初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

MFゴースト登場レーサー「沢渡 光輝」とアルピーヌ A110とは?

しげの秀一が手がける『MFゴースト』。未知なる才能を秘める実力者ドライバー"沢渡 光輝(さわたり こうき)"と、その搭乗車種"アルピーヌ A110"について解説します。本作は『頭文字D』の作者によるモータースポーツ漫画の最新作。主人公・カナタと過去に因縁のある沢渡。本気を出したらヤバいことになる、その実力とは。

【人物紹介】沢渡 光輝(さわたり こうき)

MFゴースト 沢渡光輝

沢渡光輝

「沢渡 光輝(さわたり こうき)」は、"4号車"エントリーのアルピーヌ A110でMFGに参戦するドライバー。フランスでのモータースポーツ留学中に多くの海外レースに参戦した経歴をもち、前年のMFGでは総合成績4位をおさめた実力者です。

フランス留学時代、同じく海外キャリアの長い主人公・カナタと同じレースを出走したという沢渡。少ないレース予算で非力なマシンしか搭乗できなかったため、当時は大注目のルーキーだったカナタの影で辛酸を舐めていたとのこと。当時の敗戦からくる悔しさから一方的にカナタを敵視している様子です。

プライベートでは"17歳"にこだわる女子高生好きのプレイボーイで、さらに「17歳の女の子にときめく自分」に魅力を感じるというややこしいナルシスト。MFG初戦は女子高生との渋谷デートを優先させて欠席するという大胆な行動に出ます。強烈な個性をもつ反面、実力未知数の沢渡がいかに場を荒らすか注目です。

【搭乗車種紹介】アルピーヌ A110(4号車)

MFゴースト アルピーヌ A110

アルピーヌ A110

沢渡がレースで搭乗するアルピーヌ A110は、MFG第2戦・芦ノ湖GTのシェイクダウン(テスト走行)ではじめてその姿を見せたミッドシップスポーツカー。作中ではA110がどのグレードかは明かされていませんが、スポーツ走行重視のグレード「ピュア」をカスタムした車両とみられます。

市場においてA110とボディサイズや価格帯の階級を同じくするMR車といえば、主にポルシェ 718ケイマンやロータス エキシージ、アルファロメオ 4Cが挙げられ、すべてMFGに出場している車両です。とくに718ケイマンはA110のベンチマークとされ、車評でもよく比較される密なライバル。相葉が「本気を出したらヤバいことになる」と認める沢渡と、"12号車"エントリーのケイマンを操る実力者・ミハイルの2人が対決する瞬間を予見させる組み合わせです。

実際のアルピーヌ A110はどんな車?

A110は、アルピーヌがルノー傘下に入ってから第1弾となるライトウェイトスポーツ。1960年代のラリーやレースシーンで活躍し、1973年の世界ラリー選手権では初代王者となった伝説のオリジナルを継承して、現代に蘇らせた新型モデルです。

FRP(※)のボディを研磨することで仕立てられた初代A110の造形をモチーフに、2017年モデルは軽量を誇るアルミのプレス加工でニュアンスを再現。さらに、使用するパーツの車重は徹底して削られており、結果として残った車両重量はたった1,110kgです。
※Fiber-Reinforced Plastics:繊維強化プラスチック

最高出力252PSを発揮する4気筒直噴ターボエンジンミッドシップに備えたコンパクトなボディと、前後ダブルウィッシュボーンサスペンションが組み合わさることで、コーナリングでコントロールしやすいマシンに仕上がっています。

アルピーヌ A110(2017)のスペック・価格

アルピーヌ A110のボディスペック
全長全幅全高
4,2051,8001,250
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4201,1102
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
アルピーヌ A110のエンジンスペック
エンジン種類直列4気筒直噴ターボ
排気量1.8L
最高出力185[252]/6,000
最大トルク320[32.6]/2,000
トランスミッション7速DCT
駆動方式MR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
A110の新車車両価格※限定モデルを除く
ピュア790~811万
リネージ829~841万
[単位]円(消費税込み)

※この記事は、講談社ヤングマガジン編集部の協力を得て作成しています。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す