車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

新車で買えるハイブリッドコンパクトカー【2019年最新情報】

新車で買えるハイブリッドコンパクトカー5車種を紹介します。ハイブリッドコンパクトカーは小柄なボディで取り回しがよく、すぐれた燃費で人気があります。

新車で買えるハイブリッドコンパクトカーは5車種

小柄なボディで取り回しのいいコンパクトカー。なかでもハイブリッドコンパクトカーはすぐれた燃費で人気があります。新車で買えるハイブリッドコンパクトカーは5車種です。

トヨタ アクア

トヨタ アクア 2019年

新車価格:192.1〜258.1万円

トヨタ アクアはトヨタのハイブリッドシステムを搭載した5ドアのコンパクトハッチバック。プリウスよりも小型軽量で、使い勝手と経済性を高いレベルで両立。2011年に登場し、一時は兄貴分のプリウス以上の人気を誇る。低いルーフラインは空気抵抗を低減させるとともに、スポーティなスタイルで若年層にも人気。後席はやや狭いものの、1〜2人乗りが主なシティコミューターとして高い性能を発揮する。細かな年次改良で登場当初よりも性能向上が図られている。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

トヨタ ヤリス(ヴィッツ)

トヨタ ヤリスはトヨタの最小コンパクトカー。日本販売名は「ヴィッツ」だったが、2019年、4代目へのフルモデルチェンジにより世界名「ヤリス」への統一が発表された。1999年に登場した初代ヴィッツは、その後に登場するコンパクトカーの室内設計やデザインに大きな変革をもたらした車であり、ライバルのフィットやマーチ、デミオなどに大きな影響を与えた。歴代をとおして居住性や走行性能などのバランスは随一であり、日常にマッチした高い使い勝手が特徴。その一方で、高出力エンジンのスポーツモデルも用意され、モータースポーツのベース車両としても人気がある。

トヨタ カローラ スポーツ

トヨタ カローラスポーツ 2019年

新車価格:216.9〜282.4万円

2018年に登場したトヨタ カローラスポーツは、12代目カローラの5ドアハッチバックモデルであり、オーリスの後継にあたる。ワイドボディはスポーティな走りとスタイリングを強調しながら、室内幅も拡張され居住性も向上。上質な内装や、インターネット通信に対応するインフォメーションシステムでプレミアム感が強くなった。エンジンは小排気量ターボとハイブリッドエンジンの2種。ターボモデルには6速MTも用意され多彩な使い方を提案する。

ホンダ フィット

ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019

東京モーターショー2019で発表されたホンダ 新型フィット

初代ホンダ フィットはヴィッツを意識して開発されたホンダの新基準コンパクトカー。スペース効率を追求したボディと省燃費エンジンにより爆発的ヒット。2013年に登場した現行型3代目は、さらなる機構部の小型軽量化による軽快な走りとバランスのよさが特徴。高いユーティリティと動力性能が与えられ、運転支援装備「ホンダセンシング」も標準装備。ハイブリッドシステムは1モーター式の簡易的なものを搭載し、絶対的な性能よりも総合力の高さが光る。

日産 ノート e-POWER

日産 ノートe-POWER 2019年

新車価格:193.7〜249.9万円

ノートは日産のコンパクトカー。ライバルのヴィッツやフィットよりも、ワゴンボディに近く後席居住性が高い。2012年に登場した現行型2代目ノートは、よりスポーティな外観を纏って登場。エンジンで発電しモーターで駆動するシリーズハイブリッドe-POWER」が後に追加され、先進的なコンパクトカーとして2018年のベストセラーを記録した。電力回生ブレーキをコントロールしやすいワンペダルドライブも「e-POWER」の大きな特徴。

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトもご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!