車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【酷道】国道299号・十石峠は関東一ヤバい?|日本の峠#3

MOBY「日本の峠」シリーズ第3弾は関東一の酷道と呼ばれる酷道299号線にある十石峠。酷道299号線のレポートもたっぷりお届けします。

関東一の「酷道」酷道299号線

国道299号の起点は長野県茅野市を起点、群馬県上野村、埼玉県秩父市を通って同県入間市を終点とする実延長176.8km(旧道除く。総延長では203.4km)の一般国道。国土交通省道統計によると国道299号の未舗装率は、すれ違いができない幅員3.5m未満の未改良区間が計6.0kmと報告されています。今やこのスペックを誇る(?)道路を探す方が大変。このため国道299号は「関東一の酷道」と呼ばれているようです。酷道は文字通りの酷い道、同じ音の国道と掛け合わせた造語で、マイノリティかとは思われますが「酷道マニア」が存在します。筆者もそのマイノリティのひとりかも知れません。
出典:国土交通省「道路統計年報2018 道路の現況」のうち「一般国道の路線別、都道府県別実延長内訳」、「一般国道の路線別、都道府県別実延長内訳」

酷道国道299号の総延長をマッピングすると ↑ こちらになります。北を上にした地図でいう左側、長野県側の道路は「メルヘン街道」という別称が与えられています。この区間は風光明媚。酷道とは正反対です。地図右側の埼玉県側は国定公園エリアのこれまた風光明媚な秩父の山間を走る快走路。国道299号の酷道区間は埼玉県上野村にある「道の駅上野」の近くから県境を超えた長野県佐久穂町の「乙女の滝」あたりまで。

酷道区間をマッピングしてみました。よく見てみると国道299号を迂回し林道矢弓沢線がルートとなり、299号には通行止めのマークが表示されています。上野村のHPによると、国道299号(十石峠)は防災工事のため、黒川ゲートから林道矢弓沢線分岐まで、平成31年4月5日から令和元年12月20日までが通行止めと告知されています。

最も酷道的な区間が通行止め。地元の初老の男性に、なぜ防災工事で通行止めなのかを尋ねたところ「アンタもモノ好きか?!道が崩れたと聞いとる。」とのこと。酷道299号を走破しようとするドライバーやライダーが無数にいる、迂回路になっている林道矢弓沢線もかなりヤバい道路だとも語ってくれました。

というわけで、国道299号の終点、埼玉県入間市から秩父市を抜けて酷道、十石峠を走破したレポートをお届けします。しかし、無駄に画像が多いので恒例の峠の評価などを先に記載して記事を一旦〆させていただきます。心ゆくまで酷道299号の風景をお楽しみください。

酷道299号・十石峠を評価

運転し辛さ:★★★★☆
景観の良さ:★★☆☆☆
おもしろさ:★★★☆☆
イニD度合:☆☆☆☆☆
得点:45点
調整ポイント:10点
総合得点:55点

評価基準:あくまで筆者の独断と偏見。一般的にどう思うかは考慮に入れていない。峠は運転し辛いほどよいと考える。イニD度合は、その漫画に登場しそうかどうかだけで判断。決してドリフト走行に適しているかどうかではない。公道でのドリフト走行は違法です。おもしろさは運転しておもしろいかだけでなく、興味深いスポットなど総合的なおもしろさで評価したもの。総合得点は★1つを5点とし100点満点とした。

防災工事が完了後の酷道299号を体感してから再評価したい。林道矢弓沢線でも十分酷道の雰囲気がある。急カーブや急勾配といった難所は少なく、道幅が狭いがための運転のし辛さを強く感じた。イニDの舞台にはほど遠い。無理。

酷道299号・十石峠を走ったのは「スズキ・ジムニー」

2018年に待望のフルモデルチェンジを果たしたスズキ・ジムニーが今回のクルマ。狭い道で対向車とすれ違いができないとき、いつもバックして道を譲りました。小さいボディは狭い峠でもバックは楽。このジムニーの試乗レポートは下記からご覧ください。

国道299号の快走路区間:埼玉県入間市~群馬県神流町

国道299号 終点 埼玉県入間市 小谷田交差点

国道299号 終点 埼玉県入間市 小谷田交差点

国道299号 埼玉県子鹿野町

埼玉県秩父市を抜けた先の同県小鹿野町(おがのまち)

