車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【新型MAZDA3(マツダ3)クローズドコースで試乗】ガソリンとディーゼルを徹底比較

マツダ アクセラ後継、新型MAZDA3のSKYACTIV-G 2.0Lガソリンエンジンのセダンと、SKYACTIV-D 1.8L ディーゼルエンジンのハッチバックの2台をクローズドコースで徹底比較検証!

今回はクローズドコースで新型MAZDA3を試乗

新型MAZDA3(マツダ3)のクローズドコース試乗会は梅雨の中休みで天候に恵まれた中で開催されました。今回の試乗車は、2.0L SKYACTIV-G ガソリンエンジンのセダン、、1.8L SKYACTIV-D ディーゼルエンジンハッチバックの異なる2車種。試乗のポイントは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの走り、乗り心地、ハンドリングの違いの体験でした。また、マツダさんの試乗会、取材会では恒例のしっかりとした座学お勉強会もありました。

MAZDA3という車名が決まる前からの新型MAZDA3の取材会、国内発売開始前の事前説明会と出席していた筆者にとって、今回のクローズドコース試乗会でのお勉強会は復習となりました。このお勉強会での取材内容はすでに記事にしていますので、ここでは割愛させていただきます。(下記各リンク先の記事をご覧ください)

MAZDA3 走安性能性能開発部の虫谷泰典氏

冬のマツダ雪上取材会でお勉強させていただいた、あの虫谷先生が今回の取材会でも講義。

試乗車はディーゼルのセダンとガソリンのハッチバック

試乗車の2台は共に6速AT、FF。セダンハッチバックとボディタイプは異なるが、走りの違いに大きな影響がでるのはエンジンの重さだろう。車重はガソリンエンジンでセダンが1,350kg、ディーゼルエンジンでハッチバックは1,410kgとディーゼルの方が60kg重たい。フロントにエンジンがありますから、この車重の違いはハンドリングや乗り心地の違いがあって然るべきでしょう。

【ハッチバック】MAZDA3 1.8L SKYACTIV-D ディーゼルエンジン

【ハッチバック】MAZDA3 1.8L SKYACTIV-D ディーゼルエンジン

試乗車のグレードは、XD PROACTIVE Touring SELECTION。

MAZDA3 1.8L SKYACTIV-D ディーゼルエンジン

MAZDA3 1.8L SKYACTIV-D ディーゼルエンジンの最高出力は、85kW (116ps) 4,000rpm、最大トルクは、270N・m。

【セダン】MAZDA3 2.0L SKYACTIV-G ガソリンエンジン

新型MAZDA3

試乗車のグレードは、20S L Package。6速AT。

【セダン】MAZDA3 2.0L SKYACTIV-G ガソリンエンジン

2.0L SKYACTIV-G ガソリンエンジンの最高出力は、115kW (156ps) 6,000rpm、最大トルクは、199N・m。

2つコースでテスト走行

新型MAZDA3

都合上、連続コーナーのコースは撮影できなかったが、この画像右側にそのコースが設けられていた。

新型MAZDA3

周回路コース

新型MAZDA3

一人で取材と撮影に臨むため、走行中の写真が撮れず。申し訳ございませんが、助手席での試乗時の撮影で。筆者は、この後、一番左のバンクを走行。気持ちよかったです。

さて、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの走り、乗り心地の違いを結論からお伝えしましょう。

▼加速性能
停止状態からの加速はガソリンエンジンの方が速く軽く感じたが、ディーゼルエンジンも速かった。プロ目線からではいろいろと意見や感想が出るだろうが、一般消費者の視点で見れば、甲乙つけがたいだろう。

▼乗り心地
乗り心地は、車重が重たい分、ディーゼルエンジンの方がゆったりと感じるが、ガソリンエンジンと乗り比べたら感じるもの。どちらも、「サスペンションで路面の凹凸の衝撃を全部吸収しました!」という乗り心地の良さではなく、道路の凹凸やうねりが不快感なく感じることができる、自然な乗り心地で良い。子供が心地よく眠れる自然な揺れと述べた方が伝わりやすいでしょうか。こちらも甲乙つけがたい。マツダの担当者はサスペンションのセッティングは変えていないとのこと。

▼静粛性
車内はどちらも静か。NVH(車両の静粛性)はマツダが肝いりに設計。車外に出るとディーゼルエンジン特有の音が聞こえるが車内は至って静か。高速走行時の加速でもディーゼルエンジンは静か。

▼ハンドリング
フロントが軽いガソリンエンジンの方が軽快に曲がるのは物理的。ただ、ディーゼルエンジンはその重たさが、ガソリンエンジンに比べて「どっしり」とまではいかなが、そこそこの重厚感があるというか、しっとりとしたおとなしいハンドリングになっている印象を受けた。

マツダ3「ディーゼル VS ガソリン」勝敗はどちらに?

これはもう、完全に引き分けでしょう。カーライフスタイルと単純な好みでエンジンタイプを選定して問題ないでしょう。我々メディアは、同じモデルでエンジンが異なる2台をしっかりと乗り比べることができますが、一般では難しいものです。一般消費者の視点で見るなら、エンジンの重さがハンドリングや乗り味に及ぼす影響に大きな違いがないのがMAZDA3だと思いました。そして、MAZDA3のディーゼル or ガソリンでお悩みの方にアドバイス。

走行距離が長い方は、燃料費の安いディーゼルを。そうでない方はガソリンエンジンをお選びください。教科書的なアドバイスにはなりますが、どちらも車両価格を考慮すると、とても完成度が高いクルマでしたので、それで問題はないでしょう。ただ、公道で走ったことがないため、市街地や山岳道路ではどうなるか?大差は出ないかと思いますが…

しかし、気になるのは、マツダの新開発エンジン「SKYACTIV-X」を搭載したMAZDA3。このモデルの登場は今年7月からの予約受注、10月発売開始予定となっており、まだこのエンジンの出来を確認することができていません。

次の機会で公道での走行と、SKYACTIV-Xエンジンの走行テストができることを楽しみに待つことにしましょう。

取材・撮影:MOBY編集部 宇野 智

この記事の執筆者

宇野 智(MOBY)この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す