初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ新型ロータリーレンジエクステンダーが東京モーターショーに登場か?

マツダがロータリーエンジンを搭載した新型レンジエクステンダーEVを東京モーターショー2019でサプライズ発表か?

マツダ新型REレンジエクステンダー サプライズ発表の期待高まる!

マツダ微博 次期型ロータリーエンジン

長安マツダが微博にて公開した画像

東京モーターショー2019にて、マツダからロータリーエンジンを搭載した新型レンジエクステンダーEVがサプライズ発表される可能性があります。

REレンジエクステンダーEVは、2030年までに開発/発表を行うエコカーのうちの1モデル。モーターの発電に使用するエンジンに、マツダのお家芸であるロータリーエンジンを採用するものです。

新型ロータリーエンジンの登場を名言

新型ロータリーレンジエクステンダーEVが発表される可能性があるのは、マツダが次世代のロータリーエンジンを公開することを決定したため。

中国の長安マツダはSNS「微博(ウェイボー)」にて、次世代ロータリーエンジンを公開すると発表しました。画像には「ロータリーエンジンが世界をもっと美しくする」と記載されています。このロータリーエンジンが、レンジエクステンダーとして採用される可能性が高いのです。

マツダは2017年の東京モーターショーにて、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして復活させる計画に言及。レシプロエンジンよりもはるかに静粛性が高いロータリーエンジンは、レンジエクステンダーには最適ということです。

マツダ2をベースにしたレンジエクステンダーEVか?

マツダは2013年に、マツダ2をベースにしたREレンジエクステンダーEVのプロトタイプを製作しています。このことを考えると、新型REレンジエクステンダーは現行のマツダ2をベースにして開発される可能性もあるでしょう。

純粋なロータリーエンジンスポーツカーの登場はある?

今回マツダが発表した次世代ロータリーエンジンは、あくまでレンジエクステンダーEV用。2017年にロータリーコンセプトカー「マツダ VISIONクーペ」が登場したことから、RX-7やRX-8などのロータリーエンジンだけを搭載したスポーツカーの開発は進んでいるようですが、まだ確かな情報はありません。

しかし、マツダは先日軽量シャシー構造に関する特許を取得。これはフロント・ミドシップのスポーツカー用とみられるため、新型ロータリースポーツカーの登場に期待が持てるようです。次期型ロータリースポーツカーが登場するとすれば、その車名には「RX-9」が用いられる可能性は高いでしょう。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す