初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

MFゴースト登場レーサー「ミハイル・ベッケンハウアー」とポルシェ 718ケイマンとは?

しげの秀一が手がける『MFゴースト』。ドイツからMFGに参戦するエリートドライバー"ミハイル・ベッケンハウアー"と、その搭乗車種"ポルシェ 718ケイマン"について解説します。本作は『頭文字D』の作者によるモータースポーツ漫画の最新作。シュツットガルトの刺客、その実力は本物…!

【人物紹介】ミハイル・ベッケンバウアー

MFゴースト ミハイル・ベッケンバウアー

ミハイル・ベッケンバウアー

「ミハイル・ベッケンバウアー」は、"12号車"エントリーのポルシェ 718ケイマンSに搭乗する、本国ドイツからMFGに参戦するドライバーです。ミハイルは、ポルシェ社の育成プログラム出身のエリートで、MFGでは「シュツットガルト(※)の刺客」とも呼ばれます。
※ポルシェ本社が拠点を置く都市

ハイレベルな環境で育ったがゆえに、MFGでは本気で戦える相手をいまだ見つけられておらず、「ドイツに帰りたくなった」と漏らすほどモチベーションを失っているミハイル。自分を退屈させる周囲のライバルへの苛立ちからか、かなり毒の強い発言が目立ちます。

傲慢な性格のミハイルですが、エンジンパワーに依存しない高次元なドライビングテクニックは確かなもの。徐々に後方から順位をあげていく主人公・カナタ&86(ハチロク)コンビとはどのような邂逅を果たすのか、本作の大きなポイントになりそうです。

【搭乗車種紹介】ポルシェ 718ケイマンS(12号車)

MFゴースト ポルシェ 718ケイマンS 改

ポルシェ718ケイマンS

ミハイルがレースで搭乗するポルシェ 718ケイマンSは、純白のボディカラーを身にまとうMRレイアウトのスポーツクーペ

ミハイル以外のMFG上位ランカーにもポルシェ搭乗レーサーは複数参戦していますが、いずれも選ばれるのはケイマンより一回り大きい911カレラです。エンジンパワーと重量バランスにすぐれている911カレラに対し、ケイマンはMFG参戦車両の中では決して高いとはいえない350馬力のエンジンと、軽量ボディを武器に戦うことになります。

「グリップウェイトレシオの均一化(※)」レギュレーションの性質に加え、MR車にはハンデが課せられるルールもあり、ケイマンにとっては明らかに不利な条件。しかし、タイヤの運動性能を100%引き出すミハイルの類まれなる技術が、MFGにおける常識を覆します。
※重い車ほど太いタイヤを履くことができる、というMFG独自のレギュレーション

実際のポルシェ 718ケイマンはどんな車?

ポルシェ 718ケイマンとは、2005年発売の初代モデルから数えて3代目にあたり、2016年に登場したモデル。このモデルから、当初"ケイマン"のみだった車種名に"718"の名を冠するようになります。"718"という数字は、1950~60年代にモータースポーツシーンで活躍した、4気筒MRレイアウトのレーシングカー「718」に由来します。

正式にはポルシェ982型といって、同系統のオープントップモデルには「718ボクスター」がラインナップされており、718ケイマンはハードトップのスポーツクーペという位置づけです。

旧型は水平対向6気筒の「フラットシックス」と呼ばれるエンジンを搭載していましたが、718ケイマンから新開発の水平対向4気筒のターボエンジンが採用されるようになり、新生「フラットフォー」は当時話題になりました。標準車が2リッター、MFゴーストに登場するケイマン"S"は2.5リッターという区別ができます。

ポルシェ 718ケイマンSのスペック

718ケイマンSのボディスペック
全長全幅全高
4,3851,8001,295
ホイールベース車両重量乗車定員
2,475MT/1,410
AT/1,440
2
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
718ケイマンSのエンジンスペック
エンジン種類水平対向4気筒ターボ
排気量2.5L
最高出力257[350]/6,500
最大トルク420[42.8]/1,900~4,500
トランスミッション6速MT/7速AT
駆動方式MR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
718ケイマンSの新車車両価格
6速MT869万
7速AT(PDK)916万
[単位]円(消費税込み)

※この記事は、講談社ヤングマガジン編集部の協力を得て作成しています。