車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

メルセデス・ベンツ新型Vクラス 220dが東京モーターショー2019に登場!待望のディーゼル復活へ

メルセデス・ベンツが今年10月に開催される東京モーターショーで、新型Vクラスの「220 d AVANTGARDE long(アバンギャルド ロング)」を日本初公開します。

メルセデス・ベンツの新型Vクラス 220 d アバンギャルド ロングが国内初公開!

メルセデス・ベンツ新型Vクラス 220 d AVANTGARDE long(アバンギャルド ロング)が東京モーターショー2019で国内初公開されます。

ディーゼルモデルである「V 220 d アバンギャルド ロング」は2016年に国内販売されていましたが、カタログ落ち。今回はその改良新型モデルです。フランクフルトモーターショーでAMGモデルと同時にワールドプレミアされました。大型で重量のあるVクラス。今回の新型ディーゼルモデルの日本発表は待望ともいえるでしょう。

新型Vクラスの外観は大型化した開口部が特徴的なフロントバンパーをはじめ、LED化したヘッドライトなど、フロントマスクを中心に変更されています。AMGモデルはドットパターンのダイヤモンドグリルが採用されています。

新型VクラスにはSクラスと同じ装備を搭載!

メルセデス・ベンツ V 300 d コックピット

メルセデス・ベンツ V 300 d コックピット(広報画像)

新型Vクラスの内装は高級ミニバンならではのラグジュアリーなデザイン。

ダッシュボードの空調ダクトが他のメルセデス・ベンツ車同様のタービンデザインに変更されたり、シート素材が見直されたりと、随所に手が加えられています。

メルセデス・ベンツ V 300 d シート

メルセデス・ベンツ V 300 d の後部座席(広報画像)

新型Vクラスのシートにはルガーノレザーやナッパレザーなど合計6種類の内装デザインが用意されています。後部座席にはSクラスと同じくマッサージ機能や空調調整機能を搭載しており、折りたたみ式テーブルの装着にも対応。VIPカーとしての役割も果たせます。

2列シートと列シートから選択でき、セグメント最大サイズのパノラマルーフも用意されています。

現行のメルセデス・ベンツ Vクラス

メルセデスベンツ Vクラス 2019年

新車価格:738万円

メルセデス・ベンツ Vクラスは、メルセデス・ベンツのミニバン。今年8月末にキャンピングカー仕様の「マルコポーロ」も発表されています。

メルセデス・ベンツは東京モーターショー来場者の利便性向上のため、10月25日~11月4日の期間中、東京ビッグサイトとメルセデス ミー 東京間の無料送迎を、Vクラスにて実施する予定です。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す