初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ボディタイプ&ジャンル別 最新中古車人気ランキング2019

軽自動車からミニバン、SUVまで、人気の中古車をボディタイプやジャンルごとにランキング。おすすめ車種ベスト5を紹介します。

ボディタイプ&ジャンル別 人気の中古車ベスト5は?

軽自動車やミニバンSUVといったボディタイプ、ハイブリッドカーやキャンピングカーなどのジャンルごとに、人気の中古車をランキング形式で紹介します。中古車選びの参考にしてみてください。

軽自動車

1位 ホンダ N-BOX

中古車人気ランキング 2019 ホンダ N-BOX

軽自動車トップの人気を誇るスーパーハイトワゴン。「N」シリーズ最初のモデルとして登場した。天井が高く使いやすい車内と、質感の高い走りが魅力。2代目モデルは「Honda SENSING」を標準装備する。

2位 ダイハツ タント

中古車人気ランキング 2019 ダイハツ タント

スーパーハイトワゴンの草分け的存在。ファミリーユースに適する装備が魅力。2代目以降はスライドドアを採用。助手席側に大開口のミラクルオープンドアを備える。車内の広さと多彩なシートアレンジもタントの魅力。

3位 スズキ スペーシア

中古車人気ランキング 2019 スズキ スペーシア

便利で低燃費なスーパーハイトワゴン。初代はJC08モード燃費29.0km/hを実現。現行型は全車マイルドハイブリッドとなっている。実用的な車内もスペーシアの魅力。子供の乗車を念頭に多数の収納を備える。

4位 スズキ ワゴンR

中古車人気ランキング 2019 スズキ ワゴンR

スズキの代表的ハイトワゴン。現在までに5度のフルモデルチェンジを行っている。走りのよさと広い車内がワゴンRの魅力。2代目より車体サイズが拡大。3代目からは「スティングレー」をラインナップに加えている。

5位 スズキ アルトラパン

中古車人気ランキング 2019 スズキ アルトラパン

キュートなルックスの軽ハッチバック。背の低い箱形ボディが特徴。「ラパン」はフランス語のウサギを意味する。“愛着のもてる道具”が基本コンセプト。現在までに2度フルモデルチェンジし、基本性能を高めている。

6位 ダイハツ ミライース

中古車人気ランキング 2019 ダイハツ ミライース

低価格・低燃費な軽ハッチバック。「エコ&スマート」をコンセプトとする。30km/Lを超える燃費がミライースの魅力。安価な車種ながらデザイン性と安全性も高い。2017年に初のフルモデルチェンジを行った。

コンパクトカー

1位 トヨタ アクア

中古車人気ランキング 2019 トヨタ アクア

コンパクトなハイブリッド車。フルモデルチェンジなしで7年以上販売が続くロングセラー。5ナンバーサイズボディに直4 1.5Lエンジン+モーターを搭載する。JC08モード燃費は33.8〜38.0km/L。

2位 日産 ノート

中古車人気ランキング 2019 日産 ノート

オールマイティに使えるコンパクトカー。初代はミニバン風スタイル、2代目はハッチバックスタイルを採用する。扱いやすいボディサイズと広い車内がノートの魅力。ハンドリングは直進安定性重視。長距離走行に向く。

3位 ホンダ フィット

中古車人気ランキング 2019 ホンダ フィット

ホンダのベストセラーコンパクト。広く使いやすい車内と、男女問わず好まれるデザインを魅力とする。現在までに2度のフルモデルチェンジを実施。2010年よりフィットハイブリッドがラインナップに加わっている。

4位 マツダ デミオ

中古車人気ランキング 2019 マツダ デミオ(Mazda2)

20年以上の歴史をもつコンパクトカー。初代デミオは小型ワゴンとして登場した。3代目からは欧州車風ハッチバックへと路線変更している。初代〜2代目は実用性、3〜4代目はデザイン性と走りのよさを魅力とする。

5位 スズキ スイフト

中古車人気ランキング 2019 スズキ スイフト

スズキのスポーティーコンパクト。2000年2月に初代モデルが登場。3度のフルモデルチェンジを経て現行型に至る。初代スイフトは軽自動車ベースの小型車、2代目以降はスポーツ志向の世界戦略車という位置づけ。

