車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱 eKクロス 試乗記】てんこ盛りな“ハイパフォーマンス軽SUV”のススメ

今回の試乗車は、三菱 eKクロス。あれやこれや全部付いたSUVな軽トールワゴンはアリなのか?ロングドライブを敢行、そのレポートをお届けします。

自然が似合う「三菱 ekクロス」

2019年3月28日にデビューした三菱自動車の新型軽トールワゴン「eKクロス」はクロスオーバーSUVテイストのデザイン。

今回はこの「eKクロス」に試乗。車両を受け取りに行ったときに、アイボリーのボディカラーにオレンジのルーフを見て「あ、これは自然豊かなところで映えそうだ」と感じて富士山麓方面へとドライブしてきました。

自然が似合う「三菱 eKクロス」。まずは、そのデザインをたっぷりとご覧ください。

ちなみに…

三菱自動車は「eK X」と公式HPなどで表記しています。eKの名の由来は、「良い軽(いいけい)」の語呂と「Excellent K-car」(直訳で「優秀な軽自動車」)から。X(クロス)は軽ハイトワゴンにSUVの要素をクロスオーバー(掛け合わせ、異なるジャンルの組み合わせ)させたところから。

さらにちなみに…

フロントグリルを中心に四隅へとX字状に向かう造形は「ダイナミックシールド」と呼ばれる三菱自動車の共通デザイン。デリカD:5、エクリプスクロスにも採用されています。

もっとちなみに…

つり上がったような細い目はヘッドライトではありません。その下の四角いのがヘッドライト。ライト点灯パターンは下記の記事で紹介しています。

試乗した三菱 eKクロスのグレードは、最上級の「T」、ボディカラーの正式名称は、「ナチュラルアイボリーメタリック」、「サンシャインオレンジメタリック」(有料色)。駆動方式は4WDでエンジンはハイブリッド+ターボ。

さらに試乗車にはメーカーオプションのルーフレールやインテリアパッケージ、高速道路運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」を代表とする先進安全パッケージ、電動パーキングブレーキなどの先進快適パッケージなどとてんこ盛り。ターボにハイブリッドに4WDというパワートレインもてんこ盛りでした。このあたりの評価は最後にまとめてお伝えします。

もはや軽自動車とは思えない内装

試乗車には、ブラック&タンの内装色にファブリックと合成皮革を組み合わせたシート生地のメーカーオプションが奢られており、そもそもの基本デザインで軽自動車は思えないつくり感がさらに増していました。

9型の大きなディスプレイのカーナビもオプション。

軽自動車最大級の大画面ディスプレイ。最も軽自動車ではない感があったところでした。

ルームミラーはデジタル方式にも切り替え可能。後部座席に人を載せたりや荷物があったときに重宝。車の周囲が見渡せるマルチアラウンドモニターとパッケージオプション。

↑後席シートを一番後ろにスライドさせた状態で積載。

↑後席シートを一番前にスライドさせた状態で積載。背もたれの角度により約20〜30cmの前後方向の空間が広がる。

↑背もたれのシートスライドは、人が座っていてもレバー操作時の動きのみで調整できるスグレモノ。

「てんこ盛り」な「ハイパフォーマンス軽SUV」のススメ

ハイブリッド+ターボのエンジンに四輪駆動、最新の運転支援技術、マイパイロットと“ないものがない”三菱 eKクロス。三菱自動車は公式HPで「ハイパフォーマンス 軽SUV」と謳っています。

ハイブリッド「e-Assist」+ターボエンジンは、660ccという現在の世界中で最も小さい排気量クラスの非力さをカバー。モーターは停止状態からアクセルを踏んだ直後の加速のスムーズさをサポート、ターボは初速の加速後、モーターの力のサポートがなくなった後の加速をサポート。特に登り坂ではターボの恩恵を感じることができます。また、「グリップコントロール」で片輪がスリップしても自動でブレーキ制御にシステムが介入、雪道やぬかるんだ道の発進をサポート。フルタイム4WDでさらに安全、安心、安定して走れます。さらに、先進運転支援技術のMI-PILOT(マイパイロット)は高速道路の運転を楽にしてくれます。

乗り心地は低速から中速域では普通車と変わらない印象。eKシリーズと双子車の日産デイズ(三菱自動車と日産自動車の合弁会社、株式会社NMKVが開発)は、普通車ベースで開発を進めたとのこと。軽自動車の規格による車体と排気量の小ささは、さすがに高速域での静粛性、乗り心地の質感、安定性は普通車に及ばない点が出てしまうことは否めませんでしたが(特に、加速時にはアクセルを深めにどうしても踏んでしまうような特性)、全体的にはかなり良いセンをいっているのではないでしょうか。MI-PILOTは思っていたより優秀で、かなり使えるレベルに。普通車に比べて高速道路走行の疲労度が高まる軽自動車ですが、これを相殺するかのような印象でした。

燃費は、てんこ盛り=重たい車重(1トン弱)の割には良好で、都心でも14km/Lを切ることなく、高速道路では20km/Lを超えました。市街地では15km/L前後、郊外地では20km/L前後と概ねカタログのWLTCモード燃費より良い結果でした。

フルオプションの試乗車、走る前に装備や内装の一覧を見たときには、正直こんなに必要ないだろうと思いましたが、長時間乗った後には「ついててよかった」と思い直しました。購入検討をしている方、オプションに迷ったら付けちゃってみてください。後で良かったなと感じてくれると思います。

三菱 eKクロスは、こんな方におすすめのクルマですね。

「高速道路も雪道も走るけど、長距離をいつも走るわけじゃないし、日常生活ではクルマは欠かせない。たまの旅行も普段の遊びも1台でこなしたい。みんなが乗ってるようなクルマじゃいやだ」

↓ekクロスのお父さん、デリカD:5。こちらにも試乗しています。こちらも併せてお読みください。

▼試乗車「三菱 eKクロス」のスペックと価格
グレード:T
車両本体価格:1,765,800円
ボディカラー:ナチュラルアイボリー/サンシャインオレンジメタリック(有料色:81,000円)
内装色/シート:ブラック/タン(シート:ファブリック/合成皮革)
エンジン:インタークーラー付ターボ DOHC 12バルブ 3気筒 ハイブリッド
トランスミッションCVT
駆動方式:4WD
[メーカーオプション]
・ルーフレール(27,000円)
・プレミアムインテリアパッケージ/上記内装色・シート(54,000円)
・先進安全パッケージ/デジタルルームミラー、マルチアラウンドモニター(91,800円)
・先進快適パッケージ/MI-PILOT(ステアリングスイッチ)、電動パーキングブレーキ(70,200円)
[ディーラーオプション]
・オリジナル9型ナビゲーション(218,808円)
・オールウェザーマット(19,785円)
・ETC(25,876円)
・ドライブレコーダー(39,657円)
・三角表示停止板(3,240円)
▷オプションを含めた合計:2,393,926円
※表記の価格はすべて税込。

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

この記事の執筆者

宇野 智(MOBY)この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す