初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車を売るとき絶対に知っておくべき9つのポイント!車売却の基本情報とノウハウ

車の売却は下取りよりも専門店で行うのが主流になっています。買取専門店での査定時にプラスに働く9つのポイントと、車を売却する際に必要なものや費用について解説します。

車を高く売るならディーラーよりも車買取専門店へ!

車を売る際にまず決めることは「どこで売るか」ということです。車の売却先は主に「ディーラーでの下取り」か「車買取店」の2つです。

結論から言うと、車を高く売ることが目的であれば「車買取店」がおすすめです。基本的に下取りは次の車の購入と同時に行うことができて手間がかからない反面、売却価格が低めに設定されています。
一方で車買取は買取専門の業者。ディーラーとは違い、在庫としての車の仕入先が主に買取りによるものなので下取りよりも査定額が高いケースが多いです。

車の売却額が次に購入する車の代金に充てられる「下取り」

下取りとは、新しく車を購入する際に現在乗っている車両を売却することで、本来の車両価格よりも安い金額で購入する仕組みです。

メリットは車の購入手続きと同時に行うため手間が省けること、納車直前まで今乗っている車が使えることです。デメリットは車買取よりも査定額が低くなる場合が多い点です。

「下取りのほうが手間がかからず楽」という考え方もありますが、売却額に10万円以上の価格差がつく可能性があり、車買取と比べると売却金額で損をする可能性が高いです。

ディーラーよりも高値で売却できる「車売却」

車売却はガリバーやビッグモーター、T-UPなどの買取業者が中古車を買い取るサービスです。

車買取の専門業者は中古車を売るための独自のパイプを持っているので、ディーラーよりも高額な買取額を提示する傾向があります。

売却する車や買取業者にもよりますが、下取と買取の査定額を比較すると平均16万円(車買取のズバット参照)もの差があり、さらに複数の業者を比較することにより50万円以上もの差が出たという事例もあります。

メリットは下取りよりも高額で売却できる点。デメリットは査定額が業者によって異なり、比較するために複数業者に査定を依頼する手間がある点です。この手間を減らすサービスとして複数業者に査定を依頼できる「車一括査定」があります。

過走行車のため「値段がつけられない」と0円査定を言い渡されても、別の買取業者では数万円で買い取ってもらえるといったケースもあります。、

下取り・買取に関する詳しい記事はこちら

査定前に確認するポイント

同じ車、同じ買取店でも、車の状態によって査定額は当然上下します。

査定時にどのような点が見られているかを知ることで、より高く車を売ることができます。実際の買取業者が査定時に見ているポイントを確認しましょう。

査定額はどのようにして決まるのか?

買取業者での基本的な査定額は、年式と走行距離に基づいて決定されます。年式が新しく、走行距離が短い車は、高めの査定額の可能性があります。そこから装備や内外装の状態で金額が増減します。

まず確認が必要なのは車検証があるか、不動車(動かない車)ではないかということ。車検証がない場合や、自走不能の場合は買取を断られる場合が多いです。

次に注意すべきなのは走行距離です。走行距離が10万km以上で「過走行車」と呼ばれますが、車種や状態によっては売却することができます。

ほかに見られている箇所

その他にも修理歴があったり、これまでの扱われ方に問題があるとみなされてしまうと査定額が下がってしまいます。

しかし、修理歴を隠したり故障している箇所を隠蔽したりしようとすると発覚した際に査定額が大幅に減少するばかりか、トラブルに発展する可能性もあります。

当日の天気も重要!査定前の準備

まず最初に知っておきたいのが、売却する車についたキズや凹みの修理や消耗品の交換は必要ないということ。査定でマイナスに見られる要素ではありますが、修理にかかる金額と査定額が釣り合わず、結果的にマイナスになってしまいます。

それよりもきれいに洗車し、車内も掃除機などで清潔な状態しておくことが効果的です。タバコの灰のように除去が容易な汚れは査定額に直接影響しませんが、丁寧に扱われているという印象は査定時にプラスに働きます。

ただせっかく洗車した状態でも雨の中走行すれば必然的に汚れが付着してしまいます。なるべく査定は天気の良い日に行なってもらうべきです。

「車一括査定」で高く売れる買取店を比較!

