初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

メルセデスAMG新型A45 S 4MATIC+が東京モーターショー2019で日本初公開!

メルセデスAMGの新型「A45 S 4MATIC+」が東京モーターショー2019で日本初公開されます。メルセデス・ベンツAクラスにおけるトップクラスの性能を要チェック。

メルセデスAMG新型A45 S 4MATIC+が東京モーターショーに出展!

メルセデスAMGは新型「A 45 S 4MATIC+ Edition 1」を東京モーターショー2019にて日本初公開します。同車は英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019」にて、ワールドプレミアされています。

新型A45 S 4MATIC+はメルセデス・ベンツ「Aクラス」の頂点に位置するモデル。メルセデスAMGのコンパクトモデルで初めて、フロントに「AMGパナメリカーナグリル」を装着しました。
前後バンパーは風をよく切りそうなAMGの専用デザインで、フロントリップスポイラーやAMGサイドスカートも装着されており、よりスポーティらしいデザインに仕上がっています。

新型A45 S 4MATIC+にはスポーツシートが採用されています。

6種類の走行モードに切り替え可能

新型A45 S 4MATIC+は新開発の「M139型」と呼ばれる2.0リットルターボエンジンを搭載し、最大出力は421hp/6750rpm、最大トルクは51kgm/5000~5250rpmとハイパワー。メルセデスAMGによると、量産車向けの4気筒エンジンとしては世界で最もパワフルだそう。新設計のツインスクロールターボチャージャーにより、よりパワーをコントロールすることが可能です。

コンプレッサーとタービンのシャフトに、メルセデスAMGの4気筒ターボとして初となるローラーベアリングを採用しました。ローラーベアリングは、ターボチャージャー内の機械的摩擦を最小限に抑える効果を発揮します。これにより、ターボチャージャーがスピーディなレスポンスを可能に。より速く最高回転数に到達するとのこと。

また「AMGダイナミックセレクト」を搭載。「Slippery」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」、「レース」の6種類の走行モードを切り替えることにより、エンジンやトランスミッションのレスポンスなどを変更できます。

Slipperyモードは滑りやすい路面状況に最適で、インディビジュアルモードはドライバーの好みに応じて各セッティングを選択して保存可能。レースはサーキット走行向けのモードに変更することが可能です。

現行のメルセデス・ベンツ Aクラス

メルセデスベンツ Aクラス 2019

新車価格:328.0〜399.0万円

メルセデス・ベンツ Aクラスは、メルセデスブランドのエントリーモデル。2018年にフルモデルチェンジされ、現在はハッチバックセダンの2つのボディタイプが揃います。ハッチバックモデルにはAMG仕様の「A35」がラインナップしていますが、新型A45はその上に位置するハイパフォーマンスモデルです。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す