ミニバン

1位 トヨタ アルファード

中古車人気ランキング 2019 トヨタ アルファード

トヨタの最上級ミニバン。大柄なボディに3列シートと豪華装備を搭載する。2002年に初代モデルが登場。現在までに受けたフルモデルチェンジは2回。2003年7月にはアルファードハイブリッドが登場している。

2位 日産 セレナ

中古車人気ランキング 2019 日産 セレナ

ミディアムクラスのミニバン。1991年に初代が登場。現在までに4度フルモデルチェンジを行っている。初代セレナのみFRベース。2代目以降はFFベースとなっている。ベースグレードは全世代5ナンバーサイズ。

3位 トヨタ ヴェルファイア

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ヴェルファイア

精悍な顔つきの最上級ミニバン。アルファードの兄弟車であり基本性能は共通。エクステリアのテイストが異なる。二段式ヘッドライトがヴェルファイアのトレードマーク。2015年に初のフルモデルチェンジを行った。

4位 トヨタ ヴォクシー

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ヴォクシー

クールなルックスのミドルサイズミニバン。姉妹車ノアとともに2001年にデビューした。現在までに2度フルモデルチェンジしている。3列シートを備え、乗車定員は7・8名。初代と2代目には2列シート車も設定されていた。

5位 トヨタ ノア

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ノア

ベーシックなミドルクラスミニバン。姉妹車ヴォクシーとの違いはエクステリア。ノアは親しみやすいデザインを採用する。FFレイアウトによる広い室内と両側スライドドアが魅力。3代目モデルでハイブリッド車が初設定された。

SUV・クロスカントリー

1位 スズキ ジムニー

中古車人気ランキング 2019 スズキ ジムニー

本格オフロード走行が可能な軽SUV。初代登場より50年近い歴史をもつ。約半世紀の間に受けたフルモデルチェンジは3度。歴代を通じて頑強なラダーフレームを採用している。悪路走破性能の高さがジムニー最大の魅力。

2位 トヨタ ランドクルーザープラド

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ランドクルーザープラド

街乗りからオフロード走行までこなす本格SUV。ランドクルーザーのライトデューティーモデルにあたる。1990年に初代が登場。現行型は4代目。初代より一貫してラダーフレームを採用する。乗車定員は5〜8名。

3位 日産 エクストレイル

中古車人気ランキング 2019 日産 エクストレイル

「タフギア」を名乗るミドルサイズSUV。高い悪路走行性能と、防水・撥水加工の車内を特徴とする。2000年に初代が登場。現行の3代目エクストレイルでは、3列シート車とハイブリッド車をラインナップに加えている。

4位 トヨタ ハリアー

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ハリアー

ラグジュアリーSUVの草分け的存在。高級感ある内外装がハリアーの魅力。走りはオンロード重視。ロングツーリングに適する。現在までに2度フルモデルチェンジ。2代目よりハイブリッド車がラインナップに加わった。

5位 マツダ CX-5

中古車人気ランキング 2019 マツダ CX-5

ミドルクラスのクロスオーバーSUV。ガソリン車とディーゼル車をラインナップする。2017年に初のフルモデルチェンジを果たした。ファン・トゥ・ドライブがCX-5の信条。オンロードでの走りのよさを特徴・魅力としている。

ワゴン

1位 スバル レガシィツーリングワゴン

中古車人気ランキング 2019 スバル レガシィツーリングワゴン

スポーティーなステーションワゴン。1989年に初代が登場。4度フルモデルチェンジされ、5代目を最後に廃止となった。水平対向エンジンを搭載。駆動形式は4WD。歴代モデルにはハイパワーなターボグレードが設定されていた。

2位 スバル レヴォーグ

中古車人気ランキング 2019 スバル レヴォーグ

高い走行性能を誇るスポーツワゴン。レガシィツーリングワゴンの後継車種にあたる。全車4WD。水平対向4気筒ターボエンジンを搭載する。排気量は1.6Lないし2.0L。後者は最高出力221kW[300PS]とハイパワー。

3位 BMW 3シリーズツーリングワゴン

中古車人気ランキング 2019 BMW 3シリーズツーリング

BMWの基幹車種が3シリーズ。ワゴンモデルは「ツーリング」を名乗る。初出は1989年。2代目3シリーズに設定された。以後、歴代3シリーズにラインナップされている。なお、2代目ツーリング(E36型)は正規輸入されなかった。

