車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

スマート新型EV「EQフォーツー」が東京モーターショー2019に出展!ガソリンモデルは廃止へ

スマートの新型EV「EQフォーツー」が東京モーターショー2019に出展されます。2020年から販売車種を全車電動化を計画しているスマート。2019年をもってガソリンモデルの生産は終了となります。

改良新型EV「EQフォーツー」アジア初公開!

スマートのEVモデル「EQ フォーツー」の新型が、2019年10月23日から開催される東京モーターショー2019に出展されます。

スマートは世界市場では2019年でガソリンモデルの生産を終了。新型EQ フォーツーからはすべてEVモデルのみの生産に切り替わり、スマートはEV専門ブランドへ完全移行します。

日本でもガソリンモデルは廃止される予定。すでに日本発売が発表されているメルセデス・ベンツのEVモデルモデル・EQC同様に、スマートもEQシリーズを展開することになるでしょう。

デザインを一新するも、既存の電動パワートレインを採用

スマート EQフォーツー 2019年新型

新型スマート EQフォーツー

新型EQフォーツーは先代モデルからエクステリアデザインが一新されていますが、ボディの基本構造やパワートレインは既存のものを引き続き使用します。ボディタイプはクーペとカブリオレの2ボディをラインナップ予定です。

デザインは、スマートの最新のコンセプトカー「forease」や「forease+」などのイメージをフロントマスクに反映。オプションでフルLEDヘッドランプを装着することも可能。リアはテールランプを新デザインにしています。フロントの3つの大きなアクティブLEDエレメントは、スモールランプとメインビームに加えて、ウインカーとしても機能します。オプションのフルLEDヘッドランプは、車両のロックを解除した後、ヘッドライトの点灯でドライバーを迎えてくれる演出付きです。

パワートレインは先代EQフォーツーと同じ、リアモーターとバッテリー。最大出力は82hp、最大トルクは16,3kgmです。バッテリーは1回の充電で最大159km走行が可能。フル充電にはおよそ3時間30分かかります。急速充電機能を利用すれば、およそ40分でバッテリー容量の80%が充電できます。

新型EQフォーツーはスマートフォンなどの通信機器と更に連携を強化し、専用アプリを利用することで、車両の航続とバッテリーの充電レベルを車外にいながらでも把握することができます。

また、新型では「Apple Watch」との連携が可能になり、Apple Watchで現在のバッテリーの状態や航続の確認、空調の管理ができるようになりました。

現行のスマート フォーツー(3代目)

スマート EQフォーツー

現行スマート EQフォーツー

現行のスマート フォーツーは3代目。2014年から発売されている2人乗りモデルです。フランス車・ルノー トゥインゴの兄弟車として開発・生産されており、駆動形式はRRを採用しています。

現在、日本のスマート正規店ではガソリンモデルの「フォーツー ブラバススポーツ」「ブラバス フォーツー エクスクルーシブ」が発売中。画像は海外で販売されている現行のEQフォーツーです。今回の新型発表はモデルチェンジではなく、ガソリン車からEVへの移行というかたちになります。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す