国道299号 埼玉県小鹿野町 河原沢川を渡る橋

国道299号小鹿野町を流れる河原沢川を渡る橋。この先は「志賀坂峠」

国道299号 志賀坂峠

志賀坂峠は確かに峠だが距離は短く情報量少ないので「日本の峠」シリーズの記事化は見送り。走りやすい山岳路。

国道299号の快走路区間:埼玉・群馬の県境

国道299号 埼玉県・群馬県 県境

県境はトンネルの中。群馬県側に抜けた先。

国道299号 諏訪山登山道入口

群馬県側県境には、諏訪山登山道。

国道299号 群馬県神流町

群馬県神流町(かんなまち)へ。3km先に「恐竜の足跡」があるとの看板。神流町は恐竜マニアの聖地。

恐竜の足跡

国道299号 恐竜の足跡

恐竜の足跡付近に駐車場を完備。

国道299号 恐竜の足跡

これが「恐竜の足跡」がある岩盤。日本で初めて恐竜の足跡の化石が発見されたのが神流町。

国道299号 恐竜の足跡

恐竜の足跡を拡大

国道299号 間物沢川

恐竜の足跡のすぐ近くを流れる間物沢川/i>

恐竜の足跡を後にしばらく走ると神流川と国道299号が並行するように走る。神流川は河川敷に車で降りられる場所がある。

国道299号 群馬県神流町

神流町を抜けると上野村。ここは国道462号と重複区間。道の駅上野まであと少し。

道の駅上野の名物「猪豚丼」

道の駅上野

道の駅上野(うえの)

道の駅上野 レストラン

道の駅上野のレストラン。

猪豚丼 道の駅上野

上野名物「猪豚」の丼がここの一番人気。猪と豚の間の子の肉質は歯ごたえある。

道の駅上野

道の駅上野からは神流川を眺められるテラスで休憩できる。

酷道はここから

酷道299号

道の駅上野から少し走ると十国峠へ向かう酷道区間の入口へ。前述の通り防災工事中で通行止め。通行止めの5km程手前にある迂回路案内看板。

酷道299号

迂回路看板のすぐ近く。この後、通行止めのところまで進む。

酷道299号

ここから先が通行止め。

酷道299号

通行止めのバリケードぎりぎりから撮影。いかにも酷道っぽい。

酷道299号

いい色。

酷道299号 迂回路入口

迂回路の林道矢弓沢線へと向かう県道124号線と国道299号との分岐点。

迂回路「林道矢弓沢線」も酷道

酷道299号 迂回路 林道矢弓沢線への入口

県道124号線を少し走ると林道矢弓沢線への分岐点に。

酷道299号 迂回路 林道矢弓沢線の解説看板

林道矢弓沢線の路線図

酷道299号 迂回路林道矢弓沢線 旧十石街道

林道矢弓沢線と並行する旧道は「旧十国街道」と呼ばれ“江戸時代に信州佐久地方から日に十石の米が馬によって運ばれたことからこの名がついた言われている歴史ある街道”との解説。十石は1.8立法キロメートル。ピンとこないが相当な量だろう。

酷道299号 林道矢弓沢線

軽自動車のジムニーでも対向車が来たらスーパーバックが必要な道幅。林道走行時では対向車と遭遇せず。

酷道299号 林道矢弓沢線

酷道ではあるが、気持ちの良い林道。路面の凸凹は多いが楽しい。

酷道299号 林道矢弓沢線

林道矢弓沢線の最高標高地点。

酷道299号 林道矢弓沢線

林道矢弓沢線の延長は7.283km、幅員4.0mとのこと。

酷道299号 林道矢弓沢線

林道矢弓沢線最高標高地点からの眺め。

十石峠

酷道299号 十石峠 林道矢弓沢線合流地点

林道矢弓沢線の終点で酷道299号と合流。酷道299号はここから通行止め。

酷道299号 十石峠

林道と同等レベルの道幅と路面の粗さの「国道」299号

酷道299号 十石峠

きちんと国道299号の標識が。これがなかったら単なる林道。

酷道299号 十石峠 群馬・長野 県境

群馬と長野の県境。

酷道299号 十石峠 展望台

県境は十石峠最高標高地点。展望台がある。

酷道299号 十石峠 展望台

十石峠展望台へ登ります。入場無料。

酷道299号 十石峠 展望台

東南方向は甲武信山系を眺望。

酷道299号 十石峠 展望台

東は妙義山、榛名山、赤城山とイニDの聖地を眺望。

酷道299号 十石峠

天気イマイチ。

酷道299号 十石峠 展望台

来た道を見下ろしてみる。

酷道299号十石峠からのダウンヒル

酷道299号

頂上側から順にカーブナンバーが振られている。

酷道299号

酷道らしからぬ対向車がきても余裕ですれ違える幅員。しかし10%の急勾配。

酷道299号

しかし、すぐさま狭い道。

酷道299号

これぞ酷道の路面の悪さ。実質未舗装路。

酷道299号

対向車がきてスーパーバックしたらエモい廃墟を見落としていたことに気がつく。

酷道299号:酷道区間終了

酷道299号 十石峠 林道矢弓沢線合流地点

林道矢弓沢線の終点で酷道299号と合流。酷道299号はここから通行止め。

乙女の滝

「乙女の滝」をググったら徒歩15分の遊歩道と出てきたので行くを躊躇った。遊歩道はドロドロの酷道だった。

酷道299号

乙女の滝から先は快走路。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智
車両協力:スズキ

*スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

宇野 智(MOBY)この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す