車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ新型RS4アバントが早くも開発中?マイナーチェンジで2020年以降に登場か

アウディ新型RS4アバントが早くもスクープ!マイナーチェンジした新型RS4は2020年以降に登場か?最新情報をお届けします。

RS4アバント、早くもマイナーチェンジモデルが開発スタート!

アウディ RS4アバント(ステーションワゴン)は、「A4アバント」をベースにした高性能スポーツモデルです。Racing Sport(レーシングスポーツ)の意味の「RS」が称号が与えられています。

2019年1月にフルモデルチェンジが行われたばかりですが、このたびマイナーチェンジに向けてテスト車両がスクープされました。

スクープされたテスト車両は軽いカモフラージュで、ディテールが確認できる状態です。

ヘッドライトユニットは現行モデルのように下部に段差はなく、ストレートでシンプルなデザインに。フロントグリルは若干高さが狭められてワイド感が増しました。フロントコーナーインテークも現行型と形状が異なっているように見えます。テールライトも現行RS4とは異なり、同社A6に似たデザインに変更されています。

アウディの最新装備のひとつ、3つのディスプレイのインフォテインメントシステムが採用され、インテリアとしても際立った装備になるでしょう。

海外の有力メディアによれば、新型RS4アバントの世界初公開は、まだ先で2020年以降になると伝えています。フルモデルチェンジされたばかりですから、これから本格的な改良テストが行われ、マイナーチェンジモデルの登場は2年ほど先になると予想します。

パワートレインは現行モデルのエンジンが引き継がれる可能性が高いです。エンジンなど主要機関部に変更がなければ、車両価格も現行モデルと大差ない1,200万円前後になるでしょう。

(参考価格)現行型 RS4アバント:1,196万円

改良新型RS4 アヴァント スクープ 画像ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す