初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フェラーリ 365GTB/4 デイトナ】スポーツカーの王道をいくイタリアの至宝

レオナルド・フィオラヴァンティがデザインしたイタリアの至宝フェラーリ・365GTB/4デイトナは、70年代のプランシングホース(跳ね馬)を代表するモデルです。フェラーリ 365GTB/4デイトナの詳細を解説します。

名門カーメーカーフェラーリの歴史

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

オートモビルカウンシル2019に出展されたフェラーリ 365GTB/4はスポーツカーの王道 ロングノーズ・ショートデッキの伝統的スタイル

高級スポーツカーメーカーとして世界的に著名なフェラーリは、イタリア・マラネッロに1947年に設立。創業者はレーシングドライバーであったエンツォ・フェラーリで、創業第1号のレーシングモデル125Sは開催されたローマグランプリで、参戦するなり優勝を果たしました。

1950年代初頭までは、世界の富裕層や伯爵・王侯貴族を中心にレースカー・高級GTカーをワンオフあるいは少数受注生産しますが、1950年代後半からはいよいよ市販車製造を開始することとなります。

カロッツェリア・ピニンファリーナとはデザイン・ボディ製造の独占契約をむすび、創業当初から現在まで生産モデルの広告はいっさい行わないにもかかわらず、そのスポーツカー製造における名声と実力はなんら衰えることはありません。

フェラーリの名車は数多くあり、いくつかあげるだけでも「250GTO」「365GTB/4」「GTO」「F40」「エンツォ フェラーリ」「ラ フェラーリ」など枚挙にいとまがないほどです。 

フェラーリ 365GTB/4 デイトナとはどういうモデル?

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

同時期に販売されたランボルギーニ ミウラとはライバルだった

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

流麗なサイドビューが美しい

フェラーリ 365GTB/4は、1968年パリモーターショーでワールドプレミアが実施されたモデル。ピニンファリーナに在籍したレオナルド・フィオラヴァンティがデザインした美しいGTカーです。

車名365GTB/4は、365が単気筒あたりの容量を、GTがグランツーリスモを、Bがクーペであるベルリネッタを、4がDOHCである4カムシャフトを指し、デイトナ24時間レースでのヒストリーや強さから通称「デイトナ」と称されます。

365GTB/4のスタイリングは、ロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーの王道的フォルムを持ち、発売当初は4灯式ヘッドライト、1970年にはリトラクタブルヘッドライトへと変更されました。

フェラーリ 365GTB/4は、1973年に販売終了となるまで1,406台が生産されました。

通称はレース常勝の逸話から フェラーリ 365GTB/4 のスペック

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

低く抑えられた車高。

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

レースで強かったのもうなずけるフォルム。

フェラーリ 365GTB/4は、90年代に550マラネロ登場となるまで一旦途絶えたFRレイアウト。エンジンは4.4L V型12気筒DOHCとし、最高出力352PS/7,500rpm、最高速度は280km/hとなっていて、0-60mph加速は5.4秒を誇ります。

1972年から1974年のル・マン24時間レースのGTクラスでは3年連続優勝の快挙を達成しました。

同時期に発表されたランボルギーニ ミウラとは性能的にも近いことから、ライバル関係にありました。ちなみに、ミウラP400Sの最高出力は370PS/7,700rpm、最高速度は278km/hとなっています。

フェラーリ 365GTB/4デイトナの相場価格はオークション級

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019
画像情報

90年代復活まで長らく途絶えることとなるFRレイアウトが採用された

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

出展された個体は後期型。特徴的なリトラクタブルヘッドライト

フェラーリ 365GTB/4は、歴戦での強さやヒストリーは数々のフェラーリが輩出した名車のなかでも評価は高く、稀少車であるため個体が出た場合はオークションというレベルです。

2017年に開催されたオークションでは、岐阜県の納屋で見つかったアルミ製モデルが、日本円にして約2億3,000万円で落札され話題となりました。

フェラーリ 365GTB/4 オートモビルカウンシル2019

365GTB4デイトナの歴史が書かれた資料。オークション級なのが頷ける。

取材画像は、オートモビルカウンシル2019に出展された個体です。

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す