4位 MINI

中古車人気ランキング 2019 MINI MINI

MINIはBMWのコンパクトカーブランド。ワゴンモデルに「クラブマン」を用意。観音開きのリアドア「スプリットドア」を特徴としている。2013〜2014年には2シーターワゴン「クラブバン」もラインナップしていた。

5位 メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン

中古車人気ランキング 2019 メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン

FRレイアウトのミドルサイズワゴン。1996年に初代が登場。3度フルモデルチェンジしている。広く使いやすいラゲッジスペースと、セダンに比肩する走りのよさが魅力。ガソリンモデルとディーゼルモデルをラインナップする。

セダン

1位 トヨタ プリウス

中古車人気ランキング 2019 トヨタ プリウス ハイブリッド

世界初の量産型ハイブリッドカー。1997年に初代が登場。現在までに3度フルモデルチェンジしている。卓越した燃費性能がプリウスの魅力。初代の燃費は28.0km/L(10.15モード)。代を重ねる毎に燃費を向上させている。

2位 トヨタ クラウン

中古車人気ランキング 2019 トヨタ クラウン

60年以上の歴史をもつ高級セダン。1955年に初代が登場。日本初の純国産高級車としてデビューしている。以後、受けたフルモデルチェンジは14度。長い歴史のなかで「マジェスタ」「アスリート」などの名グレードが登場した。

3位 メルセデス・ベンツ Cクラスセダン

中古車人気ランキング 2019 メルセデスベンツ Cクラスセダン

セダンのベンチマーク的車種。メルセデスFRセダンのエントリーモデルにあたる。1993年に初代がデビュー。現行型は4代目。歴代Cクラスセダン共通の特徴は、コンパクトな車体、高級感ある内外装、軽快な走り。

4位 BMW 3シリーズ

中古車人気ランキング 2019 BMW 3シリーズ

FRレイアウトのベーシックセダン。BMWの主力車種にあたる。1975年に初代3シリーズが登場。2ドア車のみがラインナップされた。2代目より4ドアセダンおよびディーゼル車が登場。以後5度のフルモデルチェンジを受けている。

5位 日産 スカイライン

中古車人気ランキング 2019 日産 スカイライン

約60年の歴史をもつセダン。1957年に初代が登場した。現行スカイラインは13代目。歴代モデルは「ハコスカ」「鉄仮面」などの愛称をもつ。全世代を通じてFRレイアウトを採用。8代目モデルより4WD車も選べるようになった。

クーペ

1位 トヨタ 86

中古車人気ランキング 2019 トヨタ 86

ハンドリング重視のFRスポーツ。2012年4月発売。車名は名車「AE86」にあやかる。水平対向4気筒2.0Lエンジンを搭載。乗車定員は4名。6AT車と6MT車をラインナップする。高い旋回性能と操作フィールが86の魅力。

2位 日産 スカイライン

中古車人気ランキング 2019 日産 スカイライン

日産のスポーティークーペ。1962年に初代が登場。以後、12代目まで代を重ねる(2ドアハードトップ含む)。基本レイアウトはFR。3〜4代目、8〜10代目にはハイスペックグレード「GTR」が設定された。

3位 ポルシェ 911

中古車人気ランキング 2019 ポルシェ 911

ポルシェが誇るフラッグシップスポーツ。1964年に初代が発売された。RRレイアウトを採用。3代目より4WD車も選択可能に。多彩なグレード展開も911の特徴。基本モデルは「カレラ」。頂点には「GT2 RS」が君臨する。

4位 日産 フェアレディZ

中古車人気ランキング 2019 日産 フェアレディZ

50年の歴史をもつスポーツモデル。1969年に初代が登場。現在までに5度のフルモデルチェンジを受けている。ショートデッキ、ファストバックスタイルがフェアレディZの特徴。駆動形式はFR。5代目より全車2シーターとなった。

5位 トヨタ スープラ

中古車人気ランキング 2019 トヨタ スープラ

トヨタ最強のスポーツクーペ。日本での初出は1986年。2度のフルモデルチェンジを経て現行型に至る。全世代を通じてFRを採用。トップグレードには強力なターボエンジンを搭載する。2代目スープラは現在でも人気が高い中古車。

