初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ブガッティが新型SUVを開発中か!最高出力は1000PS?2023年に発売も

ブガッティが2023年までにクロスオーバー新型SUVを発売する可能性も!予想CGや予想されるスペックから、どんなSUVになるのかを検証します。

ブガッティが最高出力1000PSのハイパーSUVを開発中!?

2018年2月に制作された予想CG。4ドア

André Fonseca氏が制作した予想CG。2ドア

ブガッティは、現在フォルクスワーゲン傘下でスーパーカーを製造する、フランスの自動車メーカーです。

近年、高級車やスーパーカーメーカーから続々とSUVがデビューしています。ランボルギーニ ウルスに続き、フェラーリもついにSUVを開発中であると話題になっています。

その流れはブガッティにもあるようで、スポーツカーとクロスオーバーの中間と位置づけるモデル「クーペユーティリティ ビークル」と名付けたSUVを開発中であるという有力な情報が。ファンからの期待度も高く、これまで何度か予想CGも作成されています。

予想CGは2ドアモデルと4ドアモデルが作成されていますが、採用される可能性が高いのは2ドアとみています。パワートレインにはV型8気筒ツインターボ+電気モーターによるハイブリッドが採用され、最高出力1000PSを発揮するとも言われています。

海外の有力メディアによると、SUVの提案は終わり上層部から承認待ちの状態。開発が計画通りに進めば、2022年に初公開、2023年には販売を開始するとの予想で、年間生産台数は800台の予定です。

ブガッティは少量生産のハンドメイドと言える生産体制で、数年かけて400〜500台を生産する規模であり、車両価格は1億円を下回ることはありませんでした。
年間800台を生産するとなると、新たに設備投資にも費用が掛かると思われますので、車両価格は数千万〜1億円になると筆者は予想します。

(参考価格)
 ・ヴェイロン :約1億6,000〜2億9,000万円
 ・シロン:約3億3,000万円

【2018年10月】ブガッティ CEOがSUVの開発を示唆!

ブガッティのCEOが、SUVの開発を「Automotive News」のインタビューにて示唆しました。

CEOによれば、今後のブガッティはダウンサイジング化を進めるとのことで、V8ターボエンジンハイブリッドシステムの組み合わせると予想します。

【2018年2月】シロンをベースにしたSUVのCGが作成

ブガッティ シロンをベースにした、新型SUVの予想CGが作成されました。

SUVのシルエットに、大型グリルやL字型ライト、大口径ツインエキゾーストパイプなど、ブガッティらしさを取り入れたデザインが印象的です。
ブガッティSUVは、シロンSUVとなるのかどうか今後に注目です。

ブガッティ シロンとは?

ブガッティ シロンは、ブガッティのフラッグシップモデルである「ヴェイロン」の後継車として、2017年に発表されました。
世界で500台の限定生産、価格は約3億3,000万円という最新のスーパーカーです。

最高速度は420km/hで、停止状態から400km/h到達まで約30秒、400km/hから停止するまで約42秒(正確には41.96秒の世界新記録)という世界トップ水準のスペックを誇ります。

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す