車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【富士山スカイライン】お役立ちドライブ情報|絶景ポイントとマイカー規制

富士山スカイラインとは?

富士山スカイラインとは、富士山の南側山麓を東西に走る山岳道路で、静岡県御殿場市中畑から同県富士宮市山宮までの、静岡県道23号御殿場富士公園線~同152号富士公園太郎坊線~同180号富士宮富士公園線の3路線で構成、正式名称は「表富士周遊道路」となっています。なお、富士山スカイラインは次の「周遊区間」と「登山区間」に分かれています。

富士山スカイライン「周遊区間」

静岡県道23号線~同180号線の約34kmが「周遊区間」。

富士山スカイライン「山岳区間」

静岡県道152号線の約4kmで、かつては有料道路で1994年に無料開放されたのが「山岳区間」。この区間は夏場にマイカー規制が敷かれます。(詳細は後述)

富士山スカイライン 旧料金所跡

山岳区間の入口。昔はこのすぐ先に料金所があった。現在は一部設備だけが残されている。

県道180号線から曲がると料金所の跡があります。

御殿場市側始点

富士山スカイライン

陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地前

富士山スカイライン御殿場市側の路線上の始点は御殿場市中畑の交差点となっていますが、実際的には景観が良くなる陸上自衛隊駐屯地の正門あたりの交差点からスタートでしょう。

富士宮市側始点

路線上の富士宮市側始点がしばらくは民家や商店などが多く、スカイライン的な道路ではないため、景観が良くなる「篠坂」交差点からが実際的な始点とした方がよいでしょう。

「植松商店」という名のエネオスが目印です。

富士山スカイライン

篠坂交差点から富士山スカイラインを少し入ったところにある富士山エリア案内標識

「南富士エバーグリーンライン」からもアクセス可

人工スキー場「スノータウンYeti(イエティ)」(イエティ)や遊園地「ぐりんぱ」へアクセスする南富士エバーグリーンラインと交差しています。後述する水ヶ塚公園のすぐ近くにあります。

マイカー規制

前述の山岳区間、富士宮口(二合目から富士宮口五合目)まで毎年7月10日から9月10日までは、マイカー規制となり自家用車は乗り入れることができません。マイカー規制期間中は後述する水ヶ塚公園で車を駐めて新五合目までのシャトルバスに乗り換えとなります。

マイカー規制中でも通行可能な車両は、乗車定員11名以上のバス、マイクロバス、タクシー、身体障害者乗車車両となり、EV電気自動車)、FCV燃料電池自動車)はマイカーでも通行が可能となる例外があります。

富士山スカイライン 旧料金所跡

山岳区間の入口。昔はこのすぐ先に料金所があった。現在は一部設備だけが残されている。

水ヶ塚公園

前述したマイカー規制期間中のシャトルバス等への乗り換えの駐車場となるのが、ここ水ヶ塚公園。トイレなどの休憩で1時間以内の利用なら駐車料金は不要です。通常の駐車料金は1日一律1,000円。

富士山スカイライン 水ヶ塚公園 遊歩道

水ヶ塚公園には遊歩道があります。散策におすすめ。

富士山スカイライン 須山口登山歩道

水ヶ塚公園沿いの道路を渡ってすぐにある、富士山須山口登山歩道の入口。

紅葉シーズンは絶景「かえでの里」

Googleマップでは「富士山自然の森 市民憩いの森」の登録しかありませんが、この地点の道路を挟んだ反対側に「かえでの里」があります。大きな楓が無数に平地の上に植えられており、紅葉シーズンには風光明媚なポイントとなります。

御殿場ルート 新五合目は絶景ポイント

富士山スカイライン 御殿場口新五合目への入口

御殿場口新五合目への入口

水ヶ塚公園から御殿場方面へ約4.5km地点に、御殿場ルート新5合目まで通じる山岳路の入口があります。この入口から御殿場ルート新五合目駐車場までは約1.6km。ここはマイカー規制が敷かれない道路です。

新五合目駐車場は富士山と麓の両方が見える、富士山スカイラインで最大級の絶景ポイント。

新五合目駐車場にな何やら不思議な建造物が…この建造物が何か知りたい方は下記の記事をご覧ください。この記事で絶景画像もお届けします。

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、リンクや画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトもご覧ください。

富士山は日本三大パワースポットの一つ

どうやら、富士山は日本三大パワースポットのようです。他の2つのパワースポットも取材済。下記の記事からご覧ください。

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、リンクや画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトをご覧ください。

取材の足は「DS 3 Crossback SUV」

この記事の画像に映り込む車は「DS 3 Crossback SUV」。おしゃれなおフランスのおクルマです。夜が似合う都会派SUVですが、大自然の中を走っても素敵です。乗り心地、走り心地も素敵です。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

この記事の執筆者

宇野 智(MOBY)この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す