車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

新型Q2 e-tronはアウディ最小のEV SUVに!航続距離は500km以上

アウディ最小となるEV SUV・新型Q2L e-tronの市販型プロトタイプをカメラが捉えました。ベースとなるのはQ2のロングホイールベースモデルで中国専売車です。新型Q2L e-tronの最新情報をお届けします!

アウディ史上最小のEV SUV誕生へ

アウディ 新型Q2L e-tornは、アウディの最小クロスオーバーSUV「Q2」の派生モデルとして開発中のEVです。中国専用のロングホイールベース仕様「Q2L」をベースとしています。

新型Q2L e-tronのプラットフォームにはQ4 e-tronに採用されているEV専用「MEB」ではなく、再設計された「MQB」を使用。スクープされたテスト車両は、バンパーのエアインテーク、ドアミラーのデザインが一新されています。

最大航続距離はまだ公開されていませんが、310マイル(500km)以上との噂も。ルーフに埋め込んだ太陽電池により、蓄積されたエネルギーを利用して走行距離を伸ばし電装システムに供給する、最先端エコ技術の投入も予想されています。

アウディは2020年までに12車種の新型EVを発売すると発表しています。Q2L e-tronは2019年内に発売することがアナウンス済みです。

車両価格は、上位モデルとなるQ4 e-tronの存在を考慮すると600万円前後になると予想します。

(参考価格)
 ・新型e-tron:74,800ドル(約830万円)〜

アウディ Q2についてはこちら

新型Q2L e-tron スクープ 画像ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す