実店舗で相談する前にまずはインターネットで一括査定をすることをおすすめします。住んでいる地域に合わせた複数の買取業者を自動でピックアップ。そして各業者がそれぞれ提示した査定額を比較することができます。

一括査定の申し込みを済ませると買取業者から電話かメールが届き、車の簡単な情報を聞かれて概算の査定額が算出されます。その後、店舗もしくは自宅への出張という形で査定をしてもらい最終的な価格を提示してもらいます。

車を売る相場価格がわかる!おすすめの一括査定サイト

ズバット車買取比較【車を高く売れる!一括査定サイト】

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

「ズバット」は株式会社ウェブクルーが運営する車買取ポータルサイトです。保険や引っ越し料金の一括見積サイトも運営しているため、利用経験のある方もいるかもしれません。見積中古車一括査定依頼サービスには大手車買取店から地域密着型の提携買取業者まで200社以上が登録しており、日本最大級の規模を持っています。

「ズバット車買取比較」の特徴は、一括査定を申し込む前に、大まかな中古車査定相場が分かることです。「中古車査定相場」のページから、自分が乗っている車のメーカーと車種を選ぶだけで、個人情報を入力しなくても査定額と今後6か月の査定額の変動予測が分かります。さらに年式や走行距離、これまでの運転頻度を入力することで、より現実に近い金額を確認できます。

カーセンサーnet【車を高く売れる!一括査定サイト】

最大30社から比較して売却!
とにかく高く車を売るなら「カーセンサー」

おすすめポイント

  • 株式会社リクルートが運営する一括査定サイト
  • しつこい電話連絡をなしに!メールのみ連絡対応
  • 90秒の簡単入力で最大30社同時に査定依頼が可能
  • 下取りで売るのは損!一括査定なら数万円高く買い取ってもらえる可能性大!
  • 買取加盟店は600社以上と業界最大規模

中古車情報誌として1984年に出発したカーセンサーは、2008年に車の一括査定サービスを開始しました。車のことはよく知らなくても、「カーセンサー」の名前は知っており安心感があるという声が多くあります。

ホームページが見やすく、一括査定の依頼も簡単にできます。車買取の基礎知識やよくある質問などもシンプルにまとめられているので、「すぐに一括査定してもらいたい」というときにおすすめです。

一括査定申込み前に、近隣の店舗が表示される点と申込先のお店を選べる点も便利です。

車を高く売るためのQ&A!基本から必要書類や費用を紹介

売却の基本を知りたい方から、高額売却を目指したい方まで必見のQ&Aです。

Q1:車の査定にはどんな書類が必要?

A1:車検証、自賠責保険証明書が必要です。

買取査定するだけであれば、この2点で十分です。これらの書類は車のグローブボックスに入っていることがほとんどです。査定後の売却時には、自動車税納税証明書や実印、印鑑証明書などが必要になります。店舗ごとに細かく異なるので確認が必要です。

Q:車の査定にはお金はかかるの?

A:一括査定も店舗での査定も、基本的に無料です。

車の売却時に手数料を取られることもありますが、支払われる金額から引かれているケースが多いです。出張査定を依頼した場合は、交通費の負担が発生する可能性があるので確認しましょう。

Q:車の一括査定にかかる時間は?

