初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産 セレナ マイナーチェンジで新型へ!新デザイン&全方位運転支援を採用

日産 セレナがマイナーチェンジされて発売開始。新型セレナはデザインを一新し、インパクトあるフロントフェイスに。360°全方位運転支援システムや踏み間違い衝突防止アシストも搭載。

セレナがマイナーチェンジ!デザイン一新&安全装備強化

日産 セレナ 2019 セレナ e-POWER ハイウェイスターV

新型セレナ e-POWER ハイウェイスターV。ブルーラインでV字を強調。クロームを贅沢にちりばめたフロントグリルが個性的だ

2019年8月1日、日産 セレナがマイナーチェンジされて発売開始となりました。
現行モデルは5代目。2018年にはe-POWER搭載モデルが発売され、人気にますます拍車がかかりました。

新車車両価格は、新型セレナが239万円~。新型セレナe-POWERが294万~。

新型セレナ マイナーチェンジのポイントは以下3点です。

・デザイン一新!ダブルVモーショングリルを採用。「ハイウェイスター」は大型フロントグリルで力強さアップ。
・360°の安全を提供する「全方位運転支援システム」を全車標準設定。「踏み間違い衝突防止アシスト」も搭載。
・「プロパイロット」機能拡充。下り坂での設定速度保持や、スムーズな減速が可能に。

日産 セレナ 2018 e-POWER ハイウェイスター V

先代モデルのセレナ e-POWER ハイウェイスター V。フロントグリルのメッキモールが太い

日産新型セレナの新車車両価格

「VセレクションⅡ」がなくなり、「V」のグレードに集約。
e-POWERの最上位グレードとして、新たに「G」が追加されました。

ノーマルモデルはメインの販売グレードとなる「X」「XV」は25,000円程度値上げ。e-POWERは全体的に30,000~50,000円値上げされました。
ただし「e-POWER X」のみ約26,000円の値下げとなっています。

ノーマルモデル
グレード駆動方式価格(税込み)
B2WD2,399,760円
4WD2,687,040円
S2WD2,508,840円
X2,529,360円
4WD2,773,440円
XV2WD2,687,040円
4WD2,931,120円
XV(防水シート車)2WD2,719,440円
4WD2,963,520円
G2WD3,005,640円
4WD3,292,920円
ハイウェイスター2WD2,708,640円
4WD2,995,920円
ハイウェイスターV2WD2,932,200円
4WD3,192,480円
ハイウェイスターV(防水シート車)2WD2,964,600円
4WD3,224,880円
ハイウェイスターG2WD3,168,720円
e-POWERモデル
グレード駆動方式価格(税込み)
e-POWER X2WD2,943,000円
e-POWER XV3,167,640円
e-POWER XV
(防水シート車)
3,200,040円
e-POWER G3,410,640円
e-POWER ハイウェイスター3,233,520円
e-POWER ハイウェイスターV3,435,480円
e-POWER ハイウェイスターV
(防水シート車)
3,467,880円
e-POWER ハイウェイスターG3,657,960円

※防水シート車:防水機能を備え、汚れを簡単に拭き取ることができるメーカーオプション「防水シート」搭載車。

インテリアデザインはほぼ変更なし。センターコンソールが全体的にブラックアウトされたことで、先代モデルと比べてシックな雰囲気に。

日産 セレナ 2018 インテリア

マイナーチェンジ前のインテリア(e-POWER ハイウェイスター V)

こちらのボディカラーはサンライズオレンジ(上)とダークメタルグレー(下)。

上のカラーとダイヤモンドブラックとの2トーンも用意。

全車標準装備となる「全方位運転支援システム」の後退時車両検知警報。

同じく、アダプティブLEDヘッドライトシステム。(グレードによってはハイビームアシストとなります。)

同じく、踏み間違い衝突防止アシスト。

同じく、インテリジェント エマージェンシーブレーキ

そのほか、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、LDW(車線逸脱警報)、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)、 BSW(後側方車両検知警報)、標識検知機能が、「全方位運転支援システム」として全車標準装備される。

セレナ オーテックもマイナーチェンジ。

オーテック専用シートでスポーティさを演出。

福祉車両「ステップタイプ」。

「ステップタイプ」には乗り降りを補助するロングステップが搭載される。

福祉車両「助手席スライドアップシート」。

福祉車両「セカンドスライドアップシート」。

福祉車両「チェアキャブ スロープタイプ」。

福祉車両「チェアキャブ リフタータイプ」。

福祉車両「送迎タイプ」。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す