初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

AE86(カローラレビン)の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

(トレノの)人気に火がついた!

1990年代後半、レビンに大きな転機が訪れます。1995年に連載が開始された、しげの秀一による自動車漫画「頭文字D」で、主人公が駆る愛車としてAE86 スプリンタートレノが登場したのです。

「頭文字D」はマニアのみならず、一般層からも絶大な支持を得て、「ハチロク」の名を一躍有名にしました。今までハチロクといえばレビンのことを指していましたが、この時からトレノに変わったのです。

その人気は凄まじく、もともと生産台数の少なかったトレノは中古価格が高騰し、発売から30年以上経った今でも高値で取引されています。一方のレビンは、フロントマスクを改造されてトレノ顔にされたり、若い人にトレノと勘違いされたりと、顔ぐらいしか違わないのにヒドイ扱いです。

ドリ車の代名詞

土屋圭市をはじめとする一流のドライバー達によって、AE86のドリフト車としての名声は高められました。

AE86はチューニングがしやすく、軽量で後輪駆動だったためにドリ車としては最適で、土屋さんは度々ハチロクを称賛していました。現在もレビン、トレノを合わせて4台ものハチロクを所有しているそうです。

カローラレビンの中古価格は?

カローラレビンの中古価格は59万円からと、そんなに高くはありません。しかし上を見ると378万円の物があり、価格は応相談というところも多くなっています。安ければ、それ相応の状態である物も当然存在するので、中古車はよく見極めて買いましょう。

また、30年以上前に発売された車なので、現在のユーザライクな車と違って扱いづらいところも多くあります。素人には維持管理が難しい車であるという点でも、注意が必要です。

それでもハチロクに乗りたいという方は、以下のリンクから中古車を検索することができます。どうぞご確認ください!

自分だけの愛車にしよう!

世間的にはスプリンタートレノが人気ですけれども、カローラレビンもハチロクです。むしろ、あえてカローラレビンに乗っていることで、自分らしさを表現できるでしょう。

そんなわけで、カローラレビンもハチロクとしてオススメできる車です!トレノの購入を検討している方は、レビンにも注目してみましょう。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す