初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【Yahoo!カーナビの使い方】ついにApple CarPlay対応!最強無料カーナビアプリ5つのポイント

Apple CarPlayに対応!どんな機能が使えるの?

2019年4月16日、Yahoo!カーナビがApple CarPlayに対応となりました。ストアでは4月8日から最新版が配信されており、すでにネットでは「ついに来た…!」と話題に。

Apple CarPlayとは、iPhoneと車インフォテインメントシステムをケーブルで接続し、iPhoneの機能を車のディスプレイを通して利用できるというもの。Apple CarPlay対応のアプリであれば、ナビ以外にも通話やメッセージの確認、音楽の操作などを、車を通して行なうことができます。

Yahoo!カーナビ Apple CarPlayに対応 記者会見

記者発表会会場にて

Apple CarPlay搭載の新型車が増加するなか、車載ナビではなくカーナビアプリをスマホで利用するユーザーも増加。Yahoo!カーナビユーザーからも、Apple CarPlayへの対応を求める声が多く挙がっていたそうです。

特に2018年9月以降は継続的に要望が寄せられ、特定のカーナビとしては史上最多を記録。今回のApple CarPlay対応はユーザーリクエストあっての実現です。

MOBY編集部は記者発表会にて、Apple CarPlay対応でどれほど便利になったのか、どんな機能が使えるのかを一足先にチェック。事業開発部の金木雄太さんが教えてくださったポイントを4つご紹介します。

カーナビ画面でもスマホ同様の使い勝手

スマホアプリと同じ施設アイコンなどを、Apple CarPlayでも継続して設定。カーナビ画面でも今までと同じ使い勝手、視認性です。

デザイン開発部の菊地七瀬さんによれば、CarPlay独自のテンプレートに合わせるため、スマホ版の表示や動作をそのまま移植できないこともあったそう。使い勝手を損なわず、カーナビからも違和感なく使うことができるかを重視したということです。

カーナビの地図上で目的地を設定できる

Apple CarPlayでは、カーナビの地図上で目的地を設定できます。さらに、目的地設定の際に指でタッチして細かな位置調整も行うことができます。

自然な音声&カウントダウンもきめ細やか

Apple CarPlayでYahoo!カーナビを利用すると、ナビ音声はスマホ本体からではなく、車載スピーカーから流れます。自然な音声、きめ細やかなカウントダウンでルートを案内します。

駐車位置保存&ナビゲートも利用可能

便利な機能「駐車位置保存」は、Apple CarPlayでも利用可能。スマホとの接続を解除しても情報が引き継がれるため、駐車位置に戻る際の徒歩ルート案内もこれまで通り利用できます。

Yahoo!カーナビ×Apple CarPlayの使い方

①スマホを車に接続する

Yahoo!カーナビアプリが入っているスマホを、車のインフォテイメントシステムに接続します。このとき、スマホの位置情報をオンにしてください。

接続は基本的に車載カーナビ付近のUSBジャックから、ケーブルを介して行います。対応ケーブルやケーブル位置は事前に確認しておきましょう。

②ナビ画面で「Yahoo!カーナビ」を起動

Apple CarPlay対応車の場合、ナビ画面に「CarPlay」のアイコンが存在します。それをタップし、以下のようなアイコンが並ぶ画面を表示させてください。

iOSユーザーにはおなじみのアイコンが並んでいます。「Yahoo!カーナビ」のアイコンをタップして起動してください。

実際に、MOBY編集部がApple CarPLay搭載車(車両は、新型プジョー508)に乗って、使ってみました。

ヤフーカーナビ アップルカープレイに対応

アプリが多くて表示されない場合は次ベージにスワイプしてみよう。 ※以下の画像はMOBY編集部撮影。車両はプジョー508。

こちらの画面は一見「Yahoo!カーナビ」のアイコンがないように見えますが、左側の縦に並んでいるアイコンの最上部にあります。
ちなみに、この画面を右にスワイプすると「Yahoo!カーナビ」アイコンが表示されます。

③「目的地設定」をタップ

地図画面の右上「目的地設定」をタップし、目的地情報を入力します。

④ルートを選択して「ナビ開始」

複数ルートある場合は「ルート選択」が表示されます。

スマホとほぼ同じで、「推奨ルート」「高速優先」「一般優先」の3つを切り替えて、お好みのルートを選択し「ナビ開始」をタップします。

⑤カーナビ画面で道案内&オービス位置も反映

Yahoo!カーナビ Apple CarPlayに対応④-1ルート案内

この画像はヤフー広報画像。

ルート案内はナビ画面と車載オーディオにて行われます。

ルート上の緑のアイコン「SLOW」はオービス位置です。事前に音声にて2回アナウンスがありますので、速度に注意して通過しましょう。

駐車場など施設ジャンルで目的地設定も

目的地設定の際、スマホ同様に「駐車場」「ガソリンスタンド」などジャンルからも選ぶことができます。

ためしに「駐車場」を検索してみます。

駐車場の場合、スマホ同様に「オンライン決済可能」といった条件のほか、「タイムズ」「三井のリパーク」など企業別でも検索できます。

スマホ画面からも目的地設定OK

Yahoo!カーナビ Apple CarPlay 目的地設定

以下の画像はヤフー広報画像。

Apple CarPlayで車に接続していても、通常通りスマホから目的地を設定することができます。

運転中は安全のため、スマホ画面に上記のようなメッセージが表示されます。

Apple CarPlay対応機能のアップデート

キープ&高速道路案内がApple CarPlayとの連携を強化!

2019年7月16日、Yahoo! JAPANが運営する無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ(iOS版)」に、「Apple CarPlay」対応の車載機器に接続して利用する際の機能が2つ追加されました。追加された機能は下記の2つです。

・Yahoo!カーナビ内の機能「キープ」で保存した店舗・施設情報の表示がApple CarPlay対応の車載機器上で可能に
・高速道路走行中の案内をより分かりやすく表示

これらの機能に関しては下記の記事で解説しています。

Android Autoにはいつ対応する?

iPhoneやiPadといったiOSユーザーにとっては嬉しいApple CarPlay対応となりましたが、Androidユーザーからは引き続きAndroid Autoへの対応を求める声が挙がっています。

サービスマネージャーの斎藤清隆さん曰く「(提供元である)Googleが、Android Autoに対応するナビアプリを公開していないので、Yahoo!カーナビのAndroid Auto対応は現状できない」とのこと。現状は開発サイドが動けない段階ではありますが、Googleがナビアプリを公開した際は対応を検討するそうです。

Googleからの事前情報が全くないため、Yahoo!カーナビのAndroid Auto対応がいつになるかはわかりません。これについてはユーザーもYahoo!も待つしかないようです。

文・編集・池田 貴美(MOBY)

【画像出典】
・ヤフー株式会社広報画像
・スマートフォンスクリーンショット:Yahoo!カーナビ
・Yahoo!カーナビスクリーンショットの地図:ゼンリン
・App Store

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す