車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

新型コンパクトSUV「ダイハツ ロッキー」「トヨタ ライズ」が11/5発売

2019年11月5日、DNGA第2弾となる新型コンパクトSUV「ダイハツ ロッキー」と、そのOEM車である「トヨタ ライズ」の発売開始が発表されました。

新型コンパクトSUV「ダイハツ ロッキー」「トヨタ ライズ」が同時発売

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ 新車価格:167.9〜206.0万円

2019年11月5日、DNGA第2弾となる5ナンバーサイズの新型コンパクトSUV「ダイハツ ロッキー」と、そのOEM車である「トヨタ ライズ」が発表され、同日から販売が開始されました。価格はダイハツ ロッキーが1,705,000円~2,422,000円、トヨタ ライズが1,679,000円~2,282,000円です。

2車の関係は、ダイハツからトヨタへのOEM。ダイハツの新型車においてDNGAが採用されるのはタントに続く2車目。トヨタに関してはライズがトヨタ車のラインナップに加わる初のDNGA商品となります。

ダイハツによれば「新型ロッキーは軽自動車からのアップサイジングを図った」とのこと。新型ロッキーと新型ライズは、SUVを検討しているが大きい車は苦手という声に応え、SUVらしいデザインで運転しやすい、アクティブユーザー向けの良品廉価な商品を目指し開発されました。

2車の外装で大きく異なるのはフロントマスク。グリルの形状が各メーカーらしい形状になっています。ヘッドライトやサイド、リアの形状に大きな違いはないようです。

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

ボディカラーはどちらもモノトーン8種類、ツートン3種類の計11種類です。ダイハツ ロッキーのボディカラーには東京モーターショー2017で公開されたコンセプトカー、DNコンパーノの名を冠した「コンパーノレッド」が含まれます。

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

内装面では全長4,000mm以下ながら室内の広さを両立しており、ゆったり座れる900mmのカップルディスタンスを実現。大容量の荷室空間も備え、レジャーを始め、買い物などの日常シーンでも活躍できます。

新開発ダイナミックトルクコントロール4WDを採用

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

ダイハツ ロッキーとトヨタ ライズのパワートレインは、1.0Lターボエンジンに新型タントにも搭載されているD-CVT(デュアルモードCVT)を採用。低速域でのスムーズな加速と高速域での低燃費かつ静かな走りを実現しています。

4WD車には路面の状況に合わせて適切なトルクを後輪に配分するダイナミックトルクコントロール4WDを採用しています。この新4WDシステムの一部には、以前販売されていた「ダイハツ MAX」のサイバー4WDに採用されていた電子制御式カップリング機構を採用し、制御システムを新開発。同機構はジェイテクト製となります。

「ロッキー」はかつてダイハツから販売されていた本格派クロカン。新型ロッキーはその車名を踏襲していますが、ダイハツ曰く「旧ロッキーの後継ではない」とのこと。現代のユーザーや環境に合った新型を開発するという、ダイハツの「再挑戦」にも繋がる新型車であるといえます。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す