初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BMW 700 カブリオ】ミケロッティがデザインしたコンパクトカーの傑作

1959年デビューのBMW・700シリーズは同社初のモノコックを採用したコンパクトカー。そのデザインはこののちノイエクラッセで花開くこととなるミケロッティによるものです。BMW・700カブリオの詳細を解説します。

ドイツ御三家と称されるBMWの歴史

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

ダイムラー・ベンツによる吸収合併を防ぐこととなった救世主BMW700

ベンツ・アウディとともに、ドイツ御三家とも呼ばれるBMWの創業は1916年。ドイツ・ミュンヘンにおいて、グスタフ・オットーが、航空機エンジンを製造する会社として設立したのが始まりです。しかし、第一次大戦のドイツ敗北を受けて、航空機の製造が禁止されたことから2輪車製造へと経営をシフト。1923年にはバイク第1号となるR32がデビューします。

1928年にはBMW初となる4輪車「3/15PS(通称DIXY)」をライセンス生産。1933年には自社生産となるBMW303が登場し、同社の象徴ともいえる「キドニーグリル」も配されました。その後、50年代後半には一時経営難に陥りますが、見事に回復。ノイエクラッセ(=新クラス)と称されるシリーズで躍進をはたし、3・6・7シリーズの誕生でカーメーカーとして不動の地位を確立しました。今ではグループでの総販売台数が約250万台(*)の世界でも有数のビッグカーメーカーです。

(*)2018年期

700はBMWを救った救世主モデル

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

BMW初のスチール製モノコック構造が採用された。

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

ジョバンニ・ミケロッティがデザイン。バウア社によって架装された。

1950年代、当時のBMWは欧州で人気となった安価なバブルカー(定員約2名の超小型車)「イセッタ」を販売し評判を呼びましたが、経営は思うように上向かず危機に陥っていました。

そんななかでの1959年、BMW初のスチール製モノコックボディを採用し、エンジンはリア置き、シンプルながら直線と曲線を絶秒なバランスに仕上げたコンパクトカー700シリーズが登場。デザインは、のちにBMWに深い影響を与えることとなるジョバンニ・ミケロッティです。

ミケロッティはノイエクラッセの第1弾モデル「1500」や、その派生モデル「2002」などもデザインし、初期のBMWをささえたデザイナーといっても過言ではないでしょう。

BMW 700シリーズは1959年から1965年まで生産され、セダンクーペ・カブリオ(カブリオレ)がラインナップ。総生産台数は18万8,211台と大ヒットとなり、まさにこの700シリーズのヒットがBMWを経営難脱却へと導いたエポックとなったモデルなのです。

BMW 700の気になるスペックやラインナップと変遷

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

インテリアは簡素だが、レッドとしたレザーシートが心憎い。

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

前後のタイヤハウスの形状がアンバランスで可愛い。

BMW 700シリーズは、1959年のフランクフルトモーターショーで初披露。その際出展されたのが、セダンとなる700Lと700クーペ。排気量697ccで水平対向2気筒、最高出力30HP/5,000rpmとしました。

1960年には派生モデルとして700スポーツが登場。セダンがシングルキャブであったのに対し、ツインキャブ化し最高出力を40HP/5,700rpmまで高め、最高速度は134km/hとしています。

その後、1961年にはセダンの高級版となる700LLが登場。のちにセダンは後継として700LSとリファインされ、700LSクーペも登場しました。

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

エンジンはリア置き、駆動は後輪のRRとしている。

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

張り出したテールエッジがクラシカルでグッド。

オートモビルカウンシル2019に出展されたモデルは、1963年製700 カブリオ。このカブリオレモデルは、1961年から1964年まで販売されました。

BMW 700の相場価格とその傾向とは

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

BMWのエンブレムがさん然と輝く。

BMW 700 カブリオ オートモビルカウンシル2019

個体はクラシックBMW専門店Simle auto(シンプルオート)が出展。

BMW 700は、1950年から1960年にかけてのドイツ車であるため非常に稀少で、出回ったとしても価格応相談となるケースが多いようです。

ちなみに出展された700カブリオは、レストア済みで価格680万円となっています。

最新「700」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す