A:査定を依頼する業者の数で大きく変動します。

一括査定の申込後に複数の買取店から電話やメールで連絡が来ます。メールには買取金額の目安や上限、キャンペーンなどが記載されており、それらを参考に依頼するか決定します。高く売るために多くの業者の査定を受けようとすれば何時間もかかる可能性があります。

Q:一括査定を申し込むと何社から連絡がくるか

A:一括査定サイトや地域にもよりますが、最大10社程度から査定額の連絡が来ます。

住んでいる地域などによってお店の数は変わりますが、電話や直接お店に行くよりも手軽にたくさんの情報が手に入ります。

Q:車を高く売るために交渉スキルは必要か

A:交渉スキルを意識するより「他の買取店と買取金額を比較している」ことを伝えましょう。

何社かで検討している場合は、素直に「他社は○万円高かった」「他社は○万円でしたよ」と伝えるといいでしょう。他社の提示額を伝えることは査定額に大きな影響を与えます。

Q:事故歴は隠してもバレない?

A:正直に話しましょう。

見た目には新車のようにきれいでも、パーツを交換した跡や、エンジンルームを見ると、「事故で修理したんだな」と気づかれてしまいます。残念ながら、事故を起こしたことのある車、修復歴ありの車ほどではないにしても少なからず売却価格がマイナスに響きます。事故歴を隠しても、その後バレてしまったら、査定金額に影響が出るだけでなく、信頼関係にも影響が出てしまいます。

Q:買取店は代車を用意してくれる?

A:買取店によっては用意してもらえます。

大手の買取店は代車を用意している可能性も高いので、相談してみましょう。「今乗っている車の買取金額が下がってしまうので早く売りたい」といったときに利用される方が多く、代車は2~3週間程度使わせてもらえるところが多いようです。

Q:車検の切れた車でも買取りしてもらえるか

A:買取りはしてもらえますが、別途費用がかかります。

買取りはしてもらえますが、車検が切れた車は公道を運転することができないため、まずは出張査定、買取りとなったらお店までレッカー車などで運ぶことになります。車検が切れる前に、車検を通して乗り続けるのか、売却するのかを決めておきましょう。

Q:車の買取店で査定書は発行してもらえる?

A:査定書を買取店で発行することはできません。

車の査定書は遺産相続の額面の決定といった法的な手続きなどに使うためにあり、正しい査定額を出したいときに必要になります。「日本自動車査定協会」という公的機関による査定のため、ほとんどの場合、独自の基準の査定を行っている買取店よりも査定額が低くなります。

Q:リサイクル料金は戻ってくる?

A:査定金額の中にリサイクル料金が含まれているケースが多いです。下取りや買取売却の場合も同様です。

廃車手続きで発生する料金を「リサイクル料金」として前もって支払い、その証明書(預り証)としてリサイクル券を受け取ります。査定書や見積書にリサイクル料金の表記や提示がない場合は査定士に確認しましょう。

Q:高く売れる一括査定を使わずに下取りする人が多いのはなぜ?

A:これまで車を下取りに出していた人も、「思わず一括査定したくなった」という気持ちになったのではないでしょうか。

下取りは、車を購入する際にまとめて売却手続きまでできることがメリットです。そのため、「買取りは面倒」と思う人や買取相場を知らない人はこれからも下取りを依頼するでしょう。

しかし、下取りではなく、車の一括査定を申し込むだけで、まだまだ自分の車に価値があり、高く買い取ってもらえることがわかるでしょう。
これまでお世話になってきた愛車に感謝を込めて、きれいな状態にしてから査定してもらうと、さらに売却価格はアップするかもしれません。

そのためにはまず一括査定を申込み、「愛車の相場価格」を知りましょう。

Q:ローンの途中でも愛車を売れる?

A:多くの人が勘違いしている部分が、ローンが残っている車は売れないと思い込んでいるという点です。

実は、ローン返済中であっても、車検証の欄が売却人(要するにあなた)と同一人物であれば、売却することが可能です。逆にいえば、ローンの名義人がローン会社の場合はローンを完済しなければ所有者名義は変更できないので、注意しましょう。

ただし「所有権解除代行」というサービスを行っている買い取り専門店もありますので、サービスの確認をしてみましょう。

Q:故障してる部分を隠して申告しても良い?

