初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

美し過ぎるレースマシン「マツダ3 TCR」が公開!

10月初頭に北米マツダが「マツダ3 TCR」を公開しました。

TCRとは?

TCRとは、FIA(国際自動車連盟)がWSC(世界スポーツコンサルティング)が運用しているツーリングカーレースの車両の規定のことをいいます。

ツーリングカーとは、F1のようなボディ構造ではなく市販車と同じような箱型のレーシングカーのこととなります。国内モータースポーツで最も人気のある「SUPER GT」はツーリングカーに属します。

TCRの規定

ベース車両の規定は以下のとおり。

・FIAグループA規定に準じた車両
・4ドアないしは5ドア
・エンジン
 ∟ガソリンないしはディーゼル
 ∟排気量:1,750〜2,000cc
 ∟最高出力:350ps以下 ∟シングルターボ
・前輪駆動
・全長4,200mm以上
・全幅1,950mm以下
・最低重量(ドライバー含む)
 ∟ベース車両と同じトランスミッション:1,230kg
 ∟レース用トランスミッションへ換装:1,265kg
サスペンションは市販モデルの形式から変更不可
・ブレーキ(市販車と同じABSを使用可)
 ∟フロント:6ポットまで
 ∟リア:2ピストンまで

MAZDA3 TCRのスペック

MAZDA3(マツダ3)のエンジンは国内でも販売されている車両に搭載される「SKYACTIV-G 2.0」。リアにそのエンブレムが確認できます。排気量は2,000cc。これをTCRの規定目一杯の350psのスペックになるようにチューンナップ、最高速度は240km/h。このエンジンはマニエッティ・マレリが監修しています。

マツダ3 TCRのトランスミッションは6速シーケンシャルと発表されているので、市販モデルとは異なるレース用トランスミッション、これも規定目一杯の最低重量になるように設計されていることでしょう。

マツダ3 TCRの全幅は幅広のレーシングタイヤを収めるためのオーバーフェンダー化、全幅は市販車の1,795mmから1,950mmへ拡大されています。

2020年IMSAデイトナ戦でデビュー予定

マツダ3 TCRは2020年1月にアメリカ・フロリダ州のデイトナスピードウェイで開幕する「2020 IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジ」シリーズでデビュー予定となっています。

マツダ3は今年5月にアクセラの後継モデルとしてデビュー。マツダの「魂動」、美しいデザインで高い注目を集めています。このマツダ3 TCRは実践ではどうなのか?期待しましょう。

新型Mazda3 ハッチバック

ハッチバックだけに採用されるシグネチャーカラー「ポリメタルグレーメタリック」

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す