車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

プジョー新型e-208が六本木ヒルズで日本初公開!プジョー初のEVが誕生

プジョー 208のEVモデルである新型e-208が日本初公開されます。日本での販売は来年の10~12月から開始される予定。プジョーの市販車にEV車が設定されるのは初となります。

プジョー初のEV 新型e-208が日本初公開!

プジョーショー2019 フォトセッション

フォトセッションにはプジョー・シトロエン・ジャポン株式会社 代表取締役社長のクリストフ・プレヴォ氏(左)、同社 マーケティング部 部長のトマ・ビルコ氏(右)が登壇

10月19日(土)から六本木ヒルズで行われる「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE- (プジョーショー2019 -アンボーリング・ザ・フューチャー)*」でプジョー初の新型EV e-208が日本初公開されます。ベースとなるプジョー 208も同イベント内で日本初公開です。

プジョー 208はプジョー最小クラスのコンパクトハッチバック。フルモデルチェンジによっり2代目となり、ブランド初のEVモデル・e-208が追加されました。

新型e-208のポイントは以下の通りです。

・新型208同様にスポーティーな外装デザインを採用
・最新コクピット「i-Cockpit」を採用
・航続距離は最大450km
・3種のドライブモードと先進運転支援システムを搭載


プジョーやシトロエンなどが属するPSAグループは、全モデルに電動パワートレイン車の設定を計画しており、e-208はその計画の第1弾です。

*プジョー・シトロエン・ジャポン(PCJ)は、10月24日から開催される東京モーターショーには未出展。その代わりに都内にて独自イベントであるプジョーショーを開催します。プジョーショー2019の詳細は以下をご覧ください。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

最新のプジョーデザインを反映させた外観

プジョー新型e-208の外観は、新型208と共通のデザイン。フロントマスクには大型化したシングルフレームグリルやシャープなプレスラインを採用。ヘッドライトとテールランプはライオンの「3つの爪」が表現されています。

プジョー e-208 2019

プジョー広報画像

プジョー e-208 2019

プジョー広報画像

現行208に比べてスポーティーな印象。また、上級グレードにはフルLEDライトを搭載しています。

プジョー 208 シグネチャー 2018年

2018年の特別仕様車「SIGNATURE」

最新コクピット「i-Cockpit」を採用

新型e-208のコックピットには最新の「3D i-Cockpit」を採用しています。ステアリングには8インチのタッチスクリーンを搭載。インパネ中央の大型タッチスクリーンでは車内のラジオやエアコンなどを管理でき、デジタル化による直感的な操作が可能です。

航続距離は最大450km&急速充電にも対応

プジョー新型e-208は「e-CMP」という電動モジュラー搭載プラットフォームをベースに開発されています。

EVパワートレインはモーターの最大出力が136hp、最大トルクは26.5kgmを発生。50kWhの大容量バッテリーを使用し、1回の充電で最大450kmの航続距離を達成しています。450kmという距離は日産のEV車リーフの航続距離378kmを上回る数値で、かなりe-208がかなり実用的であることを示しています。

プジョー e-208 充電プラグ

プジョー e-208の充電プラグ(広報画像)

プジョー新型e-208の100%充電時間は、家庭用コンセントだと約16時間、三相コンセントだと約5時間15分。出力100kWの急速チャージャーを使用すれば、約30分ほどで80%もの充電が可能と言われています。

3種のドライブモードと先進運転支援システムを搭載

プジョー新型e-208のドライブモードは「ノーマル」「エコ」「スポーツ」の3種類が設定されており、スポーツモード時にの0-100km/h加速は8.1秒を記録しています。

また、先進運転支援機能(ADAS)には、プジョー 508、5008、3008などにも導入されている最新機能を採用。アダプティブ・クルーズ・コントロールや交通標識認識システム、アクティブ・レーン逸脱警告システム、ドライバー・アテンション警告システムなどが搭載されいます。

新型e-208の日本発売は2020年夏!

新型e-208の日本発売次期について、プジョーは2020年夏と発表。新車車両価格は、ルノーのコンパクトEV「ゾエ」が280万円程度であることを考えると、300万円~と予想します。

フランスではルノーが「ゾエ」によりEV界を牽引。ゾエよりも一回り大きいプジョー新型e-208の登場により、フランスEVラインナップがさらに充実することになります。

スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す