初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ新型A4がスクープ!マイナーチェンジモデルのディテールが明らかに

アウディ新型A4のセダンとアバントをスクープ。マイナーチェンジモデルのテスト車両から、最新情報をお届けします。

新型A4が今までで一番軽いカモフラージュでスクープ

アウディ 改良新型A4セダン_2019

A4セダン

アウディ 改良新型A4_2019

A4アバント(ステーションワゴン)

アウディ A4は、FFベースのモデルとして1994年に登場したアウディの屋台骨といえるモデルです。A4のボディタイプは、セダンとアバント(ステーションワゴン)の2種類があります。

スクープされた開発車両は「A4セダン」と「A4アバント」のマイナーチェンジモデルと思われます。

フロントグリルはワイドで従来モデルと比較して薄型に。新デザインのヘッドライトユニットと、コーナーエアインテークを確認することができます。リアエンドではバンパーが刷新され、LEDストリップライトを内蔵する新型テールライトが採用されています。

インテリア、フルデジタルのインストルメントクラスタには、A6に採用されたデュアルスクリーンを搭載。最新のインフォテインメントシステムを搭載する可能性が高いでしょう。

パワートレインは、現行モデルに搭載されている以下のエンジンを採用する可能性があります。

 ・1.4L 直列4気筒TFSIガソリンターボ(150PS)
 ・2.0L 直列4気筒TFSIガソリンターボ(190PS)

海外の有力メディアによるとマイナーチェンジした新型A4は、「A4セダン」が2019年末まで、「A4アバント」は2020年春頃までにデビューするとの予想。

車両価格は若干の値上げとなり、以下のようになると予想します。

 ・新型A4セダン:460万円〜
 ・新型A4アバント:490万円〜

(参考価格)
 ・現行型A4セダン:447万円〜
 ・現行型A4アバウト:476万円〜

アウディ A4 現行モデルの詳細はこちらから

改良新型A4 スクープ画像 ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す