車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

新車で買えるハイブリッドセダン【2019年最新情報】

新車で買えるハイブリッドセダンを国産車・外車合わせて16車種紹介します。静粛性の高さや車体剛性に優れたセダン。ハイブリッドシステムの採用により、走りと燃費に磨きがかかっています。

新車で買える国産ハイブリッドセダンは12車種、輸入セダンは4車種

新車で買える国産ハイブリッドセダンは12車種。トヨタ、ホンダ、日産から販売されています。対する、輸入ハイブリッドセダンはメルセデス・ベンツとメルセデスAMGから4車種販売されています。静粛性の高さや車体剛性に優れたセダン。ハイブリッドシステムの採用により、走りと燃費に磨きがかかっています。

※正規輸入車のみを本記事で掲載しています。

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス 2019年

新車価格:251.8〜347.8万円

世界一の燃費性能を誇るハイブリッドセダンがプリウス。1997年に登場した初代モデルから、代を重ねるごとに性能を性能が向上。現行型4代目では高い燃費性能をもちながら、非ハイブリッド車と同等の走行性能と快適性が与えられ、ハイブリッドカーのスタンダートと認識されるまでに成長。空気抵抗を徹底的に低減させるための近未来的なボディ造形も特徴のひとつ。世代を問わず高い人気を誇るトヨタの代表車。

トヨタ カローラ

トヨタ カローラ 2019年

新車価格:193.6〜275.0万円

トヨタ カローラはトヨタの象徴とも呼べるコンパクトセダン。2019年9月に12代目カローラの販売が開始された。新型カローラはプレミアムスポーツ感が増した内外装が特徴。これまでの大衆車のイメージを一新した。ハイブリッド仕様は1.8Lガソリン+ハイブリッドシステムを採用。ボディサイズは3ナンバーに拡大したものの、先行販売された海外仕様に比べ、日本専用はボディ幅を縮小する配慮がなされている。

トヨタ カローラ アクシオ

トヨタ カローラアクシオ 2019年

新車価格:152.6〜248.2万円

カローラはトヨタの顔との呼べる車。1966年の初代から数えて通算11代目となる現行型カローラアクシオは、ヴィッツのプラットフォームを流用した5ナンバーセダン。ベーシックモデルとして、良好な走行バランスや運転視界など運転のしやすさが特徴であり、踏み間違い防止装置などの運転支援装備も充実。ハイブリッドモデルも追加され、さらに使い勝手が増した。歴代のカローラファンをはじめ、万人に扱いやすい車に仕上げられている。

トヨタ カムリ

トヨタ カムリ 2019年

新車価格:329.8〜434.1万円

カムリは海外で高い人気を誇るFFミドルセダン。2017年に登場した現行型10代目はハイブリッド専用車となり、動力性能と燃費性能を高いレベルで両立。ライバルであるレガシィやアテンザには、とくに燃費性能で大きな差をつけている。ワイドローのスタイリッシュな外観とは裏腹に頭上空間や後席足元は広く、トランクスルーが備わるラゲッジルームも充分な容量。空気抵抗の少ないボディも相まって、長距離の高速ツーリングに最適な1台。

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン 2019年

新車価格:460.6〜690.6万円

クラウンは、1955年の初代からトヨタの上級セダンを担う車。2018年に登場した現行型15代目はスポーツカーのような流麗なセダンへと進化。新型プラットフォームによって、低重心と軽量化、高剛性化を推し進め、優れた運動性能を発揮する。ハイブリッドエンジンは2種類。2.5Lは省燃費性と静粛性を重視したコンフォートモデル。3.5Lは圧倒的な動力性能を発揮するプレミアムセダンとしてのキャラクターが与えられている。

トヨタ センチュリー

トヨタ センチュリー 2019年

新車価格:1960.0万円

センチュリーはトヨタの最上位に位置する要人護送用セダン。細部に日本の伝統工芸技術を用い、専門の熟練工によって手作業で組み上げられるトヨタの最高級車。初代は1967年に登場した後30年に渡って製造が続けられた。現行型3代目はハイブリッドエンジンや予防安全装備を搭載し2018年に登場。伝統的なスタイリングを踏襲しつつ、最新テクノロジーによってあらゆる面が現代基準で刷新され、より安全で快適な移動を可能にする。

ホンダ レジェンド

ホンダ レジェンド 2019年

新車価格:707.4万円

長きにわたりホンダのフラッグシップセダンを担い続けるレジェンド。初代は1985年に登場し、高級ブランドアキュラの最上位車としてGSやフーガがライバルとなる。2015年に登場した現行型5代目はNSXと同じ3基のモーターを用いた4WDシステムにより、卓越した走行安定性と旋回性能を発揮。特徴的なジュエルLEDをヘッドライトや上質な内外装、優れた運転支援装備を備えた大型スポーツセダン。

ホンダ アコード

ホンダ アコード 2019年

新車価格:385.0〜410.0万円

アコードは1976年から販売され続けるロングセラーセダン。扱いやすいミドルサイズボディと、高い動力性能で世界中で高い人気を維持し続ける。9代目アコードからはハイブリッド専用車となり、大トルクモーターを主体としたハイブリッドシステムが搭載され、世界トップクラスの燃費性能を発揮する。身長185cmのアメリカ基準で設計されたゆとりのある車内空間も特徴。ライバルは同じくアメリカで高い人気を誇るカムリ。

