初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ヴェゼル 裏情報!実燃費や悪い口コミ、評判、値引目標額は?

ホンダが誇る、SUV人気No.1のヴェゼル。コンパクトでありながらも、広い室内空間空間を確保し、SUVらしいスポーティデザインと、高い機能性や居住性の両立を実現しています。本記事では、そのヴェゼルの公式HPでは知ることのできない、裏情報をまとめました。ヴェゼルを選ぶ前に必ず目を通しておきたいその内容とは?

ホンダ ヴェゼル

2015年度も日本国内のSUV市場で販売台数No.1となり、若者を中心に大人気のホンダ ヴェゼル(Vezel)。今最も勢いのあるコンパクトSUVモデルです。

SUVの市場の中で、ヴェゼルの持つ万人受けするスタイリッシュなデザインとクラス最高峰の燃費性能、そして若者でも手が届きやすい親切な価格設定で、2013年12月の登場以来、絶大な人気を誇っています。魅力ばかりのホンダヴェゼルですが、どの車種にも少しくらいは悪い情報もあるものです。

本記事では、購入される前には一応確認しておきたいカタログや公式情報ではなかなか手に入れられない情報、ヴェゼルの実燃費やリコール情報、口コミや値引き金額まで、裏情報をまとめてみました。

ホンダ ヴェゼルの魅力や中古車情報に関しては以下の記事で詳しくご紹介!

「ヴェゼル」は実は「フィット」がベース

ホンダの代表モデル「フィット」

ヴェゼルそのベースとなるモデルはコンパクトカーである3代目フィットです。フィットは、ホンダ独自の燃料タンクを後部座席下に配置するのではなく、前席下に配置する「センタータンクレイアウト」を採用することにより、小さなボディから想像もつかない程の室内空間とミニバンのような機能性を実現しています。

また、ハイブリッドモデルに関しても、フィットは世界性高水準のハイブリッドエンジンを搭載。コンパクトながら居住性・機能性が高く、燃費の良いといった特徴がヴェゼルにも引き継がれています。

ただし、コンパクトカーのプラットフォーム、パワートレーン(エンジン周り)ベースにしているが故に、SUV本来の「力強い走り」という点においては物足りないと感じるかもしれません。また、フィットをベースにしているが故に、残念ながらフィットと同じくリコールが多いというのが特徴となっています。

ヴェゼルの実燃費は

ヴェゼルの実燃費は、カタログ燃費(JC08基準)と比較してどの程度の燃費になるのでしょうか?

カタログ燃費はJC08基準で、以下の通りとなっています。
●ヴェゼル:19.0~20.6km/L
●ヴェゼルハイブリッド:21.6~27.0km/L

そして、ユーザーの口コミ情報によると、実燃費は以下の通りに。
【実燃費】
●ヴェゼル:14.83km/L
 回答者数650名
●ヴェゼルハイブリッド:18.28km/L
 回答者数3,101名

従って、ガソリン車の場合は、JC08基準の72.0~79.0%程度、ハイブリッド車ではJC08基準の67.7~84.6%程度の燃費となっていますが、カタログ燃費と実燃費の差の大きさは妥当なところです。

ヴェゼル リコール情報一覧(履歴)

リコール情報 (平成27年9月3日届出)

1:点火コイル内部の電気ノイズを除去するための、雑防抵抗の構造の不適切によってアーク放電する断線の恐れ。そのまま使用をするとプラグシールか劣化して、放電による点火コイルの出力からエンジンが不調になる可能性があります。

2:点火コイル内部の電気ノイズを除去するための、雑防抵抗の構造の不適切によって一定車速で走行している時に、大きなアクセルペダル操作を繰り返す際に、アーク放電にする断線の恐れがあることです。

点火コイルの出力不足によるエンジン不調や、エンジン警告灯の点灯、点火時のノイズによってエンジン制御コンピューターが正しく制御できずにエンジンが停止する可能性があります。

リコール情報 (平成26年10月23日届出)

1:点火コイル内部の電気ノイズを除去するための、雑防抵抗の構造の不適切によってアーク放電にする断線の恐れがあります。そのまま使用をするとプラグシールか劣化して、放電による点火コイルの出力からエンジンが不調になる可能性。エンジン警告灯が点灯し、点火時のノイズによって燃料噴射装置が正しく制御できずにエンジンが停止する可能性があります。

