車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

BMW1シリーズ新型 発売開始!FF化で何が変わった?

2019年8月29日、BMWは新型1シリーズを発売しました。フルモデルチェンジでシリーズ初のFF化を採用。どんな点が変わった?採用される最新の技術や機能についても解説します。

BMW新型1シリーズ フルモデルチェンジで発売開始!

BMW 1シリーズ 2019

BMW新型1シリーズ発表会にて撮影

2019年8月29日、BMWは新型1シリーズを発売しました。今回のフルモデルチェンジで3代目となる1シリーズは、本日から日本を含めた世界各国で販売が開始されます。

新型1シリーズにおいて最も注目したいのは、シリーズ初のFFレイアウトを採用したこと。プラットフォームを一新し、FR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)になったことで、従来モデルとは異なる特徴の車になりました。

1シリーズのフルモデルチェンジの注目ポイントを解説します。

駆動方式FFを初採用!車内スペースが拡大

新型1シリーズは、駆動方式FFを歴代1シリーズとして初めて採用しました。従来のFRレイアウトに比べて、後席とラゲッジスペースが大幅に拡大しています。

ラゲッジスペースは先代モデルに比べて20Lアップの380Lに。さらに、後席を格納すると最大1200Lまで拡大させることができます。

新型1シリーズのボディサイズは以下の通り。全幅と全高が拡大し、全長とホイールベースは短くなっています。

全長:4,319mm(-5mm)
全幅:1,799mm(+34mm)
全高:1,434mm(+13mm)
ホイールベース:2,670mm(-20mm)
※()内は先代と比較しての数値

内外装はダイナミックで先進的な新デザインに

BMW 1シリーズ 2019

BMW新型1シリーズ発表会にて撮影

外装デザインは、新型3シリーズなど最新のBMWに採用されている大型キドニーグリルと、尖った鼻先のシャークノーズが特徴。ヘッドライトもややツリ目になり、ダイナミックでシャープな印象になりました。


BMW 広報画像

内装も新型3シリーズの流れをくむイメージデザインに。5.1インチディスプレイが標準装備となり、フルカラーのヘッドアップディスプレイや、メーターパネルの「BMWライブコックピットプロフェッショナル」と呼ばれるディスプレイシステムなどがオプションとなります。

タイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)を日本初導入

BMW i3

BMW i3

BMWといえばFRが定番ですが、現行2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーや、EVモデル・i3はFFを採用しています。新型1シリーズはBMWのFFモデルから得たノウハウを活用。特に、i3に導入されている「ARB」というデバイスを、内燃機関搭載モデルとして初採用しています。

ARBは、エンジン・コントロール・ユニットで直接スリップ状況を感知し、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)を経由することなく、以前より約3倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達する機能(※BMWプレスリリースより引用)。

エンジンからの情報をECU(※コンピューターのこと)が直接受け取って、タイヤの回転をコントロール。スリップし始めるのを以前より敏感に車が察知し、素早く対処できるようになりました。これによりタイヤの空転や車の不安定な姿勢を制御できるため、安定感のある加速や、濡れた路面でのスムーズな発進を実現します。

自動ブレーキ機能付きの衝突&歩行者警告を標準装備

新型1シリーズのADAS(先進運転支援システム)として、衝突回避・被害軽減ブレーキや車線逸脱警告システムのほか、新たにレーン・チェンジ・ウォーニング、後部衝突警告機能、クロス・トラフィック・ウォーニング(リア)、スピード・リミット情報表示機能が追加されたドライビング・アシストが標準装備となりました。

いわゆる自動ブレーキは、ドライバーの死角の歩行者と自転車を検知し、警告する機能を搭載。車線逸脱警告システムはアクティブレーンリターン機能(車線に車が自動で戻ってくれる機能)付きで、作動領域は70~210km/hと幅広くなっています。

また、「リバース・アシスト」をクラス初採用。36km/h未満で前進した状況を最大50mまで記憶し、後退時は自動でステアリングしてくれるこの機能は、狭い道でもぶつからずに後退することができるもの。情報に沿って最大9km/hで後退をサポートしてくれます。

※アクセルとブレーキ操作はドライバー自身で行う必要があります

「Hey BMW」AIを活用した音声発話による操作も

新型1シリーズには、AI(人工知能)を活用したデジタルアシスタント機能「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」が採用されています。

これにより「Hey BMW」といった発話で音声操作や情報へのアクセスが可能です。さらに、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることも可能です。

また、BMWコネクテッド・ドライブを標準装備。スマホアプリ「BMW Connected」と連携して、もしもの場面や普段のエンタメの充実など、カーライフをサポートします。

グレードは118iとM135i xDriveの2つ。エンジンは2種類

日本国内で発売される新型1シリーズは、ベーシックな「118i」とハイパフォーマンスグレードの「M135i xDrive」の2つ。いずれもガソリンエンジンを搭載します。

エンジンとグレードは以下の通り。

118i:1.5L 直3ターボ(最高出力140ps、最大トルク220Nm)
M135i xDrive:2.0L 直4ターボ(最高出力306ps、最大トルク450Nm)

M135については後述します。

最強グレード「M135i xDrive」は306psのハイパワー

新型1シリーズのハイパフォーマンスグレードは、4WD仕様の「M135i xDrive」となります。

X2のハイパフォーマンスグレード「X2 M35i」にも搭載されている2.0L 直4ターボのB48エンジンにより、0~100km/h加速4.8秒、最高速250km/hの最強スペックを誇ります。このエンジンはスープラにも搭載されたものですが、BMWラインナップ用にさらにパワーアップされています。

M135i xDriveの内外装はメッシュ・デザインのキドニー・グリルや、直径100mmのデュアル・エキゾースト・テールパイプなど、専用デザインでスポーティさを強調。さらに、ヨーモーメントを配分する「BMWパフォーマンスコントロール」を標準装備しており、旋回性能が向上。意のままのハンドリングを実現しています。

新型1シリーズは334万円~,11月以降から順次納車開始

新型1シリーズの新車車両価格は334万円~。ハイパフォーマンスグレード「M135i xDrive」は630万円です。

先代モデルからは14万円~の値上がりですが、BMWの最新装備が採用されていることを考えると妥当な価格でしょう。8月29日から販売が開始され、11月以降から順次納車されます。

BMW新型1シリーズのスペックと新車車両価格

▼ボディサイズ
全長 4,355~4,355mm
全幅 1,800mm
全高 1,465mm
ホイールベース 2,670mm
車両重量 1,580kg

▼エンジンスペック
・118iシリーズ
直列3気筒ガソリンエンジン
最高出力 140PS[103kW]/4,200-6,500rpm
最大トルク 220Nm/1,480-4,200rpm

・M135i xDrive
直列4気筒ガソリンエンジン
最高出力 306PS[225kW]/4,500-6,240rpm
最大トルク 450Nm/1,750-4,500rpm

▼新車車両価格(税込み)
BMW 118i ¥ 3,340,000
BMW 118i Play ¥ 3,750,000
BMW 118i M Sport ¥ 4,130,000
BMW M135i xDrive ¥ 6,300,000

※2019年10月1日以降に配車・登録される車両には消費税率10%の適用を予定しています

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す