初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【プリンス スカイライン デラックス /ALSID-1型】テールフィンを持つヘリテージの元祖

60年あまりの歴史を持つ日産 スカイラインの元祖は、1957年誕生のプリンス スカイライン(ALSI-1型)。なかでも上位グレード・デラックスはテールフィンを持つ高級セダンです。プリンス スカイライン デラックスとはどのような車だったのか?その魅力を紐解きます。

ルーツは航空機!技術に妥協はしないプリンス自動車の歴史

日産 プリンス スカイライン デラックス フロント サイド

現代のプレミアムカーに位置づけられる重厚感のある初代スカイライン。

日産のヘリテージモデル・ スカイラインの初代「プリンス スカイライン」は、のちにプリンス自動車工業となる富士精密工業によって開発・製造されたのを始まりとしています。

プリンス自動車工業は戦時中に戦闘機製造に携わった立川飛行機の技術者たちが創設した自動車メーカー。東京電気自動車・たま自動車を経て、1952年には社名を「プリンス自動車工業」としています。一時期、社名は富士精密工業としますが、再び社名はプリンス自動車工業へと戻されました。社名の由来となったのは、当時皇太子であった上皇の立太子の礼が執り行われたことによるもので、同社はこののち皇室とは深い縁を持つこととなります。

プリンス自動車はエンジンを始めとする高い設計技術を持ち、非常に先進的な車の開発をすることで知られ、1952年には同社初となるガソリン車「プリンス セダン」を発表。他社の主力が1.0Lにとどまる排気量とするなか、1.5Lにコラムシフト採用の6人乗り大型高級セダンとしたのです。このモデルこそがのちにプリンス スカイラインへと発展。プリンス自動車は一躍大メーカーと肩を並べるほどの注目を浴びますが、経営・販売面では思うように実績はあがらず、1966年には日産自動車と合併。その歴史に幕を閉じることとなりました。

古き良きアメ車を彷彿。プリンス スカイライン デラックスとは

日産 プリンス スカイライン デラックス サイド

サイドにはクロームメッキモール。タイヤはホワイトウォールでスタイリッシュだ。

日産 プリンス スカイライン デラックス リア サイド

リアにほど良く張り出したテールフィンがクラシカルでGood。

スカイラインの初代「プリンス スカイライン」の誕生は1957年。当時の日本は戦後復興期に突入し、トヨタ クラウンやいすゞ ヒルマンミンクスなど高級乗用車も次々とデビュー。そのため、プリンス自動車は既存モデル・プリンス セダンの強力な後継車が必要と判断します。そのモデルこそが「プリンス スカイライン(ALSI-1型)」だったのです。

プリンス スカイラインは1.5Lの高級セダンに位置し、グレードには「スタンダード(ALSIS-1型)」と、上級グレードとなるデラックス(ALSID-1型)がラインナップ。1モデルに2種類のグレードが用意されたのはプリンス スカイラインが国産初でした。スカイライン デラックスのデザインはアメ車を彷彿とさせる重厚感のある仕上がりで、雰囲気のあるサイドのメッキモールやテールフィンを採用し、内装ではシートにも前後ベンチシートが採用されています。

発表会では日比谷・宝塚劇場で国産初となるショー形式で行われるなど、そのお披露目も話題に。見た目のインパクトだけでなく、数々の画期的機構を随所に取り入れたプリンス スカイライン デラックスは、その後マイナーチェンジを経て1963年まで生産されることとなります。

渾身の技術を結集!プリンス スカイライン デラックス

日産 プリンス スカイライン デラックス 内装

大口径のステアリングとベンチシートが50・60年代の雰囲気を醸し出す。

プリンス スカイライン デラックスには、高い技術力を持ったプリンス自動車の本領が発揮され、随所に当時の先端技術や画期的技術が取り入れられました。ボディサイズは全長を4,280mm・全幅を1,675mmとし、ホイールベースは2,535mm。5ナンバーサイズに抑えながらもプリンス セダンより一回り拡大しています。

特徴的なのはサスペンションで、当時の国産車では4輪をリーフリジット式(板バネ自体が車軸を支える車軸懸架式サスペンション)とするモデルもあるなか、プリンス スカイライン デラックスでは当時最先端であったフロントをダブルウィッシュボーン式独立懸架、リアをド・ディオン式半独立懸架を採用しています。エンジンは1.5L 直列4気筒OHVとなるGA30型を搭載。これにより最高出力は60PS、最高速度は当時の国産車トップクラスとなる125km/hを誇りました。

その他にも国産車初となった2スピードワイパーの採用や、1960年のマイナーチェンジの際には国内ハイウェイ化到来に備え、国産車初の4灯式ヘッドランプも採用されています。初代スカイラインの先端技術・画期的メカニズムをいち早く取り入れようとする精神は、こののち歴代スカイラインでも継承されていくのです。

プリンス スカイライン デラックスは超稀少車!歴史的価値あり

日産 プリンス スカイライン デラックス リア

バンパーに設けられたオーバーライダーは、通称カツオ節と呼ばれた。

プリンス スカイライン デラックスの生産年は50~60年代と非常に古いため、現在流通している個体はありません。また、過去に流通したケースも調査してみましたが残念ながら該当する情報はありませんでした。ちなみに当時の新車販売価格は120万円。消費者物価指数をもとに現在の貨幣価値に換算すると約696万円に相当し、高級車であったことがわかります。出回ったとしたら、歴史的価値からいったいどの位の価格となるのか興味はつきません。(消費者物価指数は1957年時点・2018年時点から算出)

最新「スカイライン」中古車情報!

本日の在庫数 1,698
平均価格 213.2万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

日産 プリンス スカイライン デラックスのスペック表

エンジン直列4気筒OHV
最高出力60PS/4,400rpm
最大トルク10.75kgf・m/3,200rpm
ボディサイズ全長:4,280mm
全幅:1,675mm
全高:1,535mm
ホイールベース:2,535mm
車両重量1,310kg
トランスミッション3速MT
駆動方式FR
乗車定員5人
新車時車両価格120万円

撮影:宇野 智(MOBY)
※2019年6月、日産自動車がメディア向けに開催した、神奈川県座間市にある「日産ヘリテージコレクション」の取材会にて撮影

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す