車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

ルノー 新型エスパスのマイナーチェンジをスクープ!2019年内にもデビューか

ルノーのミニバン「エスパス」のマイナーチェンジモデルがスクープされました。内外装やパワートレインを一新し、2019年内にもデビューする可能性が高い新型エスパスに関する最新情報をお伝えします!

内外装、パワートレインも刷新されるエスパス

ルノー エスパスは、ヨーロッパ初のミニバンとして1984年に登場し、その斬新なコンセプトとデザインから、欧州にて高い人気を誇りました。2015年に現行モデルの5代目がデビューしています。日本には正規輸入されていないモデルです。

スクープされたテスト車両のカモフラージュはフロント/リアエンドのみ。マイナーチェンジにより、ヘッドライト・フロントグリル・コーナーエアインテーク、前後バンパーとテールライトが見直されるようです。

パワートレインは、現行モデルに搭載されている新型アルピーヌA110の、ルノースポール製1.8L 直列4気筒(最高出力:252PS)を、デチューン(225PS)したエンジン。しかしこのエンジンが見直され、馬力を向上させる可能性があります。
さらに、新開発の2.0L ディーゼル(最高出力160PS/200PS)が新たに設定される予定です。
また、ホイールオプション、インテリア トリムとソフトウェアのアップデートが行われるでしょう。

海外の有力メディアによれば、世界初公開は2019年内と伝えています。
エスパスは日本に正規輸入されていませんので、マイナーチェンジモデルが日本発売となる可能性は低いでしょう。

(参考価格)
 ・現行型エスパス:39,550ユーロ〜(約500万円)

新型エスパス スクープ 画像ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す