初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

PHV(PHEV)とは? ハイブリッドカーとの違いとメリット・デメリット

PHEV(PHV)は電源プラグを車に差し込んで充電可能なハイブリッドカー。電気自動車とハイブリッドカーのメリットを持ち合わせるのがPHEVの特徴をまとめました。

PHV(PHEV)は電気自動車とハイブリッドカーのよいとこどり

PHV(PHEV)の充電イメージ

急速充電コネクタ ホンダ クラリティPHEV

接続された急速充電コネクタ

PHVとは「プラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ビークル」の略であり、一般的には「プラグイン・ハイブリッドカー」と呼ばれます。ハイブリッドカーとして使用しながら、家電製品のように電源プラグを差し込み、バッテリーを充電することで電気自動車のように走行できる車。ハイブリッドカーと電気自動車の両方の特性を持ち合わせる車であり、「PHEV」も同様の意味で用いられます。

ハイブリッドカーとPHVの違い

PHEVの基本構造はハイブリッドカーと同じであるものの、ハイブリッドカーより大容量のバッテリーを搭載することで、モーター単体での航続距離を飛躍的に延ばしているのが特徴です。
バッテリーに電力が蓄積されている状態では電気自動車としてモーターのみで駆動し、電力がなくなったらエンジンによる駆動と発電に切り替えることで電気自動車の航続距離に短さを補うのがPHEVの基本的な仕組み。動作の切り替えは任意におこなうことができるため、走行環境に応じて最適な駆動方法を選択することもできます。

PHVを導入すると補助金と優遇税制が受けられる

PHVの導入は、よりエネルギー単価の安い電気を積極的に用いることで、燃料代の節約と排出ガスの低減につながります。環境問題に直結する事案であるため、国と地方自治体はPHVの購入に際して、補助金と税制優遇制度を設け、PHVの普及を進めています。

PHVとPHEVの違いとは?

PHVとPHEVは同じ意味を持つ言葉です。PHVはPlug-in Hybrid Vehicle。PHEVはPlug-in Hybrid Electric Vehicleの略です。メーカーごとにどちらの言葉を用いるかが分かれますが、国内外の多くのメーカーが「PHEV」の表記を採用しています。

PHVは環境にやさしく便利な車

燃費がよく充電することでさらに経済的

燃料より安価な電気で動くPHVは非常に経済的です。プリウスPHVがガソリン1Lで走行可能距離はカタログスペックで37.2km。これが電気のみを使って動かしたとすると、1kWあたりの電力消費率10.54kmのプリウスPHVは、ガソリン1Lぶんの電力料金でおよそ54km走行することができます。(ガソリン代は140円/1L、電気代は全国仮定電気製品公正取引委員会の定める1kW/27円として計算)

電気代は時間帯やプランで変動するため、移動コストはさらに安価に抑えることが可能です。短距離走行が主体の場合は、ほぼ電気代だけでまかなうことができるようになり、移動コストは燃料に比べおよそ3分の2〜3分の1程度にまで圧縮することができます。

補助金と税制優遇が受けられる

走行中の排出ガス低減に効果的であるPHEVを購入すると、国および地方自治体より購入補助金を受け取ることができます。それぞれの補助金は重複しないため、すべての補助を受けることが可能です。ただし、地方自治体により補助の有無と補助額は異なるため、事前に県および市町村に確認しておくとよいでしょう。また、補助を受けた場合は、4年または3年の車両の保有義務が発生します。

東京都千代田区の場合では国の補助金(20万円)と東京都の補助金(10万円)の合計30万円。また、新車新規登録時の自動車取得税と、初年度と翌5年度分の自動車税が免除となります。

100V電源が思う存分使える

ハイブリッドカーよりもバッテリー容量に余裕があるため、車の電力を使って100Vの家電製品を長時間に渡って作動させることができます。PHEVの大電力は災害時やキャンプの際に重宝するでしょう。バッテリー電力を使い切ったとしても、エンジンによって発電・移動ができるため電気の使いすぎを気にする心配がありません。

PHV導入には高額な費用がかかる

車両価格が高い

PHVには高価な大容量バッテリーが搭載されるため車両価格は総じて高価です。じゅうぶんな航続距離を実現するために、PHVはハイブリッドカーのおよそ4倍の大容量バッテリーが必要であり、高密度大容量のバッテリーほど価格が高くなるため、PHVの価格はどうしても高くなってしまいます。購入の際は、国や地方自治体による補助金を上手に利用しましょう。

車種によっては充電設備が必要

家電製品のように充電できるPHVとはいうものの、コンセントがあればどこでも充電できるわけではありません。ほとんどのPHVの充電電圧は200Vであり、家庭用の100V電源では充電することができません。トヨタ プリウスPHVやホンダ クラリティPHEVは100V電源で充電することができますが、満充電までに10時間以上を要します。

そのため、PHVをより効率よく使うには、家庭に200Vの充電設備を増設する必要があります。充電設備の電気工事費用は10万円前後。急速充電装置や設備規模によってはそれ以上の金額がかかるうえ、アパートやマンション住まいでは設置しづらいのが難点です。自治体によっては充電設備の設置にも補助金制度を設けている場合があります。

国産PHVの代表車種

トヨタ プリウスPHV

2017年2月15日に登場したトヨタ プリウスPHVは、新型プラットフォームTNGAを採用したことで、シャシー性能とPHEVとしての性能を大幅に改善。バッテリー容量は8.8kWhで、充電走行可能距離はカタログスペックで68.2kmです。小さなバッテリー容量のわりに、走行距離が長い特徴をもちます。

三菱 アウトランダーPHEV

2013年1月の発売から、着々と改善が続けられている三菱 アウトランダーPHEVは、欧州でとくに高い人気を誇っています。バッテリー容量は13.8kWh。電走行可能距離はカタログスペックで57.6kmです。SUVボディの高い走破性と大容量バッテリーにより、アウトドアでの心強いパートナーとなるでしょう。

ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティPHEVは2018年7月20日に発売したホンダのPHEV。2.0Lエンジンに2モーターと17.0kWhの大容量バッテリーを搭載し、国内トップとなる114.6kmの充電走行距離を実現しています。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す