初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

Jeepブランドは世界最高峰のサーフシーンを牽引!都内でサーフィン大会を開催

「都内でサーフィン大会?」と不思議に思われた方必見!実は東京 大井町に人工サーフィン施設があるんです!7月15、16日に開催された「Jeep presents citywave pro WORLD TOUR in TOKYO」の決勝戦ハイライトのレポートとJeepブランドのサーフシーンへの取り組みをご紹介します。

JeepブランドがWSLとパートナーシップを提携

Jeepブランドは2015年から世界最高峰のプロサーフィン・ツアーを展開するWSLとパートナーシップを提携しています。世界中の有名なサーフスポットを舞台にワールドチャンピオンを目指す戦い「Jeep リーダース・ツアー・ランキング」をJeepブランドとWSLが開催しています。

WSLとは?

WSLとは、World Surf League(ワールド・サーフ・リーグ)の略。競技として世界のプロサーフィン・ツアーを運営している組織のことをいいます。世界中のサーフィン人工は3,500万人以上とされる中、WSLはCT(Championship Tour)と呼ばれる最高峰の舞台を展開。この舞台に立てるのは男性34名、女性17名のトップサーファーのみとなっています。WSLはプロサーファー、サーフィンファンとパートナーシップを提携するさまざまな企業とともに発展し現在に至ります。JeepブランドはWSLとパートナーシップを提携しています。

「citywave pro WORLD TOUR」とは?

citywaveとは、ヨーロッパを中心に人気のリバーサーフィン(川でのサーフィン)をヒントにつくられた人工サーフィン施設のこと。世界中に施設がありますが、東京では大井町にある「スポル品川大井町」に「citywave Tokyo」が。劇団四季「キャッツ・シアター」の真横です。

citywave pro WORLD TOURとは、今年から開催された世界中の citywave を転戦するツアーのことで、開幕戦は4月にイスラエルで行われました。


↓ リバーサーフィンの動画は8:10あたりから再生してください。

イエロージャージはトップの証。ワールドチャンピオンにはJeepが。

世界中で開催されるコンテスト、その時点で世界ランキング1位の者だけが身につけることができるのが、Jeepがスポンサードするイエロージャージ。シーズンの最後にリーダーボードのトップに君臨した者が、ワールドチャンピオンの称号とJeepを手に入れることができます。

決勝戦ハイライト「Jeep® presents citywave pro WORLD TOUR in TOKYO」

2019年7月16日に前述の人工サーフィン施設「citywave Tokyo」にて、ワールドツアーの第4戦「Jeep® presents “citywave pro WORLD TOUR in Tokyo”」が開催されました。

この大会では、日本のトップサーファーがリバーサーフィンの本場ヨーロッパから来日した有力選手が激闘!選手全員のライドをご紹介したいところですが、特にギャラリーが湧いた女子オープンで優勝した、Janina Zeitle(ドイツ)の圧巻のライディングをハイライトとしてお届けします。

Janina Zeitler 選手は完璧なライドをこなし、4本目のライディングで大会最高得点の10点満点を獲得しました。

この大会の様子を詳しくお知りになりたい方は下記のHPをご覧ください。


表彰式。

「Jeep® presents citywave pro WORLD TOUR in TOKYO」はイベント「Jeep® Nikini Night」を同時開催。パーティールームでドリンクとフードを楽しむ場も設けられていました。

お話は前後しますが、大会の前にはプレスセッションが開催され、ここでジープ ラングラーとレネゲードの特別仕様車「BIKINI Edition(ビキニ・エディション)」のお披露目と、大会に出場する選手とのフォトセッションが行われました。


フォトセッションの最後は、この後の大会に参加する選手たち。ポンタス・ヘグストロム氏を囲んでの撮影。


Jeep Bikini Night

Jeep®Bikini Night プレスセッションで発表された、ジープ ラングラーとレネゲードのビキニ・エディションについては下記の記事をご覧ください。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す