車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【Yahoo!カーナビの使い方】ついにApple CarPlay対応!最強無料カーナビアプリ5つのポイント

2019年4月16日発表!ついにYahoo!カーナビ(ヤフーカーナビ)がApple CarPlay(アップルカープレイ)に対応しました。無料カーナビアプリ最強といわれるYahoo!カーナビの使い方を徹底解説します。

【最新情報】Yahoo!カーナビ専用リモコン 新製品が登場

ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ

ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ

2019年7月26日、「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」ブランドから、Yahoo!カーナビ専用リモコン「ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ」が発売されます。このリモコンを使えば端末画面にふれることなく、Yahoo!カーナビアプリを操作することができるため、運転中の安全性が向上します。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

Yahoo!カーナビとは?

「Yahoo!カーナビ(ヤフーカーナビ)」はヤフージャパンが提供する、スマホで使える本格派カーナビアプリです。車載ナビと同じような充実した機能が搭載されているにも関わらず、無料で利用することができます。もちろんデータ更新料も一切不要です。

「進化する本格カーナビ」をコンセプトに、安全運転をサポートする機能や渋滞情報、地図とハイウェイモードの同時表示を可能にするなど、ドライブを安全快適にしてくれる機能が満載です。

2015年には国際自動車通信技術展(ATTT)が主催する、第6回ATTTアワード優秀賞を受賞。さらに同年、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、グッドデザイン賞も受賞しています。

【2019年4月】「Yahoo!カーナビ」がApple CarPlayに対応!

2019年4月9日、ヤフーはApple CarPlayに対応したバージョン2.6.7を公開しました。Apple CarPlay対応のインフォテインメントシステムであれば、車載ディスプレイに最適化されたデザインでYahoo!カーナビアプリを表示、案内するほか、駐車位置の保存などができるようになりました。

Apple CarPlayでのYahoo!カーナビ(ヤフーカーナビ)の使い方は、この記事の2ページ目で解説します。

注目の便利な5つのポイント|オフライン・オービスには対応?

① 無料で自動更新!オフライン時はキャッシュを利用

Yahoo!カーナビ(ヤフーカーナビ)は完全無料のアプリであるだけでなく、地図更新にも追加料金が発生しません。さらに、ユーザーがアプリの更新をする必要はなく、常に最新の地図、最適なルートが自動で表示されます。

基本的にはスマホの電波が受信できる場所で使用できますが、電波の届かない場所ではキャッシュを利用しオフラインでナビを使用できます。ただし、キャッシュ範囲内であっても、オフライン時はルート変更や新規ルート検索ができなくなるので注意が必要です。

さらに、無料アプリにも関わらず、Yahoo!カーナビには広告が表示されない点もユーザーからのポイントが高いようです。

② オービス位置や取締り場所からスピード注意情報を提供

オービス(自動速度違反取締装置)にもしっかり対応。オービスの設置箇所を地図上だけでなく、音声でもお知らせします。

スピードが出やすい区間やスピード注意エリアは、「SLOW」アイコンで表示。音声では「この先、スピードにご注意ください」というアナウンスが一定の距離で2回事前に流れます。このスピード注意情報は、アプリの設定でオン・オフを切り替えることができます。

また、2017年から県警との連携も行っており、取締りが行われるエリア=事故多発エリアでは、運転への注意喚起を行ってくれます。

③ プローブ情報&JARTIC交通情報で渋滞予測

Yahoo!カーナビの利用者情報(プローブ情報)は、個人を特定できない形で収集され、リアルタイムの渋滞情報として活用されます。さらに、JARTIC(日本道路交通情報センター)の交通情報とも連携しており、3ヶ月先の渋滞予測や通行止め情報が確認できます。

④ 24000以上の駐車場空き情報をリアルタイム表示

Yahoo!カーナビ 駐車場空き情報

満車は赤、空車は青でマップ上表示。駐車料金なども詳細から確認できる

Yahoo!カーナビは、駐車場やコンビニ、ガソリンスタンドなどの施設情報もカテゴリごとに検索できます。駐車場は全国24,000箇所以上の「満車」「空車」情報をリアルタイムで表示してくれます。

さらに、ユーザーのリクエストに応え、2018年駐車位置をスマホに保存してくれる機能を実装。駐車した場所へ際はヤフーマップ(別アプリ)にて、徒歩ルートで案内してくれます。

⑤「運転力診断」で安全運転をサポート

スマホに内蔵されている加速度センサーを利用して、Yahoo!カーナビを利用して走行している間に、安全運転ができているかを診断することができます。「加速」「減速」「ふらつき」など5項目で点数を付け、運転アドバイスもしてくれます。

Yahoo!カーナビの使い方&よく使う機能

まずは、お手持ちのスマホやタブレットにアプリがダウンロードされているか確認をしてください。(ダウンロードは以下より可能です)また、スマホやタブレットの位置情報をオンにしてください。

Yahoo! JAPAN IDでログインすると、JARTIC交通情報による渋滞情報が表示されるようになります。

※Yahoo! JAPAN IDはこちらから無料で登録できます。

ルートを検索&決定する

① 検索窓に目的地を入力

現在地から目的地までのルートを探したい場合は、地図上の検索窓に名前を入力します。位置情報がオンになっている場合は、現在地からのルートが検索されます。

→②へ

または、メニューバーから「ルート設定」

現在地と目的地を手動で入力したい場合は、地図画面左上の「メニュー」をタップし、「ルート設定」を選択。

・現在地
・目的地
・出発時刻 を入力できます。

出発時刻は現在時刻のほか、180日先まで指定できます。

現在地(出発地)を入力

出発地を検索して入力。

緑のピンが立った地点が出発地です。画面右下の青いアイコン「出発地に指定」をタップします。

目的地を入力

同様に、目的地も検索して入力。

オレンジのピンが立った地点が目的地です。画面右下の青いアイコン「目的地に指定」をタップします。

→②へ

② ルートを決定!

