車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 デイズルークス総まとめ】現行モデルと次期型情報について

日産 デイズルークスの情報をまとめてお届け。流行の軽スーパーハイトワゴンであり、ファミリー層に人気の高いデイズルークス。快適装備と先進機能を備える、高品質な軽自動車です。デイズルークスの魅力やスペック、次期新型モデルの情報などを見ていきましょう。

日産 デイズルークスとは?

日産 デイズルークスは、広く快適な車内が魅力の軽スーパーハイトワゴンです。開発を手がけたのは、日産と三菱が立ち上げた合弁会社「株式会社NMKV」。「三菱 eKスペース」と同時開発の兄弟車として、デイズルークスは誕生しています。

デイズルークスの主な購買ターゲット層は、子育てに励む20〜40代のユーザー。天井が高く広々とした車内と、数々の快適装備・機能により、デイズルークスはヤングファミリーのニーズに応えます。

デイズシリーズ第2弾であり、日産が商品企画・開発を手がけた2番目の軽自動車でもあるデイズルークス。次節からは、デイズルークスの特徴や中古車相場価格、ライバル車などの情報を見ていきます。

最新「デイズルークス」中古車情報!

本日の在庫数 3,979
平均価格 111.2万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

※本記事で記述される各世代の中古車相場価格等は2019年7月時点の情報です。

【現行】初代デイズルークス B21A型(2014年-)

初代 日産 デイズルークス

初代 日産 デイズルークス ハイウェイスター

初代 日産 デイズルークス ハイウェイスター リア

初代 日産 デイズルークス インパネまわり

日産 デイズルークスの初代モデルは、2014年2月13日に発売されました。2014年といえば、中村修二、天野浩、赤崎勇の3氏がノーベル物理学賞を受賞した年。同年の流行語大賞には、お笑いコンビ「日本エレキテル連合」の決め台詞「ダメよ〜ダメダメ」が選ばれています。

初代デイズルークスはノーマルと、ドレスアップグレード「ハイウェイスター」の2バージョンで登場しました。各バージョン共通の魅力は、室内高1,400mmの広々とした室内空間。広大なスペースを最大に活かせるように、リアシートには可動幅260mmの左右分割スライド機構が備わっています。

初代デイズルークスには、多数の先進機能も盛り込まれました。リアドアには、ドアノブに触れるだけで開閉するオートスライドドアを採用。運転関連の機能としては、映像で車両周囲を確認できる「アラウンドビューモニター」や、坂道発進時の後退を防ぐ「ヒルスタートアシスト」などを備えます。

初代デイズルークスは、発売より約1ヶ月間で28,000台の受注を達成。現在のラインナップには、オーテックジャパンが手がけるカスタムカー「ボレロ」と「ライダー」が追加されています。

新車車両価格

初代 日産 デイズルークス 新車車両価格
タイプ新車車両価格(税込)
ノーマル(ボレロ含む)132万〜170万円
ハイウェイスター(ライダー含む)164万〜206万円

スペック表

初代 日産 デイズルークス スペック
エンジン直3 660cc DOHC
直3 660cc DOHCターボ
最高出力NA:36kW[49PS] / 6,500rpm
ターボ:47kW[64PS] / 6,000rpm
最大トルクNA:59N・m[6.0kgm] / 5,000rpm
ターボ:98N・m[10.0kgm] / 3,000rpm
トランスミッションCVT
駆動方式FF
フルタイム4WD
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,775mm
ホイールベース2,430mm
車両重量920kg
乗車定員4名
JC08モード燃費NA:20.6〜22.0km/L
ターボ:20.2〜22.0km/L
使用燃料レギュラーガソリン
※全長・全幅・全高・車両重量はベーシックグレードの数値です。

中古車相場価格

初代デイズルークスの中古車相場価格は、40万〜180万円。玉数は、全国に3,800台程度(うちハイウェイスターは1,900台程度)と豊富です。

50万円程度の予算があれば、初代デイズルークスの中古車を購入することは可能。ただし、状態のよい車両が欲しいなら、最低70万円の予算が必要です。

予算70万円があれば、走行距離3万〜5万km、修復歴なしのデイズルークスを狙えます。同程度のターボ車(ハイウェイスターにのみ設定)が欲しい場合は、最低110万円の予算を組みましょう。

日産 デイズルークスのライバル車

ダイハツ タント

ダイハツ タントは、助手席側に開口幅1,490mmの「ミラクルオープンドア」を備える軽スーパーハイトワゴンです。運転席には、前後540mmスライドする「運転席ロングスライドシート」を採用。運転席〜リアシート間の楽な移動を可能としています。車両本体価格は122万円から。

スズキ スペーシア

スズキ スペーシアは、全車をハイブリッド仕様とする軽スーパーハイトワゴンです。燃費は同ジャンルトップの最大30.0km/L。低床設計と背の高さを活かした、室内高1,410mmの車内も魅力です。車両本体価格は127万円から。

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOXは、軽自動車トップの人気を誇るスーパーハイトワゴンです。質感の高い内外装と、室内長2,240mmのゆとりある車内がN-BOXの魅力。3タイプのシートバリエーションを用意し、車両本体価格は139万円から。

日産 デイズルークスの次期新型へのフルモデルチェンジは?

次期型発表が待たれるデイズルークス(画像は現行型)

日産 デイズルークスの次期新型モデルは、2019年末〜2020年春ごろに登場すると予想されます。新型デイズルークスには、2代目デイズと共通のプラットフォームが採用される模様。現行型からホイールベースが65mm延長され、車内がより広くなると考えられます。

パワートレインについては、こちらも2代目デイズと共通のものが採用される見通し。エンジンの刷新および、デイズルークス初となる、マイルドハイブリッドモデルの登場が予想されます。

新型デイズルークスの正式発表は、東京モーターショー2019に行われる可能性が大です。2代目デイズに続き、大幅な進化が期待されるデイズルークス。MOBYでは、次期新型デイズルークスの最新情報を追い続けます。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す