初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

Lynk & Co 01 ロングバージョンを初スクープ!ジーリーより2020年にも発売か

ジーリーホールディングによるLynk & Co 第一弾のクロスオーバーSUV「01」のロングバージョンをカメラが捉えました。Lynk & Co 01 ロングバージョンの最新情報をお届けします!

新型01にロングバージョンが登場!

Lynk & COは、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ *)が2016年に立ち上げた新ブランドです。日本市場に参入していないため、現時点では正規ディーラー車として購入することはできません。

*浙江吉利控股集団の傘下にあるのは、ボルボと吉利汽車。開発は主にボルボが行い、車両は中国とベルギーで生産される。

今までに発表したモデルは以下の3モデル。さらに開発中のモデルと「04」もあります。

・「01」クロスオーバーSUV
・「02」クロスオーバーSUV
・「03」セダン

スクープされたプロトタイプは、Lynk & Coの第一弾である「01」クロスオーバーSUVのロングバージョンです。

「01」はボルボが開発したプラットフォーム「CMA」を採用したモデル。最大7名が乗車できる「01 ロング」ですが、ホイールベースは延長されていません。Cピラーとリアウィンドウを垂直に近い角度でデザインを見直し、大人7名が乗車できる室内空間を確保しています。

パワートレインは、2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力:190PS)を設定。また1.5L 直列3気筒ガソリンエンジン(最高出力:180PS)+電気モーター(82PS)のPHEVもラインアップします。

Lynk & Co 01ロングの世界初公開は、海外の有力メディアが2019年秋以降と伝えてられおり、筆者も年内になると考えています。2020年に中国にて発売、さらにその後は北米や欧州での発売される可能性もあるでしょう。

Lynk & Co 01 ロング スクープ 画像ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す