初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

MFゴースト登場レーサー「赤羽 海人」とフェラーリ 488GTBとは?

しげの秀一が手がける『MFゴースト』。イタリアンスーパーカー"フェラーリ 488GTB"を操るMFG参戦ドライバー"赤羽 海人(あかば かいと)"について、搭乗車種とともに解説します。本作は『頭文字D』の作者によるモータースポーツ漫画の最新作。イタリアの跳ね馬は日本の公道でどんな走りを魅せるのか…!?

【人物紹介】赤羽 海人(あかば かいと)

MFゴースト 赤羽海人

赤羽海人

「赤羽 海人(あかば かいと)」は、"2号車"エントリーのフェラーリ 488GTBに搭乗する、26歳の中堅ドライバー。「食うか食われるか」のシビアな勝負観でMFGに挑む一方、表彰台でキスしてもらえるレースクイーンをとっ替え引っ替えする、プレイボーイな一面も見せるキャラクターです。

MFG第1戦予選で起きたアクシデントがきっかけで「パワーウェイトレシオの均一化(※)」レギュレーションを紐解くヒントを見出した赤羽。元来の性格は冷静な分析志向のようで、自身のマシンであるフェラーリは合理的に優れた道具であって、「特別な思い入れがあるわけじゃない」と語ります。一方で、フェラーリのライバルともいえるイタリア車・ランボルギーニを前にすると闘争心に火がつく一面も魅力的です。
※重い車ほど太いタイヤを履くことができる、というMFG独自のレギュレーション

【搭乗車種紹介】フェラーリ 488GTB(2号車)

MFゴースト フェラーリ 488GTB

フェラーリ 488GTB(左)

赤羽がレースで搭乗する「フェラーリ 488 GTB」は、狭い峠道では嫌でも目立つスーパーミッドシップスポーツ。3.9リッターのV8ツインターボユニットが発揮する最高出力は670馬力にもおよび、MFG出場車両の中でもトップクラスのモンスターマシンです。

直線ではほとんど敵なしの一方、車幅ほぼ2mのワイドボディで峠道のような中低速のワインディングロードを素早く抜けるには、パワーに依存しない冷静なコントロールが必要になります。

MFGレースギャラリーの一部は、トラブルが付き物なフェラーリはMFG決勝終盤で失速すると評価しているようですが、赤羽とフェラーリのタッグはそれを覆す活躍を見せることができるのでしょうか?

実際のフェラーリ 488GTBはどんな車?

フェラーリ 488GTBは、2015年3月にジュネーブモーターショー2015においてワールドプレミアされたモデル。2009年に発表された「458 イタリア」をベースとした後継車で、スピード感と躍動感に溢れるスタイリングが特長です。車種名に含まれる"GTB"というネーミングは、"GranTurismo Berlinetta(グランツーリスモ・ベルリネッタ(※))"に由来し、V8エンジン搭載のミッドシップスポーツに伝統的に用いられます。
※2人乗りやクーペを意味するイタリア語

先代458の4.5Lからエンジン排気量は3.9Lに縮小されたにも関わらず、ダウンサイジングターボ化の恩恵を受けてパワーアップ&CO2排出力削減を達成。車体のエアロダイナミクスも徹底的に考えられており、優れたダウンフォース(※)とドラッグ(空気抵抗)軽減によって、最高速330km/hを記録します。
※前方から流れる空気が車体を地面に押さえつける力

フェラーリ 488GTBのスペック

488GTBのボディスペック
全長全幅全高
4,5681,9521,213
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6501,4752
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
488GTBのエンジンスペック
エンジン種類V型8気筒ツインターボ
排気量3.9L
最高出力492[670]/8,000
最大トルク760[77.5]/3,000
トランスミッション7速AT
駆動方式MR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
488GTBの新車車両価格
-3,070万
[単位]円(消費税込み)

※この記事は、講談社ヤングマガジン編集部の協力を得て作成しています。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す