車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【ダイハツ】東京モーターショー2019 出展車両一覧

2019年10月23日から開催される東京モーターショー2019。ダイハツからは世界初公開となるコンセプトカーが4台出展されます。展示されるコンセプトカー4台を紹介します。

迫る東京モーターショー2019!ダイハツはコンセプトカー4台と小型新型車を展示

2019年10月23日から開催される東京モーターショー2019。ダイハツからは世界初公開となるコンセプトカーが4台出展されます。新型市販車の発表はありませんが、今回展示されるコンセプトカーの中には、東京モーターショーでの反応によって市販化される可能性のあるモデルも。展示される5台を紹介します。

ダイハツ 新小型車SUV(A-SUV?)

ダイハツは新型の小型SUVを展示。噂ではこの市販モデルが、近々トヨタ&ダイハツから「A-SUV」という名前で発売されるとのこと。詳細は不明ですが、コンセプトカーではなくほぼ市販型に近いような完成度から見ると、この新小型車のデビューは近そうです。

ダイハツ IcoIco(イコイコ)

ダイハツ IcoIco(イコイコ)は車椅子の利用者や大きな荷物を持った旅行者といった、様々な状況を考慮して開発された自動運転タイプのコンセプトカーです。誰もが容易に乗り降りできるよう、格納式のスロープを搭載しています。

外観は自動運転車らしいシンプルなデザインで、ライト類が一つにまとめられています。広い室内を実現しているにも関わらず、細い道でも移動できるようなコンパクトサイズになっています。

ダイハツ IcoIcoには専用ロボットも付属!

ダイハツ IcoIco イコイコ ニポテ

ダイハツ IcoIcoに付属するお世話ロボット「Nipote(ニポテ)」

ダイハツ IcoIco イコイコ 内装

2列目のシートは回転式で前向きにもなる

ダイハツ イコイコにはお世話ロボット「Nipote(ニポテ)」が付属しており、車内中央に位置しています。

ニポテに話しかけることによって移動に関わる生活をアシストしてくれるとのことです。

ダイハツ TsumuTsumu(ツムツム)

次世代軽トラックコンセプトカーとして開発されたダイハツ TsumuTsumu(ツムツム)。高い乗降性をもつビッグキャビンと広い荷台を両立させた近未来的なデザインが特徴です。

ダイハツ ハイゼットのような従来の軽トラックと同等の全長のまま、キャビン内を広く使える新レイアウトを採用しています。

ダイハツ ツムツムの荷台は換装可能で幅広い用途が設定されています。中央が分割して農業用ドローン基地になったり、後方にスライドして個室空間になったりします。

ダイハツ WaiWai(ワイワイ)

ダイハツ WaiWai(ワイワイ)は3列6人乗りの小型ミニバンコンセプトカーです。

センターピラーレスサンルーフを採用しており、コンパクトサイズながら開放感の室内を実現。ホワイトとブルーのカラーリングも相まって近未来な雰囲気を醸し出しています。

ダイハツ WakuWaku(ワクワク)

ダイハツ WakuWaku(ワクワク)は軽クロスオーバーのコンセプトカーです。今回出展される車両の中でもっとも市販モデルに近い設計で、東京モーターショーでの反応によって市販化の可能性があるとのこと。

2ドアでタフな印象を受ける内外装デザインですが、テールライトはシャープでどこか懐かしい形状をしています。

後部座席を倒すことで収納スペースを拡大できることはもちろんルーフラゲージも用意されており、高い積載性を実現しています。

スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す