Yahoo!カーナビ ルート設定

※実際のスマートフォンでも画面の下半分は余白です。

出発地と目的地が入力されました。経由地や時刻の設定がある場合は入力し、「確定」をタップ。

ルートが表示されます。「おすすめ」「高速優先」「一般優先」とタブが分かれており、ルートが複数ある場合はタブをタップして確認できます。

「おすすめ」と「高速優先」で2ルート検索されました。各ルートの詳細はタブを再度タップして確認できます。

お好みのルートを表示させ、画面右下の青いアイコン「ナビ開始」をタップすると、案内が始まります。

駐車位置を保存&駐車位置まで戻る

Yahoo!カーナビ(ヤフーカーナビ)では、車を降りた地点をナビ上に保存することができます。

①車を降りた場所で「駐車位置保存」

車を降りたら、地図画面上の左下「P(駐車位置保存)」をタップします。

駐車位置が保存されました。誤った位置を保存してしまった場合は、画面右上「削除」をタップして再度保存します。

この画面では、以下のことができます。

・駐車時間の確認
 位置を保存してからどれくらいの時間が経過したかを確認できます。
・カメラで撮影
 立体駐車場などの番号を控えておきたい場合は、右下のカメラアイコンをタップします。撮影した画像は、スマホの画像保存アプリなどで確認できます。(Yahoo!カーナビ上では確認できません)

また、Android版に限り、以下のことができます。

・保存場所を微調整
 画面の右上「位置調整」から、駐車位置を微調整できます。
・ホーム画面にショートカットを追加
 画面の右上「その他」から、スマホのホーム画面に駐車位置のショートカットを作成できます。

準備ができたらスマホを持って車を降り、目的地へ向かってください。このとき、Yahoo!カーナビをタスクキルしたり、スマホで他の操作をしても問題ありません。

②駐車位置までナビを使って戻る

駐車位置に戻りたいときは、Yahoo!カーナビ画面の地図画面 左下の青いアイコン「P(保存済み」をタップします。

「駐車位置へ行く」をタップすると、Yahoo!マップに切り替わりますので案内に従ってください。

※別アプリ「Yahoo!マップ」のダウンロードが必要です

別売りのカーナビ専用リモコンも便利

Yahoo!カーナビ専用の、ハンドルに装着するタイプのリモコンが販売されています。ハンドルから手を離さず操作できるので、安全性にも優れています。

ハンドルリモコンはシンプルに設計で、誰でも簡単に操作可能。上下左右ボタンを押せば地図をスクロール、プラス・マイナスボタンで地図の拡大縮小、マイクマークのボタンを押すと音声検索の開始など、直感的な操作が可能です。現在地ボタンを長押しで、登録している自宅へのルートに切り替えることができます。

年末年始やGWには渋滞予測情報も公開!

Yahoo!カーナビは、年末年始やGWなど高速道路の混雑が予想される時期に渋滞予測情報が公開されます。この機能は、渋滞の起きやすい高速道路9路線の対象区間で「渋滞予測」が確認できるというもの。

対象となる路線は
【東北道】 - 浦和IC~宇都宮IC
【関越道】 - 練馬IC~高崎IC
【常磐道】 - 三郷IC~水戸IC
【中央道】 - 高井戸IC~大月IC
【東名高速】 - 東京IC~御殿場IC
【東名阪道】 - 名古屋西IC~亀山IC
【名神高速】 - 八日市IC~吹田IC
【中国道】 - 中国吹田IC~吉川IC
【山陽道/中国道】 - 宝塚IC~三木東IC

2019年の4月26日 ~ 2019年5月6日には「GW渋滞予測2019」が、8月8日~8月18日には「お盆の渋滞予測2019」が公開されました。

「渋滞予測」機能の使い方(GW渋滞予測2019の例)

左下の「道路交通情報」をタップし、「道路交通情報」を開きます。「Yahoo!道路交通情報」の画面に切り替わったら、右上の矢印をタップして「道路交通情報」の画面を縮小します。

「予測」をタップし高速路線9路線の一覧を表示し、希望の路線から「上り」か「下り」を選択します。

確認したい日付をタップすると、選択した日の「渋滞予測」が確認できます。渋滞のピークやその区間の所要時間の目安がわかります。

渋滞予測の表示路線は、緑色の路線名(区間)をタップし、表示したい路線名(区間)を選択。「完了」をタップすれば切り替え可能です。

Yahoo!カーナビ2019GW渋滞予測

Yahoo!カーナビ広報画像

なお、混雑状況については上図のように色によって所要時間を表示しています。

次のページ

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す