車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

新車で買えるホンダのハイブリッドカー【2019年最新情報】

ホンダでは軽自動車を除くほとんどの車種に、ハリブリッド車を用意しています。新車で買えるホンダハイブリッド車を2019年最新情報としてご紹介します。購入する際の参考にしてみてください!

新車で買えるホンダのハイブリッドカーは13車種

ホンダのハイブリッド車の歴史は1999年のインサイト販売から始まりました。このコンパクトハッチバックは当時国内最高燃費を記録して、特異なボディー形状が斬新で、これからの時代はハイブリット自動車が主流になると当時話題になりました。 現在、ホンダでは大きく分けて3種類のハイブリッドシステムが用意されています。

フィットなど小型車に採用されるi・DCDはコンパクトで低コストのシステムで、エンジンの補助として高い燃費を実現しています。オデッセイ、アコードに搭載されたi・MMDはモーター主体でガソリンエンジンは発電用及び高速走行用に利用されます。高コストですがモーター両方の効率の良い部分を引き出せるシステムです。NSX、レジェンドに搭載されたSH-AWDはモーター駆動を組み合わせたもので、通常の4WDよりも軽くコンパクトに4WD化することが可能です。これまでのハイブリッドと異なり、モーター駆動を積極的に運動性能向上に使った独創的なシステムとして注目が集まっています。

ホンダ フィット

ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019

東京モーターショー2019で発表されたホンダ 新型フィット

ホンダ フィットは人気のコンパクトハッチバック。2代目モデルにおいて、ハイブリッド車が初設定された。現行モデルは3代目。2013年9月発売。ハイブリッドモデルには、直4 1.5Lエンジン+モーターを搭載する。燃費は最大37.2km/L(JC08モード)。広々とした車内がフィットの魅力。ハイブリッドモデルにおいても室内の広さと機能性は健在。後席は多彩なシートアレンジが可能。荷室容量は314リッターを確保する(5人乗車時)。2019年の東京モーターショーにて、新型となる4代目が発表された。

ホンダ シャトル

ホンダ シャトル 2019年

新車価格:180.8〜277.2万円

ホンダ シャトルは5ナンバーサイズのワゴン。3代目フィットをベースに開発された。上質な専用内外装を備え、フィットとの差別化を図っている。2015年5月発売。ガソリン車とハイブリッド車を用意する。後者のパワートレインは直4 1.5Lエンジン+モーター。JC08モード燃費33.2km/L。シャトルの購買ターゲットは、車での長距離移動が多いユーザー。最大容量1,141リッターのラゲッジスペースを備え、荷物の多いドライブ旅行に対応する。

ホンダ フリード

ホンダ フリード 2019

新車価格:188.0~272.8万円

ホンダ フリードは使い勝手に優れるコンパクトミニバン。2008年5月に初代が発売。2011年10月にハイブリッド車が追加された。現行型は2代目モデル。3列シート車と2列シート車(フリードプラス)をラインナップする。ハイブリッド車のパワートレインは、直4 1.5Lエンジン+モーター。FF車と4WD車を用意する。燃費は最大27.2km/L(JC08モード)。フリードの購買ターゲットはファミリー層。3列シート車は子育て中の女性に人気が高い。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ 2019年

新車価格:298.0~415万円

ホンダ オデッセイはロールーフスタイルが特徴の上級ミニバン。1994年10月に初代が登場。現行型の5台目において、初のハイブリッド車が設定された。パワートレインは直4 2Lエンジン+モーター。エンジンは主に発電を担当。ほとんどの走行シーンではモーターで駆動する。高負荷走行時のみエンジンも駆動に参加する方式。JC08モード燃費は最大26.0km/L。オデッセイの購買ターゲットは、先進的かつ運動性能に優れるミニバンを求めるユーザー。

ホンダ ステップワゴン スパーダ

ホンダ ステップワゴンスパーダ 2019年

新車価格:245.5~399.6万円

ホンダ ステップワゴンはホンダの代表的ミニバン。1996年5月に初代モデルが発売された。ハイブリッド車の登場は2017年9月。5代目モデル(現行型)に追加設定された。パワートレインに直4 2.0Lエンジン+モーターを採用。JC08モード燃費25.0km/L。当初はエアロパーツ装着車「ステップワゴン スパーダ」にのみハイブリッドを設定。2018年12月にはコンプリートモデル「モデューロX」のハイブリッド版が登場している。

