車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

GR Garage 東京 主催「2019年 Summerレース観戦ツアー」86/BRZ&Vitzレース・イベントレポート

トヨタ車の販売ディーラー「トヨタモビリティ東京」が七夕に開催される富士スピードウェイのワンメイクレースの無料観戦ツアーをお客様向けに開催しました。その様子をレポートします。

GR Garage 東京 主催「2019年 Summerレース観戦ツアー」は富士スピードウェイで開催

GRガレージ「2019年 Summerレース観戦ツアー」

ヴィッツ・レースの後、出場した選手がトークショー。直前のレースを車載カメラ録画を撮って出しで生解説された。

トヨタモビリティ東京株式会社は、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズー・レーシング)のスポーツカーのブランド“GR”を販売する「GR Garege東京(GRガレージ東京)」が主催する無料レース観戦イベント「2019年 Summerレース観戦ツアー」を、2019年7月7日に一般ユーザー向けに開催しました。

このイベントは、TOYOTA GAZOO Racingが主催し富士スピードウェイで開催の「Netz Cup Vitz Race(ネッツ・カップ・ヴィッツ・レース)」と「86/BRZ Race」にVIPルームで観戦できるというもので、参加費は無料、事前応募で抽選に選ばれた150名が参加となっています。

ヴィッツ・レースはトヨタモビリティ東京のレーシングチーム「GR東京Racing Vitz」の社員ドライバー、長山等選手と元スピードスケート選手で金メダリストの清水宏保選手、2019年チームに合流した咲川めり選手の3名が出走。イベント前日に行われた予選は3名とも通過し、7月7日の本戦に出場しました。ヴィッツ・レースはナンバーが付いた公道を走れる車でレースが展開される、ワンメイクレースと呼ばれるもので、ヴィッツオーナーならプロレーサーでなくても参加できるものとなっています。

86/BRZレースは、同じくトヨタモビリティ東京のレーシングチーム「GR Tokyo Racing 86」の社員ドライバー、水谷大介選手が出場、予選1位でポールポジションを獲得。この86/BRZレースは、脇阪寿一選手、織戸学選手らといった一流のレーサーが出場するプロフェッショナル・レース。イベント参加者、スタッフの全員が本戦の走りに期待しながらのイベントとなりました。

Netz Cup Vitz Race(ヴィッツ・レース)

GR Garege 東京「2019年 Summerレース観戦ツアー」のイベントコンテンツの皮切りは「TOYOTA GAZOO Racing Cup Vitz Race 関東シリーズ第2戦」。

下の動画は、7ラップ(全8ラップ)

長山等選手(25号車)

25号車、長山等選手は予選15位、本戦は18位でフィニッシュ。同僚選手からは、周囲を見渡す脳力に優れるとのこと。GR Garage東京三鷹でエンジニアとしても活躍中。ここに行けば、長山選手に車を触ってもらうことができます。

清水宏保選手(270号車)

長野オリンピックで金メダルを獲得をはじめ無数の勝利を飾った後、モータースポーツへ転身した清水宏保選手は、予選31位、本戦33位。レーサー転身後の経験は浅いが優れた身体能力を活かし、今では確実に予選を通過できるような実力へ。スピードスケートでは「ロケットスタート」と呼ばれていましたが、レースではまだまだと同僚からいじられていました。

咲川めり選手(250号車)

2019年からGR東京Racingに合流した咲川めり選手。予選9位、本戦8位でフィニッシュ。1ラップ目の1コーナーで接触に遭い右のミラーが取れてぶらさがったままの戦いに。その後にさらなる接触でフロントのアライメントが狂って直線でスピードが出ない事態に。そんな悪条件でも腕でカバー。

山崎武司選手がスペシャルゲストで登壇

山崎武司選手

スペシャルゲストに山崎武司選手が。清水宏保選手とトークセッション。

元プロ野球選手で現在は解説者の山崎武司選手。実は86/BRZレース・クラブマンシリーズに参戦中。チームは、OTG MOTOR SPORTS。野球とレースの違いから、愛車まで幅広いトークを展開。愛車は、ランボルギーニSVJ、新型クラウン、スズキ ジムニーと多数の所有が判明。このトークショーは、ヴィッツ・レースの後、86/BRZレースプロフェッショナルシリーズの前に行われました。

【刮目せよ!】86/BRZ Race

86/BRZレース 25番車 水谷大介選手

86/BRZレースに出場する前の水谷大介選手。緊張感高まる中、あえて勝利を祈願してガッツポーズをとってもらいました。

GR Garage 東京 主催「2019年 Summerレース観戦ツアー」の大トリは、86/BRZプロフェッショナルシリーズ。これもワンメイクレースでレース車両はナンバープレートがついています。このレースに出場するのは、トヨタモビリティ東京の社員ドライバー・水谷大介選手。なんと予選1位、ポールポジションを獲得!

86/BRZレースは3階級あり、水谷選手が出場するのはその最高峰、プロフェッショナルシリーズ。本戦出場選手には、ニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝を飾った井口卓人選手、モータースポーツでは監督としても活躍する脇阪寿一選手、実力ある人気ドライバー、織戸学選手といった、そうそうたるメンバー。場内のアナウンスでは「アマチュアの水谷選手がポールポジション」と繰り返し放送されていました。

レーススタート!

↓こちらの動画はスタートからコカ・コーラコーナーまでを撮影したもの。コカ・コーラコーナーでは、水谷選手が後続車両を引き離していることが確認できます。

この後、水谷選手は奇跡を起こします!

この後の続きは、次のレース詳細の記事をご覧ください。


取材・撮影・文:宇野 智(MOBY)

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す