初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 スカイライン GT-R オーテック 40th】パトカーにも採用された4ドア稀少車

スカイラインの生誕40周年を記念して発売された「スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー」は、9代目R33型に設定された第2世代唯一の4ドアGT-R。稀少車ながらそのうち2台がパトカーにも採用されました。こだわりの4ドア・ブリスターフェンダーを持つスカイラインGT-R オーテックの魅力に迫ります。

独特の架装はオーテックならでは!その歴史とは

日産 スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー フロント サイド

第2世代(RB26系エンジン)唯一となった4ドアスタイルのGT-R。

株式会社オーテックジャパンの設立は1986年。日産のコンプリートカー・特殊車両・福祉車両の開発や製造などを行うことを目的に誕生しました。初代社長にはスカイラインの開発製造責任者を長年務め、ミスター・スカイラインとして知られる桜井眞一郎氏が就任。社名となったオーテックとは「大手を食う企業になること」を願い、当時の日産社長が命名したのです。

オーテック社員には、日産の企画開発部門やTV「西部警察」などで特殊車両を手掛けた技術系が多く、独特の架装やカスタム・ドレスアップにかけては往年の日産ファンからも一目おかれる存在。内外装にクラフトマンシップを施した「ボレロ」「ライダー」「アクシス」シリーズをはじめ、高機能の救急車や福祉車両も手掛けています。

2017年11月、日産は新しいプレミアムスポーティブランドである「AUTECH(オーテック)」の国内投入を公式発表。NISMO(ニスモ)とともに日産のサブスポーツブランド2本柱として展開していくことを決定しました。今後は既に発表済み日産モデルの「オーテック」シリーズを随時増やしていく予定としています。

スカイラインGT-Rオーテック40thは9代目に設定された稀少車

日産 スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー フロント サイド

GT-Rの象徴ブリスターフェンダーは4ドアでも忠実に再現された。

日産 スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー フロント・リアドア

リアドア・リアフェンダーは2ドアスタイル再現のため、プレス型から作り直された。

スカイライン GT-R オーテック 40thは、正式名称を「スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー」とし、1997年のデビュー。9代目スカイラインR33型に設定されたGT-Rで、生産台数400台あまりの稀少車です。R33型GT-Rは型式「BCNR33型」で、16年ぶりに復活した第2世代GT-R・BNR32型の後継車として誕生。先代よりボディ・ホイールベースを拡大することで、居住性の高さとハイスペックでも安定した走行性能を確保しています。

BCNR33型GT-Rには通常車に加え、GT-R第2世代を代表する限定車が存在。その限定車にはル・マン24時間参戦レース記念車「LMリミテッド」、NISMO開発の「400R」、本記事で紹介する「GT-R オーテック 40th」などがラインナップしています。

スカイライン GT-R オーテック 40thは、スカイライン生誕40周年を記念し東京モーターショーにて初披露。初代GT-RのPGC10型以来となり、第2世代では唯一の4ドアGT-Rとしています。コンセプトは「大人のための最高性能スポーツセダン」。そのコンセプト通り居住性の高さを確保するため敢えて4ドアとしたボディは、単に4ドア流用デザインでなくリアドア・リアフェンダーをプレス型から専用で制作。その制作の理由はGT-Rの特徴でもあるブリスターフェンダーを4ドアGT-Rでも忠実に再現するためのものでした。

パトカーにも採用!高スペックはそのままに4ドア化を実現

日産 スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー フロント サイド

高スペックはそのままに、4ドアとすることで安定性・操作性がアップしたGT-R。

日産 スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー パトカー

スカイライン GT-R オーテック 40thは、一見すると4ドアであること以外、その見た目の印象は2ドアと見間違うほど。このことはオーテックが渾身のクラフトマンシップで2ドアの印象を4ドアGT-Rで忠実に再現した結果だと言えるでしょう。いざ乗り込めば4ドアとなった分リア部は優雅で、リアシートにも専用バケットシートを採用することで余裕のある後席2人乗りとし、乗車定員は4人。このあたりの仕上げはまさにオーテックの真骨頂と言えます。

エンジンは、先代同様2.6L 直列6気筒DOHCツインターボのRB26DETT型。しかし、エンジンの各部には高出力化するために随所に細やかなセッティング変更がかけられ、さらに4WDシステムにはアテーサE-TS、アクティブLSDやブレンボ製ブレーキキャリパーも搭載。最高出力は280PSを達成する高性能スポーツセダンとしています。また、バッテリーはトランク内部に収納。ボンネットを開ければGT-R専用ストラットタワーバー(スポーツ走行のためのボディ補強パーツ)が装備され、視覚の面でも楽しめるのです。

スカイライン GT-R オーテック 40thは、生産台数400台あまりの稀少車ですが、その内の2台はパトカーとして採用され、1台が神奈川県警の通常パトカー、もう1台は埼玉県警の覆面パトカーとして採用されています。神奈川県警のパトカーは残念ながら現役引退していますが、今でもオーテックファン待望の湘南里帰りミーティングにゲスト出演したりと大人気となっています。

スカイライン GT-R オーテック 45thの相場は高騰必至!

日産 スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th アニバーサリー シート

リアシートは専用バケットシートだ。

グローバルに人気がある旧車の流通に関して、今では大きなポイントとなる通称25年ルール。25年ルールとは主にアメリカで生産から25年経過した車に関しては、当時排ガス規制や安全基準に適合せず正規輸入できなかった車でも輸入を認める制度。この基準により、それを超える車や超えようとする車はGT-Rを始め、年々海外へと流出しているのです。現在の価格は400万前後となっていますが、これから先は高スペック・安定性の高さからますますその価格は高騰するものと言えるでしょう。(2019年7月時点)

最新「スカイライン」中古車情報!

本日の在庫数 1,812
平均価格 220.3万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

日産 スカイライン GT-R オーテック 45thのスペック表

エンジン直列6気筒DOHCツインターボ
最高出力280PS/6,800rpm
最大トルク37.5kg・m/4,400rpm
ボディサイズ全長:4,755mm
全幅:1,780mm
全高:1,380mm
ホイールベース:2,720mm
車両重量1,560kg
トランスミッション5速MT
駆動方式4WD
乗車定員4人
新車時車両価格-

撮影:宇野 智(MOBY)

※2019年6月に日産自動車がメディア向けに開催した同社の座間事業所にある「日産ヘリテージコレクション」取材会にて撮影。ここは一般の方も無料で見学できます。(見学の案内はこちらの公式HPをご覧ください。)

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す