車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 フェートン】ダットサン・ブランド源流の国産クラシック

1930年代にダットサンの名で誕生した小型乗用車は、フェートンをはじめロードスター・セダンなどバラエティ豊かなクラシック。現在でもグローバル展開されるダットサンブランドの源流です。稀少国産クラシックの魅力に迫ります。

「脱兎のごとく」速い車を!ダットサンの歴史

日産 ダットサン フェートン マスコット

14型に配された美しいウサギのマスコット

ダットサンは、快進社が製造したダット1号を日産の前身である「ダット自動車製造」が改良し販売した小型自動車が始まり。当初その小型自動車はダットの息子である「Dat son(ダットソン)」と呼ばれましたが、後にスペルを太陽を意味するSunに変更。「Datsun(ダットサン)」となりました。

ダットとは「脱兎」に由来し、逃げていくウサギを意味する非常に速いもののたとえ。まさに脱兎のごとく速い車を製造するという意欲のもと命名されたと言えます。ダットサンは、現在でも日産のグローバルブランドとして世界展開されています。

【ダットサン 12型 フェートン】日産に保管される最古車

日産 ダットサン 12型 フェートン フロント サイド

日産が保管する最古モデル・ダットサン 12型 フェートン

ダットサン 12型 フェートンは1932年(昭和7年)、ダット自動車製造から排気量495ccの小型乗用車としてデビュー。翌年排気量を748ccと大幅アップし、信頼性を高めました。ボディバリエーションには4人乗りセダン、フェートン、2人乗りクーペ、小型トラックがラインナップしました。この記事で使用している画像は、4人乗りとなるフェートン。フェートンとは折り畳み式幌を持つオープンカーを言い、この個体は日産に保管されるモデルで最古となります。

日産 ダットサン 12型 フェートン 内装

シンプルながら重厚感漂うインパネ

12型 フェートンはボディをバスタブ形状とし、エンジンは748cc 直列4気筒SV(サイドバルブ)で、最高出力は12PSとなっています。当時の乗用車は2サイクルエンジン搭載の3輪車が主流のなか、4サイクル4気筒エンジン搭載の12型 フェートンの高い耐久性は群を抜いていました。

【ダットサン 14型 ロードスター】国産初の量産モデル

日産 ダットサン 14型 フェートン フロント サイド

大手菓子店・コロンバンも14型で菓子を配達

ダットサン 14型が誕生したのは1935年(昭和10年)。社名はダット自動車製造から日産自動車に変更され、横浜市神奈川区には国内初となる大量生産可能な自動車工場を設立。同工場の組み立てライン初出荷モデルが14型となりました。ボディデザインは名デザイナー富谷龍一氏によるもの。同氏はフロントグリル上部に配される美しいウサギのマスコットのデザインも手がけています。

日産 ダットサン 14型 フェートン 内装

インパネはスチール製で機能的

ダットサン 14型はそれまでの手作業から近代的なプレスと洗練されたデザインが施され、ボディバリエーションはセダン・フェートン・ロードスター・バン・トラックがラインナップ。ちなみにこの記事の画像はダットサン 14型 ロードスターに該当します。エンジンは722cc 直列4気筒SVとし、最高出力は15PSを発揮。14型は官庁や大阪府警でも採用されました。

【ダットサン 17型 セダン/フェートン】戦前最終モデルはタフでシンプル

日産 ダットサン 17型 セダン フロント サイド

戦前最後のモデルとなる17型 セダン

日産 ダットサン 17型 フェートン フロント サイド

こちらはフェートン。フロントグリルに縦バーが17型の特徴

1938年(昭和13年)、ダットサン 17型がデビューした当時、日本は戦時色濃厚となり、17型も過度な装飾・装備はされず、内・外装はいたってシンプル。また、車にはタフさや経済性が求められ、17型は人気となりました。この記事の画像1枚目はセダン、2枚目はフェートン。当時のダットサン 17型のオーナーには開業医が多く、往診用に重宝されたため「お医者さんのダットサン」と呼ばれ、愛されたようです。

日産 ダットサン 17型 セダン 内装

内装は戦時色が高まりシンプル

日産 ダットサン 17型 フェートン ターンシグナル

ターンシグナル(方向指示器)はアポロ製

ダットサン 17型のボディデザインは16型を踏襲。エンジンは722cc 直列4気筒SV、最高出力は16PSとなっています。ボディバリエーションにはセダン・フェートン・ロードスター・トラックがラインナップされました。

ダットサン 1930年代モデルは現存するだけで価値あり!

日産 ダットサン 17型 セダン ワイパー

ウィンドウ上部に付けられたワイパーが新鮮

日産 ダットサン 17型 セダン ターンシグナル

当時のターンシグナルはアポロ社が独占状態

日産がダットサンブランドで1930年代に販売したモデルは、現在流通しておらず、現存するだけで歴史的価値がある稀少車と言えるでしょう。(2019年10月時点)

最新「フェートン」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

ダットサン フェートンのスペック詳細

下記のスペックは、1933年式のダットサン 12型 フェートンのものとしています。

・エンジン:直列4気筒SV
・最高出力:12PS/3,000rpm
最大トルク:-
・ボディサイズ:全長 2,770mm 全幅 1,190mm 全高 - ホイールベース 1,980mm
・車両重量:500kg
トランスミッション:-
・駆動方式:-
・乗車定員:4人
・新車時車両価格:-

日産 ダットサン 17型 フェートン 内装

無駄なものは一切付いていないシンプルな内装

日産 ダットサン 17型 セダン ターンシグナル

ターンシグナルの和名は「腕木式方向指示器」

撮影:宇野 智(MOBY)
※2019年6月、日産自動車がメディア向けに開催した、神奈川県座間市にある「日産ヘリテージコレクション」の取材会にて撮影

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!