初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

X JAPAN/YOSHIKIの愛車!よしきさんの愛車はBMW最高のスーパーカーi8!

世界に誇る日本のカリスマバンド、X JAPAN。そのリーダーYOSHIKIさんは日本国籍ですが、自宅兼彼専用スタジオはLAにあります。そこで、広いアメリカをYOSHIKIさんが移動するのに使う愛車は「BMW i8」という車。一体どんな車なのか、さっそくみていきましょう!

車にも究極のこだわりを持つX JAPAN、YOSHIKI

1982年にToshlとYOSHIKIで結成され、メンバーの死、解散、再結成を経て今なお精力的に活動を行い、この度20年ぶりのニューアルバムを発表する予定のX JAPAN。

ドラム、ピアノを担いリーダーであるYOSHIKさんIは、90年代より自宅と、バンドのレコーディング活動の拠点をLAに移しました。

そのLAの自宅から移動する際にYOSHIKIさんが愛用している車があります。

それが、ドアが横ではなく、上に開くいわゆるガルウィングのような仕様で、遠目でも一発でわかる「BMW i8」です。(厳密にはガルウィングではありません。)

音楽にも果てしないこだわりを見せるYOSHIKIさんがチョイスした「BMW i8」とは、一体どんな車なのでしょうか。

"核心的な走りの歓び"「BMW i8」

i8(アイエイト)は、ドイツの自動車メーカーであるBMWが製造販売するプラグインハイブリッドのスポーツカーです。

「BMW i」というシリーズは、BMWグループの中でもプレミアムなブランド。

そんな「i8(アイエイト)」は、高性能マシンのスポーツ性を持ちながら小型車並みのすぐれた燃費効率を兼ね備えたプラグイン・ハイブリッド・モデルで、LifeDrive(ライフドライブ)構造と呼ばれる革新的な車体の基本構造コンセプトを採用しています。

ベースグレードは
■排気量:1500cc
■ドア数:2
■シフト:6速AT
■駆動方式:フルタイム4WD
■乗降可能人数:4名
■燃費性能:19.4km/L
■新品価格:19,660,000円  となっています。

プリウスなどで有名なPHV(プラグインハイブリッド)なので、スポーツカーでありながら驚異的な低燃費を誇っています。


・PHVの関する記事はこちら。

BMW i8に関する記事

BMW i8のユーザー評価レビューです。

スーパーかというと、大きなエンジンで爆発的な加速力をイメージします。しかしi8はそのイメージを覆すので、次のような評価を集めています。

”電源を押すと始まる演出が特徴的”
”スーパーカーなのにハイブリッド”
”カーボンのボディは、メカ好きにはたまらない”
”車両価格が高く、一般の人には手が届かない”

更に細かく「i8」の魅力にせまってみましょう。

"新しい理想が、現実となる"魅惑のデザイン

低くワイドなフロントフェイスは、一度見ただけで忘れることができないほど印象的です。流麗なシルエットと、力強さと共に機能的でもあるデザインは、見るものの心を奪うデザインです。

サステイナビリティと効率が秘められているこのモデルは、アスファルトを強烈に捉えて加速していきます。全ての理想を集結させたともいえるこのモデルは、新しいスーパーカーの到来を感じさせます。

スタイリッシュなエクステリア

ロングホイールベースで、ショートオーバーハング、低いフォルムを見れば、スーパーカーの血統を受け継いでいるのが明らか。フロントフェイスの低さやフォルムが、エアロダイナミクスによって磨かれています。

クローズド・タイプのキドニーグリルを装着しており、視線を引き付けるデザインであると共に、BMWの車であることを証明。サイドから見ると、美しいラインが後方に向けて伸びていきます。フロントからリアにかけての造形美は、ダイナミズムを印象付けるのがi8の魅力です。

レイヤリングという手法によって開発されたデザインは、いくつもの線を重ねたフォルムを生み出しました。見る者の目に焼き付けるデザインは、i8の佇まいを与えています。

ガルウイングならぬ「シザードア」

大空を羽ばたくような姿は、BMW i8がスポーツカーであることを象徴しています。上方に跳ね上がるように開くシザー・ドアは、視線を集めるデザインです。エアロダイナミクスによって構成されている滑らかなボディフォルムへと、溶け込むドアです。

カーボンファイバー強化樹脂によって作られた内部構造と、熱可塑性プラスチックによって構成されたシザー・ドアは、従来のドアよりも半分の重量となっています。軽さゆえに、開閉も軽々と行う事ができます。ドアハンドルは、人間工学に基づいてレイアウトされており、インテリアの雰囲気を高めるのです。

美しいインテリア

スポーティでモダンでもあり、サステイナブルな表情をしているインテリア。未来のスポーツカーというコンセプトは、インテリアのカラーや素材にも表れています。特にオプションとして用意された BMW i インテリア・デザイン HALO 、BMW i インテリア・デザイン CARPOは、さらに魅力を高める選択肢になります。

サステイナビリティと高品質が互いに矛盾するものではなく、美しい調和をもたらし、未来の車のインテリアをアピールするのです。リサイクルされた軽量素材や、オリーブの葉を材料としてなめし加工をしたレザーなど、各所にこだわりがあります。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す