初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ ロードスター30周年記念車が発売へ!4月5日より商談予約受け付け|記念トークショーも開催

マツダは2019年4月5日より、特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を特設サイトで開始します。専用のボディカラーや装備の豪華モデル。世界3,000台限定発売で、国内ではソフトトップ/ RFと合わせて150台をデリバリー予定。

ロードスター30周年記念車の商談予約が4月5日より開始

シカゴオートショーに出展された「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」

マツダは、特別仕様車「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を2019年4月5日より特設サイトで開始します。

同車は今年の2月にシカゴオートショーにて発表した「Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の国内仕様。世界3,000台限定発売で、国内においてはソフトトップモデルの「ロードスター」を110台、車体収納可能なハードトップであるリトラクタブルハードトップを持つ「ロードスター RF」を40台の合わせて150台がデリバリー予定とのことです。

専用ボディカラー「レーシングオレンジ」を採用し、内外装もオレンジをアクセントとしたカラーコーディネートに。専用装備として、レイズ社製の刻印入りアルミホイールやブレンボ社製フロントブレーキキャリパーなどが標準とされるなど、豪華仕様となっています。

特設サイトでの商談予約は下記の専用ウェブページから。ロードスターが4月5日(金)~4月15日(月)。ロードスター RFが5月27日(月)~6月10日(月)となります。

※ ウェブ商談予約受付の当選後、店頭での契約が必要です。
※応募多数の場合は抽選を予定しています。また、商談予約の受付状況に応じて、国内の販売台数について数十台程度の変更を行う場合があります。

特別装備・価格

ソフトトップ(左)と、RF(右)

特別仕様車は「RS」をベースとしており、RS標準装備となっている「Boseサウンドシステム+9スピーカー」や「アルカンターラを採用した内装(ドアトリム、インパネ、シート表皮)」に加えて下記の特別装備を採用しています。

・専用ボディカラー:レーシングオレンジ
・レイズ社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)<30TH ANNIVERSARY 刻印入り>
・ “30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)
・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)
・レカロ社製シート
・ビルシュタイン社製ダンパー(MT車のみ)
・ブレンボ社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ニッシン社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)

マツダ ロードスター30周年特別仕様車の価格
車種エンジンミッション価格
ロードスター1.5L 直列4気筒6MTのみ368万円
ロードスター RF2.0L 直列4気筒6MT/6AT430万円/426万円

ロードスター30周年記念車展示イベント

オートモビルカウンシル2019

・会期
4月5日(金)~4月7日(日)

・展示車両
NA Prototype (1985)
RS22 Miata MX5 Club Racer (1989)
初代ロードスター (‘89)
2代目ロードスター 10周年記念車 (1999)
3代目ロードスター 20周年記念車 (2009)
4代目ロードスター 30周年記念車 (2019)

30周年を記念したトークショーが開催!

3月25日、ロードスターの発売30周年記念のトークショーが東京ミッドタウン日比谷にて開催されました。このトークショーには開発主査の中山雅氏や、広島に拠点を置く国産スニーカーメーカーである「スピングルカンパニー」の田上秀一氏が出席。ルーツを大事に、そして身体に馴染むような製品を心がけている2社の対談となりました。

マツダの製品における「人間中心のモノづくり」の最たるものがロードスターであるとのこと。具体的には回頭時の動きをわかりやすくするために重心位置に運転席を設けるていることや、意識していなくても進行方向が自然と伝わってくるよう内装とフェンダーのラインが一直線となる設計など。

マツダ、そしてスピングルカンパニーに共通している思想が「良いものは長く使えるようにするべき」というもの。中山氏は2018年に発表された初代NA型ロードスターレストア事業について触れ、「最新のものが誰にとっても最良とはならない」とし今後も続けていきたいとしながらも、「事業である以上赤字にならないように努力する必要がある」とし、その難しさを語っていました。
レストア事業にあわせて、絶版部品の再生産も積極的に行われているので多くのロードスターユーザーに利用してもらいたいとのことでした。

開発主査が語る30周年記念車の注目ポイント

マツダ ロードスター30周年記念スペシャルイベント

開発主査の中山雅氏とロードスター(標準モデル)

開発主査の中山雅氏いわく、30周年記念車の一番の注目ポイントはボディカラーとのこと。「レーシングオレンジ」とよばれるこのボディカラーは「感謝と今後への決意を込めた朝焼けの色」をイメージしたもの。
なるべく鮮やかなオレンジにしたいということで「彩度」「明度」の2つにこだわって試行錯誤の末に完成した色とのこと。

ロードスターの30年はまさしく人の成長と同じという中山氏。育ててくれた人々への感謝と、基本的な軸は変えずに続くロードスターの今後への決意を伝えるモデルとして、この30周年記念車は相応しいモデルであるといえるでしょう。

スピングルカンパニーのスニーカーとマツダ ロードスターのコラボレーション展示

マツダ ロードスター30周年記念スペシャルイベント

スピングルカンパニーの田上秀一氏

イベントでは「人間中心のモノづくり」というコンセプトを共有するマツダと、スピングルカンパニーのコラボレーション展示も行われました。マツダの「人馬一体」と同様に「身体の一部」として靴を製造しているスピングルカンパニー。そのデザインは職人の手作業が感じられるものになるようこだわっているとのこと。
「巻き上げソール」と呼ばれる独特のソールを採用しており、これが特徴とされています。このソールを製造する金型は40年以上前のもので昔から変更を加えておらず、ソールより上の部分(アッパー)中心の変更でラインナップを広げています。素材やデザインは時代によって変わっても、ベースとなる部分、軸として捉えている部分を変えないという両社のこだわりを感じさせる展示内容でした。

スピングルカンパニーでは、購入後に消耗してしまった製品のリペア事業も行なっているとのこと。こちらも「良いものを長く使えるようにする」ということでロードスターのレストア事業を開始したマツダにも通じる哲学を感じさせます。

イベント展示車両

初代ロードスター

初代NA型ロードスターは未だに根強い人気を持つモデル。2018年からマツダによるレストアサービスが開始されています。

2代目ロードスター

リトラクタブルライトを廃し、生まれ変わった2代目ロードスター。クーペボディのモデルや、ターボモデルなど最もバリエーション豊かなロードスターだったといえるでしょう。

3代目ロードスター

ロードスター初の3ナンバーボディを採用。排気量も過去最大の2.0Lとなりましたが軽快感はそのままに安定感を増した走りは高い評価を受けています。

4代目ロードスター

現行型となる4代目、ND型ロードスターは先代同様に3ナンバーボディを採用。1.5Lエンジンのロードスターと、2.0Lエンジンで電動格納式ルーフを採用したロードスターRFの2車種をラインナップしています。

MOBY編集部:上田貴大

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す