オープンカー

1位 マツダ ロードスター

中古車人気ランキング 2019 マツダ ロードスター

国産オープンスポーツの代表的車種。1989年9月に初代が登場した。軽量ボディとFRレイアウトによる“人馬一体”の走りが魅力。全車2シーター。3度のフルモデルチェンジを受けている。初代ロードスターは現在も人気が高い。

2位 ダイハツ コペン

中古車人気ランキング 2019 ダイハツ コペン

ダイハツの軽オープンスポーツ。“親しみやすいオープンカー”をモットーとする。乗車定員は2名。駆動形式はFF。電動ハードトップを備える。2002年に初代コペンが登場。2014年にフルモデルチェンジした。

3位 ホンダ S660

中古車人気ランキング 2019 ホンダ S660

MRレイアウトの軽オープン2シーター。直3 660ccターボエンジンを搭載。6MT車とCVT車をラインナップする。屋根は脱着式の幌タイプ。左右から巻き取るようにして取り外す。痛快なコーナリング性能がS660の魅力。

4位 MINIコンバーチブル

中古車人気ランキング 2019 MINI MINIコンバーチブル

MINIブランドのオープントップモデル。電動ソフトトップを備える。2004年9月に初代が登場。現行型は3代目にあたる。歴代MINIコンバーチブルはいずれも4人乗りの2ドア。グレードは「クーパー」「クーパーS」の2本立て。

5位 ポルシェ 911

中古車人気ランキング 2019 ポルシェ 911

911のオープンカーが「カブリオレ」と「タルガ」。カブリオレは開閉可能な幌を備えるモデル。カレラ、ターボなど各種911にバリエーションとして設定される。タルガは独立したモデル。脱着式(もしくは格納式)のルーフを備える。

トラック・軽トラック

1位 ダイハツ ハイゼットトラック

中古車人気ランキング 2019 ダイハツ ハイゼットトラック

60年近い歴史をもつ軽トラック。初出は1960年11月。ボンネットトラックとして登場した。2代目よりキャブオーバータイプに。以後、現行の10代目まで代を重ねる。2010年より9年続けて軽トラック販売台数トップを獲得。

2位 スズキ キャリイ

中古車人気ランキング 2019 スズキ キャリイ

軽トラックのロングセラー。1961年に「スズライト キャリイ」の名称で登場した。3代目モデルより「キャリイ」に車名変更。ボディサイズや排気量を拡大させつつ、現行の11代目まで進化を続ける。累計販売台数は440万台以上。

3位 ホンダ アクティトラック

中古車人気ランキング 2019 ホンダ アクティトラック

1977年デビューの軽トラック。現在までに3度フルモデルチェンジしている。歴代を通じてMRレイアウトを採用。その設計から「農道のフェラーリ」の愛称をもつ。3代目のみセミキャブオーバータイプのボディを採用している。

4位 日産 NT100クリッパー

中古車人気ランキング 2019 日産 NT100クリッパー

日産ブランドの軽トラック。他メーカーよりOEM供給を受けて販売される。初代は2003年9月に登場。三菱 ミニキャブトラックのOEM車にあたる。2013年12月には2代目が発売。こちらはスズキ キャリイのOEMモデル。

5位 スバル サンバートラック

中古車人気ランキング 2019 スバル サンバートラック

半世紀以上の歴史をもつ軽トラック。初代〜6代目はスバルが開発、7代目からはハイゼットトラックのOEM車となった。スバル開発時代のサンバートラックはRRレイアウトが特徴。独自の仕様から「農道のポルシェ」の愛称をもつ。

ハッチバック

1位 トヨタ アクア

中古車人気ランキング 2019 トヨタ アクア

ハイブリッドシステム搭載のハッチバック。2011年12月発売。コンパクトなボディと低燃費を特徴とする。多彩なモデル展開もアクアの特徴。通常グレードのほかにクロスオーバーモデルやスポーツモデルを用意する。

2位 日産 ノート

中古車人気ランキング 2019 日産 ノート

日産のコンパクトハッチバック。初代はルーフの長いワゴン風スタイルで登場した。2012年にフルモデルチェンジ。躍動感あるハッチバックらしいスタイルに転身。2014年にはスポーティーバージョン「NISMO」が登場している。

3位 ホンダ フィット

中古車人気ランキング 2019 ホンダ フィット

コンパクトな5ドアハッチバック。2001年6月に初代が登場した。センタータンクレイアウトにより広い車内を実現。駆動形式はFFもしくは4WD。2代目よりスポーツグレード「RS」が登場。3代目ではデザインを一新した。

