初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

テスラの自動運転車は危険?ここまでの事故情報と注意点まとめ

2016年1月15日ついに、米テスラ社がオートパイロットを用いて日本国内でも始まった自動運転機能の自動車走行です。しかし単に「自動運転」といっても完全自動自走という訳ではないので、ドライバーが気を付けなければならない事や盲点もあります。そこで今回は、そんなオートパイロットの注意点をまとめたので紹介します。

オートパイロット(自動運転)は画期的だけど注意が必要

米テスラ社から発表された「オートパイロット」とは、フリーウエイ(高速道)など限定的な環境下でドライバーがハンドルやアクセル、ブレーキなどから手足を離した状態で走行することを可能にする最新の機能です。

しかしリリース後、自動運転(オートパイロット)機能を試したユーザーが危うく衝突事故を起こしかけるなど一部では信頼性や安全性の面で疑問が投げかけられています。

オートパイロットの黎明期に差し掛かった今、もし私たちが自動運転車に乗ったときは一体どのような注意をしなければならないのか気になります。

自動運転機能(オートパイロットシステム)はまだ「ベータ版」

テスラはオートパイロットを「自動運転」というより、「ドライバー支援システム」の一種と位置付けています。

つまり運転の主体はあくまで人間(ドライバー)なので、もしも事故が起きた場合には当然ドライバーの責任という訳です。

説明書にもはっきりと「高速道路または特定の環境でのみ機能する」と記載があります。

スピードに注意

リリースされてから1週間もたたないうちに、スピード違反のチケットを切られてしまった人もいます。道路によってさまざまなスピード制限がありますが、それを自動運転システムへ反映するのはまだ先のようです。

オートパイロットでも運転手はしっかり切符を切られてしまうようです。自動運転にした際にはスピードに注意しましょう。

また、加速時にセミオート機能を起動することもテスラでは推奨していないようです。

まだ完璧ではない自動ハンドル

自動運転を行う際、周囲のさまざな情報を元にコンピューターが車両をコントロールして走行します。したがって、その情報を読み間違えてしまったりすると予期せぬハンドリングを切ってしまったりすることもあるようです。

車に運転を任せっぱなしにしていい訳ではなく、常に車をコントロールできるようドライバーをサポートする機能であるという認識はきちんとしましょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す