初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型パジェロか!三菱が e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)を上海モーターショーで発表

2019年4月16日、三菱が上海国際モーターショーで「e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)」をアジア初披露しています。このコンセプトカーは電動化や4WD、運転支援といった技術を備えた次世代クロスオーバーSUVで、新型パジェロとの噂も上がっています。

上海モーターショーで「MITSUBISHI e-Yi CONCEPT」がアジア初披露

MITSUBISHI e-Yi CONCEPT

フロントグリルにデリカD:5やeK X(クロス)と同じダイナミックシールドを採用

三菱は4月16日から25日まで開催される第18回上海国際モーターショーで、次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「MITSUBISHI e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)」をアジア初披露しています。

イーイーコンセプトはツインモーター4WDのプラグインハイブリッドEV(PHEV)で、あらゆる気象条件や路面状況にも対応する走行性能や耐久性と長い航続距離を合わせ持っています。それを実現したのは電動化技術、4WD技術、そして先進運転支援(ADAS)技術やコネクテッドカー技術といった三菱の強みである技術力。

進化したダイナミックシールドや大型ディスプレイを採用

三菱 イーイーコンセプト MITSUBISHI e-Yi CONCEPT 2019 内装

MITSUBISHI e-Yi CONCEPT 内装

e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)は上海のライフシーンを想定し、家族や仲間との移動を可能にする上質かつ機能的なオールラウンドクロスオーバーSUVとしてデザインされています。

フロントに採用されている「ダイナミックシールド」は、水平・垂直基調の四角形のラインで構成されたものに進化しています。ボディサイドは金属の塊から削り出したようなシャープで大胆な面構成と筋肉質なフェンダー造形によって立体的で力強い印象を演出。リアにはシャープな六角形に切り落とした形状やテールランプを水平に車幅いっぱいまで配置したのが特長です。

インテリアは3列シートや上質なレザー素材を採用し、ラグジュアリーで快適な空間を追求しています。インパネには「ホリゾンタルアクシス」と名付けられた水平基調のデザインによって前方視界と開放感を確保。メーターパネルには基本的なドライブ情報やコネクティッドサービス「Mitsubishi Connect」によるナビゲーション情報を表示する大型ディスプレイを搭載しています。

イーイーコンセプトは次世代パジェロか

ジュネーブで発表されたコンセプトカー「エンゲルベルク・ツアラー」

読者からの情報提供によれば、現行パジェロが2019年中に特別仕様車を発表した後、カタログ落ち(生産販売終了)するとのこと。

今回の発表時期から、e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)が次期型パジェロである可能性は十分に考えられます。3月にジュネーブで発表されたコンセプトカー「エンゲルベルク・ツアラー」とは車体やホイールのカラー、その他細かな機能を除けばほぼ同一車ということもあり、今後の発表に期待できそうです。

(MOBY編集部:松本賢哉)

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す