初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ルノー新型トゥインゴ マイナーチェンジ!ピエール・エルメ・パリのお月見イベントも開催

2019年8月22日、ルノー 新型トゥインゴが発売開始に。発売を記念し、ピエール・エルメ・パリとのコラボレーションイベントが開催されました。マイナーチェンジで外装デザインをが変更になったトゥインゴ。インパネスクリーンはスマホのミラーリングも利用可能です。

新型トゥインゴ×ピエール・エルメ・パリ「お月見」イベント

2019年8月24日、新型トゥインゴの発売を記念し、「満月の美しい輝きに照らされるパリ」をテーマに、パリを代表するパティスリー ピエール・エルメ・パリとのコラボレーションイベントが開催されました。

ルノー トゥインゴ 2019 お月見

タイヤの上のダクトは、RR(リアエンジン・後輪駆動)の証。


後ろにエンジンがあっても、ラゲッジルームがあるのはトゥインゴの最大の特徴のひとつ。

会場では新型トゥインゴと写真パネル展示が行われました。

また、お月見にちなんでピエール・エルメ・パリによる、ルノーのロゴをプリントしたオリジナルの月餅(ムーンケーキ)を、5セット限定で販売。同商品は9月からピエール・エルメ・パリ店舗にて販売されます。(※一般販売される商品にはルノーのロゴは入りません)

ルノー トゥインゴ 2019 お月見

特製の証。ルノーのエンブレムが。

ピエール・エルメ・パリの月餅(ムーンケーキ)を試食させていただきました。上品な甘さとしっかりした食感で、和の月餅がフレンチになるとこうなるのか!という新発見を体験できました。

ルノー新型トゥインゴ 8月22日発売!価格は195万円

ルノー トゥインゴ 2019年

※ここから下の画像は、ルノー・ジャポン広報画像。

2019年8月22日、ルノー トゥインゴがマイナーチェンジして発売開始となりました。新型トゥインゴは「トゥインゴEDC」の単一グレードで、価格は195万円です。

トゥインゴはRRのコンパクトハッチバック。愛嬌たっぷりの外観とオシャレなインテリアで、実用的でありながらも個性豊かなキャラクターが人気のモデルです。

マイナーチェンジで外装デザインを変更

新型トゥインゴは、CシェイプLEDランプとCシェイプウインカーを採用。ルノーブランドの新しいデザインアイコンを取り入れました。前後バンパーのデザインも変更されたことで、フロントフェイス全体の印象が変わっています。

サイドストライプはポップなドット柄。このイエローのボディカラーは新色の「ジョン マンゴー」。ボディカラーは計5種類が用意されています。

さらに、フロントバンパーの両サイドにスリットを新設し、空気抵抗の低減効果を。左リアフェンダーに吸気用エアインテークを追加し、後部にマウントするエンジンへ外気を導きます。

このエアインテークは、従来モデルのスポーツグレード「GT」のみに採用されていたもの。マイナーチェンジにより標準グレードの装備となりました。

インパネ内タッチスクリーンはスマホミラーリングが利用可能

新型トゥインゴのインパネには、7インチタッチスクリーンが。スマートフォンのミラーリング機能「EASY LINK(イージーリンク)」機能を持っており、スマホ機能に車から気軽にアクセスが可能です。「Siri」や「Googleアシスタント」の音声操作を活用すれば、スマホに触れずとも機能を利用できます。

室内は、白のインテリアとライトグレーのシートカラーで統一。

センターコンソールにはポケットタイプの収納スペースやUSBポートを2か所用意。スマホ利用に便利なデザインやレイアウトになっている点も実用的です。

車線逸脱警報、タイヤ空気圧警報を標準装備

新型トゥインゴは安全装備として、車線逸脱警報(LDW)を初採用しました。フロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線からはみ出しそうになるとアラーム音で注意を促します。

また、走行中に空気圧が低下するとメーターパネル内の点灯で異常を知らせる「タイヤ空気圧警報」も採用しました。

150台の限定車 トゥインゴ ルコックスポルティフも発売

トゥインゴ ルコックスポルティフ 2019年

※日本仕様車は右ハンドルとなります

トゥインゴのマイナーチェンジを記念して、「トゥインゴ ルコックスポルティフ」が150台限定で発売されます。

ルコックスポルティフは、フランスの総合スポーツメーカー。創業130年以上で、サッカーやサイクリング、テニス、ラグビーといったスポーツをサポートし続けてきました。2018年からはルノーF1チームのオフィシャルサプライヤーとなっています。

トゥインゴ ルコックスポルティフは、専用のブランクオーツMのボディカラーにトリコロールを配した、スポーティでエレガントなデザイン。価格は214万円。8月22日からの発売で、10月下旬からの登録開始を予定しています。

新型トゥインゴ スペックと装備

▼スペック
全長:3,645㎜
全幅:1,650㎜
全高:1,545㎜
エンジン:ターボチャージャー付 直列3気筒DOHC12バルブ
排気量:0.9L
最高出力:92ps/5,500rpm
最大トルク:135N・m/2,500rpm
トランスミッション:6速EDC

▼トゥインゴEDC 装備詳細
CシェイプLEDランプ(フロント/リア)
Cシェイプウインカー(フロント)
新デザインフロント/リアバンパー
新デザインアロイホイール
7インチタッチスクリーン
EASY LINK(スマートフォンミラーリング機能、Bluetoothマルチペアリング機能)
新デザインセンターコンソール
新デザインシフトノブ
LDW(車線逸脱警報)
タイヤ空気圧警報
新車車両価格:¥1,950.000(税込み・消費税率8%)

▼トゥインゴ ルコックスポルティフ 装備詳細
専用ボディカラー: ブラン クオーツM
専用サイドストライプ・専用デカール
ボディ同色サイドプロテクションモール(ルコックスポルティフロゴ入り)
専用キッキングプレート
ルージュドアミラー
プライバシーガラス
コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ
専用16インチアロイホイール
ルージュ内装トリム(ダッシュボード・エアコンベゼル)
専用ロゴプレート
レザー調×ファブリックコンビシート
前席シートヒーター
4スピーカー+サブウーハー
バックソナー+リアカメラ
リアシート下収納ネット
サングラスホルダー
新車車両価格:¥2,140.000(税込み・消費税率10%)

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す