2:電気供給回路で、電気ノイズからの保護が不十分なので、車両から発生するノイズの影響で電源制御ユニットの誤作動の可能性。

エンジン制御コンピューターに電源を供給するリレーが作動せずに、メーターパネルが消灯、エンジンが停止するおそれがあります。

リコール情報 (平成26年7月10日届出)

エンジン制御コンピューター(EUC)のプログラムが不適切

1:ECUが検知して学習しているクラッチ推定摩擦特性と実クラッチ摩擦特性がずれている状態で、EVモードで走行している際にエンジンが始動した時にモーターからの過大な駆動力が発生する危険性。

2:エンジン走行モードでの停車をしている際に、シフトレバーをDもしくはRに操作して発進する間のギアの噛み合い動作の間や、EV走行で急勾配の坂道にゆっくり進入して、一時停止しエンジンが始動した時にアクセルペダルを強く踏んでいる時に、モーターからの過大な駆動力がかかる可能性。結果として車両が急発進する危険性があります。

リコール情報 (平成26年2月10日届出)

ハイブリッド車の7速DCT型自動変速機の中で、1速ギア内のハブ上をスリーブが滑らかに動かないことがあります。それで1速ギアがかみ合わないことから、発進不良を起こしたり、坂道でのずり下がり、加速がスムーズにできないなどの現象が起こる可能性があります。

またメーターディスプレイのシフトポジションが全店灯し、トランスミッション警告灯の点灯、メーターディスプレイに「トランスミッションの点検」という表示がでる可能性。

ヴェゼルの評判・口コミ

ヴェゼルの評判は、エクステリアやインテリア、燃費、価格については満足しているユーザーが多く、全体として高い評価につながっています。しかしながら、ヴェゼルの口コミは度重なったリコールの影響で不満を持つユーザーが多いようです。

現在は改善されているとは言え、不安もあります。また、評判の比較的低い点としては、乗心地が比較的評価が低い。エンジン性能などに起因する点もありますが、路面の凸凹がそのまま伝わってくるような「硬い」という印象が強いようです。

この乗心地に関しては、2015年4月の一部改良にて「振幅感応型ダンパー」を搭載することにより縦振動や横の揺れを軽減させており、乗心地を向上させています。

”先進的な技術が詰まっているイメージ”
”安全に気を配っている車”
”安心して運転することができる車”
”リコールが出ているので対応に注意”

ヴェゼルの値引き額相場は?

値引き情報まとめ

ヴェゼルの口コミ情報にある値引き情報をまとめた結果、最も多いのは、値引き総額10万円となっています。次に多いのは値引き総額20万の層です。

車両とオプション金額の総額や購入時期にもよりますが、目標値引き額としては最低10万からのスタートで、20万円を目処にディーラーと交渉するのが良いかと考えられます。

ヴェゼルに特別仕様車を設定

ホンダは、「VEZEL(ヴェゼル)」の安全運転支援システムHonda SENSING搭載タイプ「HYBRID X・Honda SENSING」をベースとした特別仕様車「HYBRID X・Honda SENSING BRILLIANT STYLE EDITION」を設定し、2017年7月7日に発売を開始しました。

主な装備の変更点は以下の5点です。
■ボディーカラー
既存色のホワイトオーキッド・パール、クリスタルブラック・パールに、新たに採用した専用色プレミアムイエロー・パールII、ルージュアメジスト・メタリック、ミッドナイトブルービーム・メタリックの3色を加え、全5色を設定。
■LEDフォグライトを装備
■17インチアルミホイール(スポーツタイプ)を装備
■ルーフレール、プラチナクロームメッキ加飾を施した専用サイドシルガーニッシュ
■ラゲッジルームハードボードを採用

エンジンは1.5L直噴DOHC i-VTEC i-DCDを搭載し、価格はFF車が257万円、4WD278万円からとなっています。
※プレミアムイエロー・パールII、ミッドナイトブルービーム・メタリック、ホワイトオーキッド・パールは37,800円(消費税8%抜き35,000円)高

リコールが多かったヴェゼル。リコールは確かにユーザーにとって不安要素でもありますが、そのリコールも最近では落ち着き、ユーザーフレンドリーな方向へ着実に近づいています。

何を聞いても魅力が勝つような素晴らしいモデルといえるホンダヴェゼル。もし、ヴェゼルを選択するのであれば、最新モデルを選択するのがおすすめです。

ヴェゼルおすすめの関連記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す