車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ 新型PHEV「WAKUスポ」を東京モーターショー2019で公開!

10月23日から開催の東京モーターショー2019でスズキが変形するコンセプトPHEV「WAKUスポ(ワクスポ)」を出展することを発表しました。WAKUスポはドライバーのニーズに合わせて変形する超個性派コンセプトカーで、世代を超えてシェアできる車として開発されています。

家族でシェアできるスズキの新型PHEV WAKUスポ

スズキ WAKUスポ(ワクスポ)は2019年10月23日から開催する東京モーターショーで発表されるコンセプトカーです。このコンセプトカーは一人ひとりのニーズに併せて車体自体が変形してしまうという驚きの機能を持っています。

WAKUスポのボディはAセグメントのコンパクトサイズ。この車を通してスズキは一人ひとりのニーズに応じて変化し、共有できる未来の「小さなクルマ」を提案しているとのことです。

モーターショー当日は大型LEDモニターによる映像演出とともに紹介される予定です。

ニーズに合わせて外観を変更できる機能が!

スズキ WAKUスポには「ワクワクスイッチ」と呼ばれるボタンがあり、それを押すことでクーペスタイルとワゴンスタイルを自動で切り替えることができます。

クーペスタイルは一般的な車に採用される3BOXプロポーションのデザイン。一方でワゴンスタイルはリアの部分が収納スペースに変化し、ステーションワゴンのような外観になります。

普段乗りはクーペスタイル、旅行ではワゴンスタイルと、ドライバーの状況に応じた形状にボタン一つで切り替えられるのは画期的だと言えるでしょう。後ろからみると変化をよりはっきり見ることができます。クーペスタイルからワゴンスタイルするとゴルフバッグ1つ分ほどのスペースが生まれます。

フロントマスクも好みに合わせて変更

スズキ WAKUスポ グリル

幾何学的で近未来な雰囲気のあるデザイン(広報画像)

スズキ WAKUスポ グリル

シンプルでオーソドックスなデザイン(広報画像)

スズキ WAKUスポはリアの形状だけでなく、フロントマスクのグリル部分も変更でき、2つのデザインから選ぶことができます。

ここからもドライバーの好みによって変更できるようにというスズキの意図が読み取れます。

先進的ながらどこか懐かしいインテリアデザイン

スズキ WAKUスポは近未来なデザインを採用しながらも、どこかレトロな雰囲気を醸し出しています。EV車ならではの曲線的でスッキリした内装を取り入れる一方、逆にクラシックカーのような直線的なボディラインのコントラストがそう感じさせるのかもしれません。モスグリーンとブラウンという落ち着いたカラーリングも懐かしさを演出します。

実は内装も変形するスズキ WAKUスポ

スズキ WAKUスポのインパネは全面大型モニターが広がる状態から、木目調のプレートが覆いかぶさっている状態に切り替えることができます。

上の広報画像を見て分かるように木製プレートの有無によって車内の雰囲気が一気に変わります。これも家族のような世代を超えたドライバーがシェアできる工夫の一つです。

スズキ WAKUスポのスペック

全長:3,700mm
全幅:1,650mm
全高:1,430mm
ホイールベース:2,460mm
乗車定員:4名
パワーユニット:PHEV
駆動方式:4WD

スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す