ホンダ インサイト

ホンダ インサイト 2019年

新車価格:326.1〜362.8万円

初代インサイトは省燃費を追求したハイブリッドクーペ。2代目はハイブリッドセダンとして、ライバルのプリウスと省燃費合戦を繰り広げた。2018年に登場した現行型3代目は、美しい外観のプレミアムミドルセダンへと一新。搭載される1.5Lエンジンは発電に徹し、高速巡航時のみ駆動力を伝えるため変速機も不要。2モーター式ハイブリッドシステムは、ほとんどの状況下をモーターのみで走行し、動力性能と燃費性能を両立する。

ホンダ グレイス

ホンダ グレイス 2019年

新車価格:176.9〜256.9万円

グレイスは2013年に登場したハイブリッド専用コンパクトセダン。フィットをセダンに仕立てたモデルであり、カローラアクシオがライバル。補強による重量増で燃費性能はフィットに劣るものの、直進安定性や静粛性、乗り心地ではフィットを上回る。シートフレームには上級モデルと同じものを使用したり、後席エアコンダクトも備わるなど、フィットよりも豪華な居住空間が特徴。トランクスルーが備わるため長尺物も積み込める。

日産 フーガ

日産 フーガ 2019年

新車価格:419.3〜683.5万円

フーガは日産および高級ブランド・インフィニティの上級セダン。セドリック/グロリアの後継として登場し、現行型2代目はさらに高級車らしい堂々とした風貌へと進化した。大排気量エンジンに加え、加速性能と燃費性能を両立するハイブリッドエンジンを追加し、ライバルのクラウンやレジェンドに対抗する。内装は木目パネルと本革シートが奢られ、長大なホイールベースがもたらす室内長はクラスを超えた快適性をもたらす。

日産 スカイライン

日産 スカイライン 2019年

新車価格:427.4〜632.7万円

スカイラインは古くから日産を代表するスポーツセダン。11代目を境に高級化が進み、現行型13代目はプレミアムスポーツセダンと呼ぶにふさわしい車へと進化した。シャシーは格上となるフーガのプラットフォームを短縮して採用。操作性に関しては電子制御化を進めながらも、スポーツドライビングが楽しめるように調整されている。運転支援装備「プロパイロット」やハイブリッドエンジンも搭載され多様なニーズに対応するセダンに仕上がっている。

日産 シーマ

日産 シーマ 2019年

新車価格:794.6〜902.6万円

バブル好景気まっただなかに登場した日産の最高級セダン・シーマ。持て余すほどの高級装備と動力性能を備え、高価にも関わらず幅広い年代層が買い求める「シーマ現象」を引き起こした。現行型5代目は、ライバルのLSやSクラスよりも安価でありながら、熟練工の手作業による組み立てと、ベテランテストドライバーによって入念なチェックが施される高品質が特徴。コストダウンが図られながらも質実剛健な高級感を残すショーファードリブンカー。

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン

メルセデスベンツ Cクラス セダン 2019年

新車価格:455.0〜588.0万円

Cクラスは、世界中で高い人気を集めるミドルセダン。2014年に登場した現行型4代目は、メルセデス・ベンツらしい上質感を備えながらも、いっそうの軽量化とエンジン小排気量化を推し進め、環境性能を高めている。2019年には大規模な改善を施すとともに、BSGと呼ばれる48Vマイルドハイブリッドモデル「C200」を追加。排気量はわずか1.5Lながら、ターボとモーターアシストにより小排気量を感じさせない走りが魅力。

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン

メルセデスベンツ Eクラス セダン 2019年

新車価格:715.0〜1074.0万円

メルセデス・ベンツのなかでもっとも古い歴史を持つセダンがEクラス。その大元は1953年のW120にまで遡る。Eクラス名前で登場したのは1985年。それ以来アッパーミドルセダンの世界王者として君臨し続ける。2016年に登場した現行型5代目は、豊かなエンジンバリエーションが特徴。マイルドハイブリッド「BSG」搭載モデルは、わずか排気量1.5Lのターボエンジンで1.7tを超えるボディを駆動するのに充分な動力性能を発揮する。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン

メルセデスベンツ Sクラス セダン 2019年

新車価格:1138.0〜2404.0万円

Sクラスは、メルセデス・ベンツのフラッグシップセダン。洗練された内外装と、広大な室内長による高い快適性を備え、世界中の裕福層から高い支持を受ける。環境問題の高まる昨今でも現行型6代目にはV8やV12エンジンを搭載するが、エンジンの高効率化も進められている。2018年には新開発の3.0L直6ターボエンジンが追加。ハイブリッドシステムと電動スーパーチャージャーを組み合わせ、大排気量エンジン並の性能を発揮する。

メルセデスAMG E53 4MATIC+ セダン

メルセデスAMG E53 4MATIC+ セダン 2019年

新車価格:1226.0万円

E53は、Eクラスのハイチューンドモデル。435PSまでパワーアップされた3.0L直6ターボハイブリッドエンジンをはじめ、4WDシステムや変速機、サスペンションに至るまでAMGのチューンが施される。アクセルを踏み込んだ瞬間からモーターアシストがはじまり、100km/hまでの到達時間はわずか4.5秒。スーパースポーツカー並のスペックをもちながらJC08モード燃費10km/Lを誇る次世代のハイパフォーマンスセダン

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトもご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!