とても良い音がします。エンジン音が適切に抑えられているので、軽自動車にありがちな「小さいエンジンをブン回しました!」という音は、排気量とのマリアージュでドライビング・プレジャーを高めるものにされています。


CVTは7速スーパーアクティブシフト付き。パドルシフトも装備。

CVTもなかなかアリなチョイスに。CVT特有のスタート直後の加速のもたつきがなく、中間加速も「アクセルの踏み込み量に比例した加速をしない」というようなCVTのネガも感じさせません。660ccのエンジンですが、低回転から高回転までフラットなパワー特性で、マニュアルもCVTもどちらもとても速く走ってくれます。ただ、限界近くまで回したときの力の抜け感がありますが、排気量の小さいエンジンですので致し方ありません。5速AT、CVTのマニュアルモードともに6,000回転ぐらいまでをしっかり回して走るととても楽しく駆け抜けてくれます。


パドルシフトでカチカチ変速するのも今どきのスポーツカー的でなかなか楽しい。

5速AT、CVTともにどちらを選択するか、悩ましい判断になる方が多いのでは?と思ってしまった、これが乗り比べた感想を象徴するコメントです。

電動ルーフ開閉方法と動き


フロントウィンドウの近くにあるルーフを止める金具。左右にひとつずつ付いている。


レバー部にある四角いボタンを押すとバネの力でロック解除。あとはサイドブレーキ近くにあるボタンを押せば電動ルーフが開きます。クローズはこの逆の手順。サイドブレーキを掛けた停止状態でのみ作動。

電動ルーフ・オープン時の動き

電動ルーフ・クローズ時の動き

コペンのトランクはどうなってるの?


電動ルーフクローズ状態でのトランクルーム。持ち合わせがなかったが、2泊3日分の荷物が入るトランクケース1つ程度は入りそう。


ルーフを開けるときには、ビニールクロスで仕切られた(手動で仕切りを脱着可)手前部分の狭いエリアにモノを収める。


ルーフが荷室に格納された状態。


トランクにモノが入ったままルーフを開けようとするなど、開閉に異常をきたす要因があると電動ルーフは作動せず、センターコンソールにある警告灯が点灯する。

ETC車載器の場所


センターコンソールの収納は鍵つき。ルーフを開けたままでコンビニで買い物、などのシーンに便利。


収納の中にETC車載器。オープンカーのコペンはここにつけるのがベスト。


俯瞰で見た画像。ドリンクホルダーは左右シートの間に。

ボンネットを開けるときはここから


コペンのボンネットのオープンレバーは、グローブボックスの中に。


この丸いレバーを引くとボンネットオープン。知らないとボンネットを開くレバー探しに一苦労。

お買い得な価格設定

コペン GR SPORTの新車車両税込価格は、

5速MT:243.5万円
CVT:238万円

となっています。
ちなみにベース車両のコペン ROBE Sは、5速MTが211.2万円、CVTが209万円。

BBS、レカロ、MOMOの3種の神器クラスの社外品(これがわかるのはバブルをリアルで知る世代以上…)だけでも40万を超すもの。さらにカヤバの足回りにボディ補強となれば、非常にお買い得な価格設定ではないでしょうか。

【キャンペーン告知】トヨタ新型車デビューフェア

筆者はトヨタモビリティ東京さんにコペンGR SPORTはMTもCVTにもどうせなら乗りたい、C-HRのマニュアルも乗ってみたい、試乗取材のときには、ジャッキアップしてアンダーボディを撮らせて欲しいなどなど、あれこれワガママを言わせさせていただき、すべてにご対応いただきました。店舗内で撮影、試乗、お店の方とお話もできるとは取材する側としてもとても効率よくありがたいのです。

そのお礼に、トヨタモビリティ東京さんのキャンペーン告知をさせていただき、罪滅ぼしとさせていただきます。

「ご試乗だけでも是非、お気軽に!」とのことでした。また、コペン GR SPORTはトヨタモビリティ東京全店でお取り扱いしているとのこと。ちなみに、他のGRシリーズの各モデル(GRMN以外)もトヨタモビリティ東京各店でお取り扱いしているとのことでした。

東京モーターショー2019で注目されたダイハツのブースにあった新型小型SUVは、トヨタ・ライズ/ダイハツ ロッキーの双子車でした。このトヨタ・ライズにも試乗のチャンスが!筆者は実車を既に見ていますが、これはなかなか良いですよ。

今回、お世話になったお店はこちら


GR Garage 東京蒲田。コペン HR SPORT 5速マニュアルはこちらで試乗させていただきました。


GR Garage 東京深川。CVTのコペン GR SPORTをこちらで試乗しました。

画像ギャラリー


ルーフクローズ状態


車両側面の空力特性を高めるフロントバンパー。エアアウトレットも設けている。

取材・撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

この記事の執筆者

宇野 智(MOBY)この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す