ホンダ NSX

ホンダ NSX 2019年

新車価格:2413.9万円

ホンダ NSXはホンダ最強のスポーツカー。1990年に初代がデビュー。2017年2月に現行の2代目モデルが登場した。2代目NSXはパワフルなハイブリッドスポーツ。V6 3.5Lエンジンとモーター3基を搭載する。エンジンとモーター1基は後輪駆動用。運転席の背後に搭載される。残りのモーター2基はボンネット下に配置され、前輪の駆動およびトルク制御を担う。トランスミッションは9AT。JC08モード燃費は12.4km/L。

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V 2019年

新車価格:329〜444.2万円

ホンダ CR-Vは世界的人気を誇るミドルSUV。初出は1995年10月。快適性・居住性重視のクロスオーバーSUVとして登場した。現行型は5代目。初のハイブリッド車が設定された。システム構成は直4 2.0Lエンジン+モーター。メインの動力はモーターが担う。エンジンの主な役割は発電。高速クルーズ時のみエンジン駆動となる。FF車と4WD車を用意。JC08モード燃費25.8km/L。CR-Vの購買ターゲットは、先進的SUVを好むユーザー。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル 2019年

新車価格:250.5〜298.0万円

ホンダ ヴェゼルはクーペ風ルックスのコンパクトSUV。2013年12月発売。ガソリンモデルとハイブリッドモデルを用意する。後者のパワートレインは「スポーツハイブリッドi-DCD」。システム構成は直4 1.5Lエンジン+モーター。FF車と4WD車をラインナップする。JC08モード燃費は最大27.0km/L。「現代のスペシャリティー」としてヴェゼルは開発された。デザイン性と質感の高さ、車内の広さを兼ね備える。人気は国産SUVトップクラス。

ホンダ レジェンド

ホンダ レジェンド 2019年

新車価格:707.4万円

ホンダ レジェンドは“伝説”の名を持つフラッグシップセダン。初出は1985年。ホンダ初のフルサイズ高級セダンとして登場した。現行型は5代目。ハイブリッド車のみをラインナップする。パワートレインはV6 3.5Lエンジン+3モーター。エンジンとモーター1基はボンネット内に、残りのモーター2基は車体後部に配置される。駆動方式は4WDJC08モード燃費16.4km/L。レジェンドの購買ターゲットは、高級セダンに走りの楽しさを求めるユーザー。

ホンダ アコード

ホンダ アコード 2019年

新車価格:385.0〜410.0万円

ホンダ アコードは40年以上の歴史をもつミドルクラスセダン。1976年に初代が登場した。日本における現行型は9代目。ラインナップをハイブリッド車のみとしている。パワートレインの構成は、直4 2.0Lエンジン+モーター。駆動の主役はモーターが担い、エンジンは発電を主な仕事とする。高速走行時にのみエンジン駆動となる方式。JC08モード燃費は最大31.6km/L。アコードの購買ターゲットは、先進的かつスポーティーなセダンを求めるユーザー。

ホンダ インサイト

ホンダ インサイト 2019年

新車価格:326.1〜362.8万円

ホンダ インサイトはホンダの代表的ハイブリッドカー。初出は1999年11月。当時としては異例の、燃費35km/L(10.15モード)を武器に登場している。現行型は3代目。先代までのハッチバックスタイルを捨て、4ドアセダンに生まれ変わった。パワートレインは1.5Lエンジン+モーター。多くの走行シーンではモーターが駆動を担う。エンジンの主な役割は発電。JC08モード燃費34.2km/L。フォーマルなデザインもインサイトの特徴であり魅力。

ホンダ グレイス

ホンダ グレイス 2019年

新車価格:176.9〜256.9万円

ホンダ グレイスは5ナンバーサイズセダン。2014年12月発売。ハイブリッド専用車として登場した。現在はガソリン車もラインナップする。ハイブリッド車のパワートレインは直4 1.5Lエンジン+モーター。フィットやヴェゼルと共通のハイブリッドシステムを採用している。JC08モード燃費は最大34.8km/L。グレイスの購買ターゲットは、車内の広いコンパクトセダンを求めるユーザー。パッケージングの工夫で実現した居住性は、上級セダンに匹敵する。

ホンダ ジェイド

ホンダ ジェイド 2019年

新車価格:244.3〜314.6万円

ホンダ ジェイドはスタイリッシュなワゴン。2015年2月発売。3列シート(6人乗り)のミニバン風モデルとして登場した。現在は2列シート車(5人乗り)もラインナップする。ハイブリッドモデルには、直4 1.5Lエンジンとモーター1基を搭載。JC08モード燃費は24.2km/L。ジェイドの購買ターゲットは、プレファミリー層および子育てを終えた中高年層。ハイブリッドモデルにスポーティーな「RS」を用意し、走り重視のユーザーにもアピールする。

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトもご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!