4位 マツダ デミオ

中古車人気ランキング 2019 マツダ デミオ(Mazda2)

マツダのコンパクトモデル。世代によりコンセプトが異なる。初代〜2代目はワゴン風ハッチバック。3代目よりスポーティーなハッチバック車となる。4代目では「魂動」デザインを採用。ディーゼルエンジン車をラインナップに加えた。

5位 ホンダ シビックハッチバック

中古車人気ランキング 2019 ホンダ シビックハッチバック

FFレイアウトのコンパクトカー。歴代モデルにハッチバック車をラインナップする(9代目は日本未発売)。1972年に初代シビックが登場。現行型は10代目。6代目よりラインナップにスポーツグレード「タイプR」が加わっている。

キャンピングカー

1位 トヨタ ハイエース

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ハイエース

広大な車内スペースをもつワンボックスカー。商用バンとワゴンをラインナップする。駆動形式はFR/4WD。1967年に初代がデビューした。2〜4代目は高級路線で進化。現行の5代目で輸送車路線に立ち返った。

2位 日産 キャラバン

中古車人気ランキング 2019 日産 NV350キャラバン

40年以上の歴史をもつバン・ワゴン。トヨタ ハイエースのライバル車にあたる。1973年に初代モデルが登場。3代目でワゴンが廃止。商用モデルのみのラインナップに。5代目より「NV350キャラバン」に名称変更している。

3位 スズキ エブリイ

中古車人気ランキング 2019 スズキ エブリイ

エブリイはスズキの軽バン・軽ワゴン。1982年に初代が登場した。現行型は6代目。4代目よりワゴンは「エブリイワゴン」を名乗る。ほぼ全世代を通じてFRレイアウトを採用(3代目のみMR)。4WD車もラインナップする。

4位 ホンダ N-VAN

中古車人気ランキング 2019 ホンダ N-VAN

ホンダ「Nシリーズ」初の商用車。スタンダードなバンのほか、ホビーユースモデルもラインナップする。センターピラーレス構造を採用。助手席側開口幅1,580mmを実現している。リアシートおよび助手席はフルフラット化が可能。

5位 フィアット デュカト

中古車人気ランキング 2019 フィアット デュカト

フィアットの大型商用バン。貨物車・旅客輸送車として欧州でメジャー。キャンピングカーのベース車としても人気が高い。1981年に初代が登場。現在までに2度のフルモデルチェンジを経ている。日本における正規輸入はなし。

ハイブリッドカー

1位 トヨタ アクア

中古車人気ランキング 2019 トヨタ アクア

5ナンバーサイズのコンパクトハイブリッド。1.5Lエンジンベースのハイブリッドシステムを搭載する。モデル登場時のJC08モード燃費は最大35.4km/L。2017年6月のマイナーチェンジで最大38.0km/Lに向上した。

2位 日産 ノートe-POWER

中古車人気ランキング 2019 日産 ノートe-POWER

シリーズ式ハイブリッド採用のコンパクトカー。エンジンは発電に徹しモーターのみで駆動。EVに近い運転感覚を味わえる。JC08モード燃費は最大37.2km/L。2016年にはスポーツグレード「NISMO」が登場した。

3位 トヨタ プリウス

中古車人気ランキング 2019 トヨタ プリウス

国産ハイブリッド車の草分け的存在。初代〜2代目は直4 1.5Lエンジンベースのハイブリッドシステムを備える。3代目より排気量が1.8Lにアップした。4代目プリウスではJC08モード燃費40.8km/Lを達成している。

4位 トヨタ ヴォクシー

中古車人気ランキング 2019 トヨタ ヴォクシーハイブリッド

トヨタのスタイリッシュミニバン。3代目でハイブリッド車が登場した。パワートレインは直4 1.8Lエンジン+モーター。乗車定員は7名。毒気のあるデザインはガソリンモデルと変わらない。JC08モード燃費は23.8km/L。

5位 トヨタ C-HR

中古車人気ランキング 2019 トヨタ C-HR ハイブリッド

近未来的フォルムのコンパクトSUV。2016年12月発売。ガソリン車とハイブリッド車をラインナップする。ハイブリッドモデルは直4 1.8L+モーターを搭載。JC08モード燃費30.2km/Lを達成している。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!