初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

2018年に完成!空飛ぶ自動運転車TF-Xはオリンピックに間に合うか?

空を飛ぶ、自動運転車の登場です。自動運転だけでも十分近未来なのに、さらにその自動運転車が空も飛んじゃうみたいです。完成までには少し時間がかかるようですが、こんな映画みたいな未来がすぐそこまでやってきていると思うとわくわくします。そこで今回はその空を飛ぶ自動運転車TF-Xの情報をまとめてみました。

空を飛ぶ自動運転車TF-X

この圧倒的未来フォルムですが、なんとこの乗り物、空を飛ぶ自動運転車だというのです。

今回この圧巻のUFOを作り上げようというのは、アメリカのマサチューセッツ州の「Terrafugia」という会社です。

2018年までに空を飛ぶ自動運転車TF-Xの試作品を完成させるといわれています。2025年までには一般販売の予定ということです。

免許もいらない?

飛行機を運転する場合は、現行の法律上もちろん免許が必要となるが、この車は違います。

自動運転ということで、セミオートで動くこの自動運転車TF-Xには免許はいりません。自動運転なのだがら搭乗者がハンドルを握らないことを考えれば当然といえば当然です。

乗ってさえすれば、勝手に目的地まで連れて行ってくれるのだから、体調が悪かったり、酔っ払ったりしていても乗車することができるそうです。

本当に実用化できるの?

離陸するときに必要になる滑走路には、空いた状態の一般道を仕様する予定なのだそうだが、法整備や道路の空き状況などまだまだ課題は山積していると言わざるをえません。

しかし、飛行可能の割には車はそこまで大きくはなく、羽さえ畳めば一般家庭のガレージにも収容ができるといった実用化に向けた希望的観測も望めそうです。

気になる価格と性能は?

今のところ価格は3000万円ほどを予定していて、約800キロの距離を時速320キロで飛行するというから驚きです。これからの動向に注目です。

未来に期待

空飛ぶ自動運転車TF-Xは非常に画期的な自動車と言えます。正式に導入されるのが楽しみです。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す