A:絶対にやめましょう。

後になって発覚した場合、致命的なトラブルに発展してしまいます。契約内容にもよりますが、大幅に減額される可能性が高いだけではなく、正直に言っておいた方が結果、高く売れたのに、なんてことにもなりかねません。

こちらはとても大事なことなので、重要項目の箇所でも再度説明します。

カスタムパーツは取り外したほうが良い?

A:エアロパーツなどは、外すの際の労力が査定額に見合わない場合が多いため外す必要はありません。

純正オプションのエアロパーツなどは、むしろプラス査定の対象となります。逆にホイールなどの簡単に取りはずしができるものは純正のものが揃っている方がプラス査定の対象となります。カスタム車両専門の買取という非常にニッチなサービスを扱っている業者もあるので検討すべきといえます。

Q:査定は天気が良い昼間の時間帯にが良いって本当?

A:天気の良い昼間の時間帯はボディの状態が一番わかりやすい環境です。もちろん細かい傷なども目立ちやすくなりますが、その車の高評価ポイントにつながる箇所もしっかりと査定してもらいやすくなります。

雨の日などは、傷の状態はわかりにくいですがボディの水滴などが汚れに見えてしまったり、泥汚れなどで全体的なイメージが悪くなりかねません。

また雨の日の査定が、晴天時に比べて細かい点の確認が困難であることは査定士も把握しています。よってその点を加味した低めの査定がなされる可能性も十分あるため、天気が良い昼間の時間帯に査定してもらうのがベストといえます。

Q:『修復歴あり』は査定額のマイナス要因になるの?

A:『修復歴あり』の場合は大きなマイナスとなります。ただし、軽微な傷や凹みの修理を行なった前歴は修復歴には含まれません。

修復歴とは「ボディの骨格部分を損傷し修理、交換などを行なった前歴」を指す言葉です。骨格部分に至るダメージを修理したことがなければ板金修理歴があっても大きなマイナスとなることは一般的にありません。

Q:車を売りたくなったら早く売るべきなの?

A:実際に手放すのであればなるべく早く売るべきです。車の価値は時間の経過と走行距離の増加によってどんどん下がっていきます。その日提示された査定額と1ヶ月後の査定額が全く同じ保証はありません。

買取店で車を売る流れ

査定額の高い店舗に車を売りたい場合は車の買取一括査定サイトを利用すべきです。一括査定サイトを利用して買取店で車を売る流れを解説します。

① インターネットで車の一括査定をする

「一括査定サイト」で、まずは自分の車の情報を入力することで、自動的に多数の買取店に査定を依頼できます。直接、買取店の店舗にて査定してもらうことも可能ですが、自宅で複数の査定額を比較できるので、多くのお店に出向く手間が省けます。

また、1回情報入力するだけで、それぞれのお店に情報が送られるため、同じ情報を何度も伝えなくて済む点もメリットです。

② 概算の買取査定額の連絡が来る

車の買取店からメールや電話で概算の買取査定額の連絡があります。金額を確認して、高額査定をしてくれた買取店をいくつかピックアップしましょう。

買取店をいくつかピックアップしたら店舗に行きましょう。実際に車を確認してもらうと正確な買取価格がわかります。車の状態やオプションなど、しっかりチェックしてもらいましょう。査定士に大切に乗った車であるというアピールをすると、プラス査定されるかもしれません。

3社程度に査定してもらい、相見積もりを取って交渉することで買取額アップに繋がります。一括査定をしたときの結果や、実際に買取店で作成してもらった見積書を持っていきましょう。

お店によっては出張査定サービスを行っている場合もあります。店舗に行く時間が取れない人にもおすすめのサービスです。

③ 車を売る

納得の行く売却査定額を出してくれるお店が見つかったら、売却契約を進めましょう。売却までの流れは買取店によって異なることがあるため、それぞれのお店で確認しましょう。必要な書類などの説明を受け、手続きが終われば愛車の売却は終了します。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す