初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

テスラ が過激なハイパーEVを発売したら?その名はオリンパスマックス

テスラは動力性能、航続距離とも優れたEVモデルがラインナップされています。昨年、0-100km/h加速 1.9秒という驚きのスペックをもつロードスターが発表されました。このロードスターをさらに過激にしたらどうなるか、それがハイパーEV「オリンパスマックス」です。

ロードスターを上回る過激なハイパーEV

テスラ ハイパーカー予想CG_2019/04

デザイナー Jeroen Claus氏による予想CG

アストンマーチン ヴァルキリー_2019/03

(参考画像)アストンマーチン ヴァルキリー

テスラは米国のEVメーカーとして、モデルS・モデルX・モデル3・モデルYの4車種を販売しています。2020年にはさらに高性能なロードスターを発売予定です。

もしテスラがハイパーEVを発売するとしたら?という想定のもと、デザイナーJeroen Claus氏が制作した予想CGを、MOBY編集部が入手しました。
その名は「オリンパス マックス」、未来的なデザインが取りれられたハイパーEVです。エクステリアデザインのベースとなっているモデルは、アストンマーティン ヴァルキリーです。

フロントエンドにはヴァルキリーと同様な大型のスプリッター、リアエンドに大型ディフューザーを装着しています。ヘッドライト、テールライトはEVを感じさせるテスラのテイストを感じさせるデザインです。

キャビン内には、現行モデルにも採用されている縦型インフォテインメントスクリーンが装備されています。ステアリングホイールに内蔵されたメータークラスター、Aピラーの根元にはカメラによるサイドミラーの画像が映し出されるようです。

テスラ ハイパーEV スクープ 画像ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す